東常和 – 室町から戦国時代の武将であり歌人

東常和 – 室町から戦国時代の武将であり歌人

室町時代から戦国時代にかけて活躍した武将・歌人

室町時代から戦国時代にかけて活躍した武将・歌人

室町時代から戦国時代にかけて活躍した武将・歌人

室町時代から戦国時代にかけて活躍した武将・歌人、東常和。彼は、細川家の重臣であり、数々の戦で活躍しました。また、彼は歌人としても知られ、彼の歌は、『新古今和歌集』にも収められています。

東常和は、1434年に、京都で生まれました。父は、細川政元、母は、足利義持の娘、日野重子です。彼は、幼い頃から、和歌を学び、17歳の時に、『新古今和歌集』に歌が収められました。

20歳になると、細川勝元の家臣となり、数々の戦で活躍しました。彼は、応仁の乱では、細川政元の軍勢を率いて、山名宗全の軍勢と戦いました。また、明応の政変では、細川政元に協力して、畠山政長を討伐しました。

東常和は、歌人としても知られており、彼の歌は、『新古今和歌集』、『続古今和歌集』、『新勅撰和歌集』などの勅撰和歌集に収められています。また、彼は、自らの歌を集めた歌集『東常和家集』も残しています。

東常和は、1506年に、73歳で亡くなりました。彼は、細川家の重臣として、数々の戦で活躍し、また、歌人としても活躍した人物でした。

和歌集「東家代々集」の編纂者

和歌集「東家代々集」の編纂者

東家代々集の編纂者

東常和は、和歌集「東家代々集」の編纂者として知られています。この和歌集は、東常和の父である東常政の代から、東常和の代までの東家の和歌を集めたものです。和歌集には、東常和の和歌も含まれています。

「東家代々集」は、東家の歴史を知る上で貴重な資料です。東家の和歌の変遷や、東家の和歌に対する考え方を知ることができます。また、東常和の和歌の特色を知ることもできます。

東常和の和歌は、優雅で美しいものが多いです。自然の美しさを詠んだものや、人生の無常を詠んだものなど、さまざまな題材を詠んでいます。東常和の和歌は、多くの人々に愛され、現在でも親しまれています。

東常和は、和歌集「東家代々集」の編纂者として、東家の歴史や和歌に対する考え方を後世に伝えることに貢献しました。また、東常和自身の和歌も、多くの人々に愛され、現在でも親しまれています。

89歳で死去。法名は素安

89歳で死去。法名は素安

-89歳で死去。法名は素安-

室町時代から戦国時代にかけて活躍した武将であり歌人である東常和は、戦国時代に89歳で死去しました。法名は素安です。東常和は、東氏の一族である東常治の長男として生まれました。常和の生まれ年は不明ですが、1466年に父・常治が死去した後は、家督を継いで東氏の当主となりました。

常和は、室町幕府管領である細川勝元の家臣として活躍し、永正14年の明応政変では、勝元と共に将軍・足利義材を討伐しました。その後、常和は近江国守護に任じられ、戦国大名として勢力を拡大しました。

常和は、歌人としても知られており、勅撰和歌集『新続古今和歌集』に13首が入集しています。常和は、89歳で死去するまで、歌人として活躍しました。

常和の墓所は、滋賀県長浜市の常安寺にあります。常安寺は、常和が創建した寺であり、本堂には常和の位牌が祀られています。また、常安寺には、常和の遺墨である「東常和画像」が所蔵されています。

東常和は、戦国時代の武将であり歌人として活躍した人物です。89歳で死去するまで、戦国大名として勢力を拡大し、歌人としても活躍しました。常和の墓所は、滋賀県長浜市の常安寺にあります。

タイトルとURLをコピーしました