飛鳥皇女 – 皇室の女性

飛鳥皇女 – 皇室の女性

飛鳥皇女の生涯

飛鳥皇女の生涯

-飛鳥皇女の生涯-

飛鳥皇女は、第37代孝徳天皇と皇后の伊賀采女(いがのうねめ)の間に生まれた皇女である。生年は、白雉5年(654年)とされている。幼少期については、あまり伝えられていないが、学問に優れ、聡明な人物であったとされる。

白雉7年(656年)、父である孝徳天皇が崩御し、叔父である天智天皇が即位する。飛鳥皇女は天智天皇の養女となり、宮中で育てられる。

天智天皇10年(671年)、飛鳥皇女は、皇太子である大友皇子と婚約する。しかし、天智天皇11年(672年)に、大友皇子は蘇我赤兄に謀殺され、飛鳥皇女は未亡人となる。

天武天皇3年(674年)、飛鳥皇女は藤原不比等と再婚する。藤原不比等は、天智天皇の重臣であり、後の藤原氏の祖である。飛鳥皇女と藤原不比等との間には、四人の子が生まれた。

持統天皇8年(694年)、藤原不比等が薨去する。飛鳥皇女は、悲しみのあまり出家し、法名を宝亀と号した。

文武天皇2年(698年)、飛鳥皇女は崩御する。享年45。陵墓は、奈良県奈良市の薬師寺にある。

飛鳥皇女は、皇室の女性として、数奇な運命をたどった人物である。しかし、学問に優れ、聡明な人物であったとされ、その生涯は、後の世の人々に語り継がれている。

天智天皇と橘娘

天智天皇と橘娘

-天智天皇と橘娘-

天智天皇は、日本第38代天皇である。舒明天皇の皇子で、母は蘇我倉山田石川麻呂の娘である宝皇女。

橘娘は、天智天皇の側室であり、草壁皇子・大友皇子・大津皇子の母である。

天智天皇と橘娘の出会いは、天智天皇がまだ皇子であった頃のことである。天智天皇は、橘娘の美しさに惹かれ、彼女を側に置いた。

橘娘は、天智天皇の寵愛を受け、草壁皇子・大友皇子・大津皇子の3人の男子をもうけた。このうち、草壁皇子は皇太子となり、天智天皇の死後、第39代天皇に即位した。

しかし、草壁皇子は在位わずか4年で亡くなってしまい、その後、大友皇子と大津皇子の間で皇位争いが起こった。この争いは、壬申の乱と呼ばれ、最終的には大友皇子が勝利した。

大友皇子は、第40代天皇に即位し、天武天皇となった。天武天皇は、橘娘を皇太后として尊び、厚遇した。

橘娘は、天武天皇の死後も、皇室の中で大きな影響力を持っていた。彼女は、持統天皇の摂政となり、国家の運営に当たった。

橘娘は、天武天皇の崩御から12年後の686年に亡くなった。享年70。彼女は、天智天皇の陵墓である亀塚古墳に葬られた。

万葉集に詠まれた飛鳥皇女

万葉集に詠まれた飛鳥皇女

-万葉集に詠まれた飛鳥皇女-

飛鳥皇女は、天智天皇と蘇我氏の間の娘であり、天武天皇の異母姉妹でもあります。彼女は、皇室の女性として、非常に高い地位にあったと考えられています。また、彼女は、非常に才色兼備な女性であったと言われており、万葉集にも、彼女に関する歌が数多く残されています。

万葉集の中で、飛鳥皇女に関する歌は、主に、彼女が天武天皇の后であった時代のものであると考えられています。これらの歌の中で、最も有名なものは、天武天皇が、飛鳥皇女を褒め称えた歌です。この歌の中で、天武天皇は、飛鳥皇女の美しさや、彼女の徳を称賛しており、彼女への深い愛情を表現しています。

また、万葉集の中には、飛鳥皇女と他の男性との恋愛関係を示唆する歌も残されています。これらの歌は、飛鳥皇女が天武天皇の后であった時代のものではないと考えられており、彼女が天武天皇の死後に、他の男性との間に恋愛関係を持った可能性を示唆しています。

万葉集に詠まれた飛鳥皇女の歌は、彼女の生涯や、彼女の性格を垣間見ることができる貴重な資料です。これらの歌は、飛鳥皇女が、非常に魅力的な女性であったことを示しており、彼女が、多くの人々に愛されていたことを物語っています。

タイトルとURLをコピーしました