大崎連 – 明治から大正時代の開拓者

大崎連 – 明治から大正時代の開拓者

長崎県島原半島山田村の出身

長崎県島原半島山田村の出身

-長崎県島原半島山田村の出身-

大崎連は、長崎県島原半島山田村(現在の雲仙市)に生まれた。父は大崎平太郎、母はトミであり、兄弟に姉の大崎タケ、弟の大崎作次郎、妹の大崎ハルがいる。

大崎連は、幼い頃から農業を手伝いながら、島原半島の豊かな自然の中で育った。18歳の時に家を出た彼は、九州各地を巡りながら、開墾や土木工事などの仕事に就いた。

1884年(明治17年)、大崎連は北海道に渡った。北海道では、開拓使の事業に従事し、屯田兵として開拓に従事した。

屯田兵を退役した後、大崎連は、北海道の開拓に私財を投じた。彼は、上川郡に広大な土地を開墾し、農場を経営した。また、彼は、北海道の開拓を支援するために、北海道拓殖銀行を設立した。

大崎連の開拓事業は、北海道の開拓に大きな貢献をした。彼は、北海道の開拓の父と呼ばれ、北海道民から尊敬されている。

1906年(明治39年)、大崎連は、北海道の功績により、男爵を授けられた。1915年(大正4年)、大崎連は、65歳で亡くなった。

明治27年から30年余りの期間で遠浅の干潟を干拓

明治27年から30年余りの期間で遠浅の干潟を干拓

-明治27年から30年余りの期間で遠浅の干潟を干拓-

大崎連は、明治から大正時代の開拓者であり、遠浅の干潟であった土地を干拓し、農地として利用できるようにしました。

大崎連は、1860年(万延元年)に現在の山形県鶴岡市に生まれました。家は裕福でしたが、幼い頃から苦労を経験しました。18歳の時に上京し、土木工事の会社に就職しました。その後、独立して土木工事の請負業を始めました。

明治27年(1894年)、大崎連は現在の山形県酒田市に工場を建設しました。この工場は、水力発電所や鋳造所を備えた近代的な工場でした。大崎連は工場の建設と同時に、工場周辺の干潟の干拓事業を始めました。

干拓事業は、遠浅の干潟に堤防を築き、海水を排除して農地を造成する事業です。干拓事業は、非常に大規模な事業であり、資金と労力を必要とします。大崎連は、資金を集めるために銀行や政府から融資を受け、また、地元の農民に協力を求めました。

干拓事業は、明治27年から30年余りの期間をかけて行われました。この間、大崎連は多くの困難に直面しました。干ばつや洪水、資金不足など様々な問題がありました。しかし、大崎連は諦めずに干拓事業を進め、ついに遠浅の干潟を農地として利用できるようにしました。

大崎連の干拓事業は、日本の農業の発展に貢献しました。また、大崎連の干拓事業は、地元の雇用を創出し、地域経済の発展にも貢献しました。大崎連は、明治から大正時代の開拓者として、今もなお人々に尊敬されています。

260ヘクタールの新田を開拓

260ヘクタールの新田を開拓

-260ヘクタールの新田を開拓-

明治20年代、大崎連は、まだほとんどが未開の地でした。そこで、彼は260ヘクタールの新田を開拓することにしました。

開拓は、困難を極めました。まず、森林を伐採し、土地を平らにしなければなりませんでした。また、水路を整備し、灌漑設備を整えなければなりませんでした。さらに、家畜を飼育し、作物を栽培しなければなりませんでした。

しかし、大崎連は、苦労を惜しまず、開拓を進めました。そして、ついに、明治33年、260ヘクタールの新田を開拓することに成功しました。

新田は、大変肥沃な土地でした。そこで、大崎連は、水稲や小麦、大豆などを栽培しました。また、家畜を飼育し、牛乳や卵などを生産しました。

新田の開拓により、大崎連は、一大財産を築きました。そして、彼は、地元の有力者となりました。

大崎連の開拓は、北海道の農業発展に大きく貢献しました。また、彼の功績は、現在も語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました