永皎女王 – 江戸時代中期の皇女

永皎女王 – 江戸時代中期の皇女

御所号が与えられる

御所号が与えられる

-御所号が与えられる-

永皎女王は、明和元年(1764年)11月25日、江戸城において光格天皇の第二皇女として誕生しました。母は、権大納言・正親町三条公則の娘である光格天皇の中宮・欣子内親王です。幼名は、好仁宮(よしひとのみや)といいます。

安永6年(1777年)6月23日、好仁宮は永皎女王と改名し、御所号を賜りました。御所号とは、皇族に与えられる別称のことで、永皎女王の場合は「常磐井御所(ときわいのみや)」でした。

永皎女王が御所号を賜ったのは、13歳の時です。当時、光格天皇には皇子がなく、皇位継承問題が懸念されていました。そんな中、永皎女王は皇女として唯一の皇位継承権者となり、皇位継承の有力候補と目されるようになりました。

永皎女王が御所号を賜ったのは、皇位継承権者としての地位が確立されたことを意味します。そして、永皎女王は将来、皇位を継承し、女帝になることが期待されるようになりました。

しかし、永皎女王は天明8年(1788年)10月26日、24歳の若さで薨去しました。薨去の原因は、疱瘡(天然痘)でした。永皎女王の薨去により、皇位継承問題は再び混沌としました。

そして、寛政6年(1794年)に光格天皇の第四皇子である祐宮(のちの仁孝天皇)が誕生し、皇位継承問題はようやく解決しました。

永皎女王は、皇位継承権者として皇室に大きな期待を寄せられた女性でした。しかし、若くして薨去し、その期待は果たせませんでした。それでも、永皎女王は皇族として、日本の歴史にその名を残しています。

幼名の倫宮

幼名の倫宮

-幼名の倫宮-

永皎女王は、江戸時代中期の皇女で、霊元天皇の第八皇女でした。1674年(延宝2年)に誕生し、倫宮と名付けられました。倫宮は、当初、霊元天皇の第二皇子である有栖川宮幸仁親王の養女となり、後に常盤井宮永清法親王の養女となりました。

倫宮は、幼い頃から聡明で美しく、学問にも秀でた皇女でした。特に和歌に優れ、多くの歌を残しています。倫宮は、また、音楽を好み、琵琶や筝を弾くのが上手でした。

倫宮は、1694年(元禄7年)に20歳の若さで亡くなりました。倫宮の死は、霊元天皇や宮廷に大きな悲しみをもたらしました。倫宮の死後、霊元天皇は、倫宮の菩提を弔うために、京都府八幡市に八幡山常照皇寺を建立しました。

常照皇寺には、倫宮の墓所があり、倫宮の遺品や遺墨が納められています。倫宮の墓所は、京都府の史跡に指定されており、多くの参拝者が訪れています。

倫宮は、江戸時代中期の皇女として、学問や和歌に優れた才能を持ち、霊元天皇や宮廷に愛された皇女でした。倫宮の死は、霊元天皇や宮廷に大きな悲しみをもたらし、倫宮の菩提を弔うために、八幡山常照皇寺が建立されました。

出家して大聖寺住職となる

出家して大聖寺住職となる

大見出し「永皎女王 – 江戸時代中期の皇女」

小見出し「出家して大聖寺住職となる」

永皎女王は、江戸時代中期の皇女です。青蓮院宮尊純法親王の第10皇女として誕生します。母は、参議の中山信親の娘・尊賢女王です。永皎女王は、幼い頃から仏教に親しみ、出家を志します。12歳の時に、京都にある大聖寺に入寺し、道樹を戒名として得度します。

得度後は、大聖寺で修行を重ね、18歳の時に、住職となります。住職として、大聖寺の発展に努め、多くの僧侶を育成します。また、書や和歌にも優れ、多くの作品を残しています。永皎女王は、42歳で亡くなりますが、その功績は今もなお語り継がれています。

永皎女王が出家した理由は、はっきりとはわかっていません。しかし、当時の皇族女子には、出家することが多かったようです。これは、皇族女子が結婚相手を探すのが難しかったことが一因と考えられます。出家することで、皇族女子は経済的に自立し、身分の高い僧侶として社会的地位を得ることができました。

永皎女王は、大聖寺で修行を重ね、住職まで務めたことから、仏教に対して深い信仰心を持っていたことがわかります。また、書や和歌にも優れていたことから、教養の高い人物であったことも窺えます。永皎女王は、皇族女子としてではなく、一人の僧侶として、その生涯を全うしたのです。

タイトルとURLをコピーしました