随翁舜悦

随翁舜悦

曹洞宗の僧・随翁舜悦の生涯

曹洞宗の僧・随翁舜悦の生涯

-曹洞宗の僧・随翁舜悦の生涯-

随翁舜悦(ずいおうしゅんえつ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての曹洞宗の僧。号は随翁。越前国大野郡(現在の福井県大野市)に生まれ、幼名は彦三郎。10歳の頃に父を亡くし、15歳の時に出家して曹洞宗の僧となる。

初めは、越前国永平寺の雲堂に住し、その後、京都の建仁寺に移り、雪舟に師事する。雪舟のもとで、水墨画を学び、やがては雪舟を凌ぐほどの画僧として知られるようになる。

文明15年(1483年)には、京都の相国寺の住職に任命され、その後、京都の南禅寺、妙心寺の住職を歴任する。また、この頃には、足利義尚、足利義政、足利義稙ら室町幕府の将軍たちとも親しく交わるようになる。

応仁の乱の際には、戦火で焼失した京都の寺院の再建に尽力し、文明12年(1480年)には、南禅寺の再建を完成させる。また、永平寺、建仁寺、妙心寺などの寺院にも、多くの寄進を行う。

明応8年(1499年)には、越前国の永平寺に住し、永平寺の住職に就任する。永平寺に住した後は、曹洞宗の教学と禅の修行に専念し、多くの弟子を育て上げる。

永正6年(1509年)、永平寺で死去する。享年78。

随翁舜悦は、曹洞宗の僧として、禅の修行と教学に励み、多くの弟子を育て上げた。また、室町幕府の将軍たちとも親しく交わり、京都の寺院の再建にも尽力するなど、室町時代後期から戦国時代にかけて、日本の仏教界に大きな足跡を残した。

北条氏照や氏康との親交

北条氏照や氏康との親交

-# 北条氏照や氏康との親交

随翁舜悦は、北条氏照や氏康と親交がありました。氏照は、舜悦の弟子となり、舜悦から禅の教えを受けました。氏康も、舜悦を尊敬しており、舜悦の説法を聞くために、たびたび寺を訪れました。舜悦は、北条氏と深く関わり、北条氏のために多くの働きをしました。

例えば、舜悦は、北条氏の家督争いに介入し、氏照の勝利に貢献しました。また、舜悦は、北条氏の外交交渉にも関わり、北条氏と他の大名との間に和平をもたらしました。舜悦は、北条氏のために多くの働きをし、北条氏から厚く信頼されていました。

舜悦は、北条氏だけでなく、他の大名とも親交がありました。例えば、舜悦は、武田信玄や上杉謙信とも親交があり、彼らのために多くの働きをしました。舜悦は、大名たちから厚く信頼されており、大名たちの間で大きな影響力を持っていました。

舜悦は、禅僧としてだけでなく、外交官や政治家としても活躍しました。舜悦は、大名たちとの親交を生かして、彼らの間の和平をもたらしたり、大名たちの家督争いに介入したりしました。舜悦は、大名たちの間で大きな影響力を持っており、戦国時代の政治に大きな影響を与えました。

120歳まで生きた伝説の僧侶

120歳まで生きた伝説の僧侶

-120歳まで生きた伝説の僧侶-

随翁舜悦は、1643年に江戸で生まれた僧侶です。
1643年1月に生まれると、やがて随翁は若くして出家し、僧侶としての人生を歩み始めました。

随翁は、学問に優れ、1701年には京都の大徳寺で住職となりました。
また、1708年には、京都の南禅寺で住職を務めました。
随翁は、京都の五山の輪番をつとめるなど、浄土宗の僧侶として大きな功績を残しました。

随翁は、120歳まで生きたと伝えられており、当時の日本では非常に長生きをした人として知られています。
随翁の生涯は、多くの逸話に彩られており、その生き方は人々に大きな影響を与えました。

随翁の逸話の一つに、随翁が100歳のときに、ある人が随翁に「なぜあなたはそんなに長生きできるのか」と尋ねたところ、随翁は「私は毎日、朝夕に『般若心経』を唱えているからだよ」と答えたという話があります。

また、随翁は、非常に勤勉な人でもあり、100歳を超えても、毎日早朝から晩まで、勉強や執筆活動に励んでいました。

随翁は、長寿と勤勉の象徴として人々に慕われ、その生き方は、現在でも多くの人々に影響を与え続けています。

随翁は、1763年に120歳で亡くなりました。
その遺体は、京都の南禅寺に葬られ、現在もその墓所が残っています。

タイトルとURLをコピーしました