薩摩藩家老・大沢基寿ー大政奉還の使者となった男

薩摩藩家老・大沢基寿ー大政奉還の使者となった男

大沢基寿の生涯

大沢基寿の生涯

-大沢基寿の生涯-

大沢基寿は、薩摩藩家老であり、大政奉還の使者として重要な役割を果たしました。1824年に鹿児島で生まれ、1841年に薩摩藩主・島津斉彬の側近となりました。斉彬は、維新の三大志士の一人である西郷隆盛を登用し、薩摩藩を近代化しました。基寿は、斉彬の改革を支え、西郷隆盛とも親交を深めました。

1867年、斉彬が亡くなり、島津忠義が藩主となりました。忠義は、幕府に恭順する姿勢を示しましたが、基寿は、幕府打倒を目指していました。基寿は、西郷隆盛や大久保利通らと協力し、薩摩藩を幕府打倒の中心勢力にしました。

1868年、薩摩藩は、戊辰戦争を起こしました。戊辰戦争は、薩摩藩と幕府の間の戦争であり、薩摩藩が勝利しました。戊辰戦争の勝利により、幕府が倒され、明治政府が樹立されました。

基寿は、明治政府の要職を歴任し、1873年に死去しました。基寿は、薩摩藩の近代化に貢献し、大政奉還の使者として重要な役割を果たしました。また、明治政府の樹立にも貢献しました。

基寿は、日本の近代化に貢献した偉大な人物でした。

皇女和宮降嫁の付添役

皇女和宮降嫁の付添役

皇女和宮降嫁の付添役

薩摩藩家老・大沢基寿は、皇女和宮降嫁の付添役を務めました。和宮は、孝明天皇の第八皇女であり、公武合体政策の一環として、将軍徳川家茂に降嫁することになりました。

大沢は、和宮の降嫁の際に、京都から江戸まで随行し、和宮の身の回りの世話や、諸大名との交渉を担当しました。和宮は、降嫁の際に、輿入れ行列を嫌がり、駕籠で京都から江戸まで向かいました。大沢は、和宮の意向を尊重し、駕籠での移動を許可しました。

和宮は、江戸に到着した後、江戸城に滞在しました。大沢は、和宮の江戸城での生活をサポートし、和宮と将軍との関係を円滑にするよう努めました。和宮は、江戸城での生活に慣れるのに苦労しましたが、大沢の助けを借りて、徐々に江戸城での生活に馴染んでいきました。

和宮は、将軍徳川家茂との間に子供を授かることはありませんでした。しかし、和宮は、将軍家の一員として、公武合体政策に貢献しました。大沢は、和宮の降嫁から江戸城での生活まで、和宮を支え続けました。大沢の功績は、和宮の降嫁と公武合体政策の成功に大きく貢献しました。

大政奉還上奏文の使者役

大政奉還上奏文の使者役

-大政奉還上奏文の使者役-

大沢基寿は薩摩藩の重臣であり、大政奉還の上奏文を朝廷に届ける使者役を任命されました。当時、幕府は大きな危機に陥っており、各大名家の間では幕府に対する不満が高まっていました。薩摩藩もその1つで、大久保利通や西郷隆盛などの若手藩士たちは幕府の倒壊を望んでいました。

大沢基寿は、大久保利通の父親である大久保利世の従兄弟にあたります。彼は、薩摩藩の参政を務めた経験があり、幕府や朝廷との交渉にも精通していました。また、彼は、徳川慶喜とも親しく面識があり、幕府との窓口となる役割を果たすことが期待されていました。

大沢基寿は、1867年10月に京都に到着し、朝廷に大政奉還の上奏文を提出しました。上奏文には、幕府が朝廷に政権を返上し、天皇を中心とする新しい政府を樹立することが提案されていました。この上奏文は、朝廷に大きな衝撃を与え、幕府の倒壊を決定づけるきっかけとなりました。

大沢基寿は、その後も薩摩藩の重臣として活躍し、明治維新の成就に貢献しました。彼は、1871年に薩摩藩の参議に就任し、1873年には、工部卿になりました。1878年には、正院議長に就任し、政府の最高責任者となりました。

大沢基寿は、1892年に亡くなりました。彼は、薩摩藩の重臣として、幕末から明治維新にかけての激動の時代を生き抜きました。大沢基寿は大政奉還上奏文の使者役として、日本の歴史に大きな足跡を残した人物です。

架空・虚偽の領地1万6石を上申し,明治元年堀江藩主

架空・虚偽の領地1万6石を上申し,明治元年堀江藩主

架空・虚偽の領地1万6石を上申し,明治元年堀江藩主

大沢基寿は,薩摩藩家老として戊辰戦争で活躍した人物です。
彼は,明治元年(1868年)に堀江藩主となり,明治2年(1869年)に廃藩置県まで藩主を務めました。
しかし,基寿が堀江藩主になったのは,架空・虚偽の領地1万6石を上申し,政府からそれを認められたためでした。

基寿は,明治元年(1868年)4月に,薩摩藩主・島津斉彬の命令により,大政奉還の使者として江戸に向かいました。
彼は,江戸城で徳川慶喜に大政奉還を迫り,慶喜は渋々ながら同意しました。
大政奉還が成功したことで,基寿は薩摩藩の中で大きな功績をあげました。

明治元年(1868年)8月,基寿は堀江藩主になりました。
しかし,堀江藩の領地は,実は存在していませんでした。
基寿は,薩摩藩の命令により,架空・虚偽の領地1万6石を上申し,政府からそれを認められたのです。
基寿は,堀江藩主として,藩政を執ることはなく,明治2年(1869年)に廃藩置県まで,名目上の藩主として過ごしました。

明治2年(1869年)8月,廃藩置県が実施され,堀江藩は廃止されました。
基寿は,堀江藩主を辞任し,薩摩藩に戻りました。
彼は,明治4年(1871年)に薩摩藩参議となり,明治6年(1873年)に薩摩藩大参事となりました。
明治10年(1877年),西南戦争が勃発すると,基寿は薩摩軍に加わり,熊本城を攻撃しました。
しかし,薩摩軍は敗北し,基寿は捕らえられました。
彼は,明治11年(1878年)に処刑されました。

不正が露見し,華族から士族におとされ,禁固1年の刑に

不正が露見し,華族から士族におとされ,禁固1年の刑に

-不正が露見し,華族から士族におとされ,禁固1年の刑に-

薩摩藩家老として大政奉還の使者となり,重要な役割を果たした大沢基寿であったが,その後,財務上の不正が露見し,華族から士族におとされ,禁固1年の刑に処せられた。

大沢基寿は,1824年(文政7年),薩摩藩士・大沢基通の二男として生まれた。幼くして藩校・造士館で学び,頭角を現す。1859年(安政6年),島津久光に従って上京し,幕府の公武合体政策に反対する運動に参加した。

1860年(万延元年),大沢基寿は,島津久光の命により,薩摩藩の軍事力を強化するために,イギリスから武器や弾薬を購入した。このとき,大沢基寿は,武器や弾薬の購入代金の一部を着服した。1862年(文久2年),この不正が薩摩藩に露見し,大沢基寿は,藩主・島津斉彬から切腹を命じられた。しかし,島津久光のとりなしで,切腹は免れ,謹慎処分となった。

1863年(文久3年),薩摩藩は,長州藩とともに,幕府に倒幕を迫った。大沢基寿は,薩摩藩の代表として,長州藩の代表・桂小五郎とともに,幕府に大政奉還を要求した。このとき,大沢基寿は,幕府の重臣・小笠原長行と会談し,大政奉還を承諾させた。

1867年(慶応3年),大政奉還が行われ,幕府は政権を朝廷に返上した。大沢基寿は,この功績により,華族に列せられ,賞金1万両を賜った。しかし,1869年(明治2年),大沢基寿の不正が再び露見し,華族から士族におとされ,禁固1年の刑に処せられた。

大沢基寿は,その後,明治政府に出仕し,官僚として活躍した。しかし,1877年(明治10年),西南戦争で薩摩藩が敗北すると,大沢基寿は,政府を辞職し,郷里に隠退した。そして,1881年(明治14年),58歳で死去した。

大沢基寿は,大政奉還の使者として重要な役割を果たした人物である。しかし,財務上の不正により,華族から士族におとされ,禁固1年の刑に処せられた。大沢基寿の生涯は,功績と失態が入り混じった波乱万丈なものであった。

タイトルとURLをコピーしました