大崎義隆 – 奥州探題大崎氏の最後を飾った武将

大崎義隆 – 奥州探題大崎氏の最後を飾った武将

天文17年、大崎義直の子として誕生

天文17年、大崎義直の子として誕生

天文17年(1548年)、大崎義直の子として誕生しました。幼名は「菊千代」でした。大崎氏は、奥州探題として東北地方を統治していた名門であり、義隆もまた早くから期待をかけられていた若武者でした。

義隆が生まれた頃は、大崎氏は伊達氏との抗争を繰り返していました。伊達氏は、北部東北地方を支配する強力な勢力であり、大崎氏にとっては脅威となっていました。また、大崎氏内部でも、家督争いが起こっていました。義隆の父・義直は、家臣の謀反により暗殺され、義隆が家督を継ぐことになりました。

義隆が家督を継いだ当初は、伊達氏との抗争が続いていましたが、義隆は伊達氏を破り、東北地方の覇権を確立しました。義隆は、また、大崎氏内部の家督争いを収拾し、大崎氏の安定を図りました。

義隆の治世は、大崎氏にとって最盛期でした。義隆は、領内の開発と産業振興に力を入れ、大崎氏を繁栄させました。また、義隆は、文武両道の武将であり、多くの文人墨客を招いて、文化の振興にも努めました。

しかし、義隆の治世は長く続かず、永禄12年(1569年)に、家臣の謀反により暗殺されました。義隆の死により、大崎氏は衰退し、奥州探題の地位も失いました。

義隆は、戦国時代の東北地方を代表する武将の一人であり、彼の死は大崎氏にとって大きな痛手となりました。義隆の死後、大崎氏は伊達氏の支配下に置かれ、奥州探題の地位も伊達氏に移りました。

天正18年、小田原攻めに参加せず領地没収

天正18年、小田原攻めに参加せず領地没収

-天正18年、小田原攻めに参加せず領地没収-

天正18年(1590年)、豊臣秀吉は、北条氏を滅ぼすべく小田原城を総攻撃しました。この小田原攻めに、大崎義隆は参加しませんでした。

義隆が小田原攻めに参加しなかった理由は、はっきりとわかっていません。一説には、義隆は北条氏と同盟関係にあり、北条氏を裏切れなかったのではないかとされています。また、義隆は豊臣秀吉の圧倒的な軍事力を見て、小田原攻めに参加しても勝算はないと判断したのかもしれません。

いずれにせよ、義隆が小田原攻めに参加しなかったことは、豊臣秀吉の怒りを買いました。秀吉は、義隆の所領を没収し、義隆を改易しました。

義隆は、改易後、越後国に逃れました。そして、義隆は、慶長2年(1597年)、越後国で病死しました。義隆の死をもって、奥州探題大崎氏は滅亡しました。

義隆は、戦国時代を生き抜いた武将でした。義隆は、北条氏と同盟関係を結ぶことで、奥州探題大崎氏の存続を図りました。しかし、義隆は、豐臣秀吉の圧倒的な軍事力に屈し、改易されてしまいました。義隆は、戦国時代の激動の時代を象徴する武将の一人でした。

慶長8年、56歳で死去

慶長8年、56歳で死去

慶長8年(1603年)、56歳で死去

大崎義隆は、慶長8年(1603年)、56歳で死去しました。死因は、病死とされています。義隆の死後、大崎氏は当主を欠き、事実上滅亡しました。

義隆の死は、大崎氏にとって大きな転換点となりました。大崎氏は、鎌倉時代から室町時代にかけて、奥州探題として、東北地方を支配していました。しかし、戦国時代になると、伊達氏や最上氏などの新しい勢力が台頭し、大崎氏は次第に勢力を弱めていきました。

豊臣秀吉の天下統一後は、大崎氏は秀吉の傘下に入りました。しかし、秀吉の死後、徳川家康が天下を取るようになると、大崎氏は家康に反発するようになりました。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、大崎氏は家康に反旗を翻しました。しかし、家康の軍勢に敗れ、義隆は仙台城に逃げ込みました。

慶長6年(1601年)、家康は仙台城を攻め落としました。義隆は降伏し、大崎氏は改易されました。

義隆は、改易後は、京都で隠居生活を送りました。そして、慶長8年(1603年)、56歳で死去しました。

義隆の死は、大崎氏の歴史に終止符を打つことになりました。大崎氏は、約400年の歴史に幕を閉じ、東北地方の覇権は伊達氏や最上氏に移ることになりました。

タイトルとURLをコピーしました