「足助重氏」鎌倉時代の武将

「足助重氏」鎌倉時代の武将

足助荘の領主

足助荘の領主

足助荘の領主

足助重氏は、足助荘の領主として、荘園の統治や開発に努めた武将です。足助荘は、現在の愛知県豊田市足助町付近に位置する荘園で、平安時代から室町時代にかけて存在していました。足助重氏は、足助荘の開発に力を入れ、田畑の開墾や水利の整備などを行い、荘園の生産性を高めました。また、足助重氏は、足助荘の領民を保護し、荘園内の治安を維持する役割も担っていました。

足助重氏は、足助荘の領主として、荘園の運営に手腕を発揮し、足助荘の発展に貢献した武将でした。足助重氏の功績は、足助荘の領民から高く評価され、足助重氏の死後は、足助荘の領民たちは、足助重氏の徳を偲んで、足助重氏の墓を建立しました。

足助重氏の墓は、現在の愛知県豊田市足助町にある足助八幡宮境内にあります。足助重氏の墓は、五輪塔型の墓石で、墓石には、足助重氏の名前と没年月日が刻まれています。足助重氏の墓は、足助荘の発展に貢献した武将の功績を伝える貴重な史跡です。

足助重氏は、鎌倉時代の武将として、足助荘の領主として、荘園の統治や開発に努めた武将です。足助重氏の功績は、足助荘の領民から高く評価され、足助重氏の死後は、足助荘の領民たちは、足助重氏の徳を偲んで、足助重氏の墓を建立しました。

新田義貞の鎌倉攻めに参陣

新田義貞の鎌倉攻めに参陣

-「足助重氏」鎌倉時代の武将-

-新田義貞の鎌倉攻めに参陣-

足助重氏は、鎌倉時代の武将で、三河国足助荘の領主です。新田義貞の鎌倉攻めに参陣し、武功を挙げました。

足助重氏は、足助氏の祖先である足助重長の次男として、三河国足助荘に生まれました。重氏は幼い頃から武芸に秀でており、13歳の時に父重長が亡くなった後、足助荘の領主となりました。

重氏は、鎌倉幕府の御家人として仕えていましたが、鎌倉幕府の支配に不満を抱くようになりました。1331年に新田義貞が鎌倉攻めを起こすと、重氏はこれに参陣しました。重氏は、鎌倉攻めの最前線で戦い、武功を挙げました。

鎌倉幕府が滅亡した後、重氏は新田義貞の配下として活躍しました。新田義貞が足利尊氏に滅ぼされた後も、重氏は新田義貞の遺児である楠木正行を支援しました。楠木正行が自害した後、重氏は足利尊氏に降伏しました。

足利尊氏に降伏した後、重氏は足利幕府の御家人として仕えました。重氏は、足利尊氏の信任を得て、三河国の守護を務めました。重氏は、三河国の守護として、足利幕府の支配を安定させました。

重氏は、1371年に亡くなりました。重氏の死後、足助氏は衰退していきました。

正慶2年5月22日に戦死

正慶2年5月22日に戦死

正慶2年5月22日に戦死

足助重氏は、鎌倉時代の武将である。鎌倉幕府の御家人として活躍し、正慶の変において戦死した。

足助重氏は、足助氏の一族である。足助氏は、三河国足助荘を本拠とする豪族であり、代々鎌倉幕府に仕えていた。足助重氏は、足助氏の当主であった足助重長の嫡男として生まれた。

足助重氏は、文永年間(1264年~1274年)に鎌倉幕府に出仕した。当初は、鎌倉幕府の評定衆を務めていたが、やがて引付衆に任命された。引付衆は、鎌倉幕府の司法機関である引付方のメンバーであり、訴訟の裁判などを行っていた。

正慶2年(1333年)、鎌倉幕府で正慶の変が起こった。正慶の変は、鎌倉幕府の執権であった北条高時の側近である長崎高資が、北条高時を廃して鎌倉幕府の権力を掌握しようとした事件である。足助重氏は、北条高時の側近として正慶の変に参戦した。

正慶2年5月22日、正慶の変の最終決戦である中先代の乱が武蔵国府中(現在の東京都府中市)で行われた。足助重氏は、中先代の乱で戦死した。足助重氏の戦死は、鎌倉幕府にとって大きな痛手となった。

タイトルとURLをコピーしました