「飛鳥井雅縁」

「飛鳥井雅縁」

南北朝-室町時代の公卿(くぎょう),歌人

南北朝-室町時代の公卿(くぎょう),歌人

-「飛鳥井雅縁」-

-南北朝-室町時代の公卿(くぎょう),歌人-

飛鳥井雅縁(あすかいまさより)は、南北朝-室町時代の公卿(くぎょう)、歌人である。飛鳥井家の祖である飛鳥井雅康の曾孫であり、父は飛鳥井雅世である。

雅縁は、建武4年(1337年)に生まれ、幼少期より和歌に親しむ。16歳の時に後醍醐天皇に和歌を献上し、その才能を認められる。建武4年(1337年)に元服し、飛鳥井雅縁と名乗る。

その後、雅縁は公卿として出仕し、累進して権大納言まで昇進する。また、歌人としても活躍し、正平6年(1351年)に勅撰和歌集『新後拾遺和歌集』の撰者の一人に選ばれる。

雅縁は、応安3年(1370年)に54歳で薨去する。その死後、彼の和歌は『飛鳥井雅縁集』としてまとめられ、後世に伝えられている。

雅縁の和歌は、清雅で気品のある作風が特徴である。また、四季の移ろいや自然の美しさなどを題材とした和歌が多く、その繊細な表現力は高く評価されている。

雅縁は、南北朝-室町時代の公卿、歌人として活躍し、日本文学の発展に大きく貢献した人物である。

飛鳥井家の地位をたかめた

飛鳥井家の地位をたかめた

飛鳥井家の地位を高めた

雅縁は、歌人、公卿、神職として活動し、飛鳥井家の地位を高めた。

歌人として、雅縁は「後拾遺和歌集」や「詞花和歌集」に多くの作品を残した。また、和歌の批評書である「新古今和歌集序」を執筆し、和歌の理論に大きな影響を与えた。

公卿としては、雅縁は内大臣や右大臣を歴任した。また、神職としては、伊勢神宮の神宮を司る官職である神宮権禰宜を務めた。

雅縁の活躍によって、飛鳥井家は、歌道における家柄として、また神職としての家柄として、その地位を高めた。雅縁の死後も、飛鳥井家は、歌人や公卿、神職を輩出し、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、朝廷や社会に大きな影響を与えた。

書道宋雅流の祖

書道宋雅流の祖

-「飛鳥井雅縁」-

-書道宋雅流の祖-

飛鳥井雅縁(あすかい まさより、1370年 – 1438年)は、室町時代の公卿・書家。法名は周空。飛鳥井雅冬の次男。官位は正二位権中納言。

雅縁は、幼少の頃から書に親しみ、12歳の時に父・雅冬の師である冷泉為秀に入門した。その後、花山院道言、三条西実隆らに師事し、書道を究めた。

雅縁の書は、温雅で流麗な書風で、特に楷書と行書に優れていた。また、仮名書道にも優れ、仮名草子や和歌の揮毫を多く残している。

雅縁は、1438年に49歳で死去したが、その書は後世に大きな影響を与えた。雅縁の書風は、宋雅流と呼ばれ、室町時代から江戸時代にかけて、多くの書家が雅縁の書を範とした。

雅縁は、書道宋雅流の祖として、日本の書道史に大きな功績を残した人物である。

-雅縁の書の特徴-

雅縁の書は、温雅で流麗な書風である。楷書と行書に優れ、仮名書道にも優れていた。

雅縁の楷書は、端正で穏やかな書風である。点画は細く、丁寧に描かれており、全体的に整然とした印象を与える。また、雅縁の行書は、楷書よりも崩した書風であるが、それでもなお、端正な印象を与える。

雅縁の仮名書道は、優雅で流麗な書風である。仮名の字形は、優美であり、点画も細く、丁寧に描かれている。また、雅縁の仮名書道は、線の美しさにも特徴がある。

-雅縁の書の評価-

雅縁の書は、後世に大きな影響を与えた。雅縁の書風は、宋雅流と呼ばれ、室町時代から江戸時代にかけて、多くの書家が雅縁の書を範とした。

雅縁の書は、温雅で流麗な書風であり、楷書、行書、仮名書道に優れていた。雅縁の書は、日本の書道史に大きな功績を残した人物である。

タイトルとURLをコピーしました