貴田惟邦とは – 江戸時代後期の武士について解説

貴田惟邦とは – 江戸時代後期の武士について解説

貴田惟邦の生涯

貴田惟邦の生涯

-貴田惟邦の生涯-

貴田惟邦(1828年 – 1890年)は、江戸時代後期の武士、兵学者、砲術家である。旗本貴田家の分家筋に生まれ、のち旗本に列する。砲術を学び、砲術家として名声を得た。また、兵学にも通じ、兵学書を著した。明治維新後、新政府に出仕し、兵部省に出仕する。その後、軍務局長に任命され、軍制の改革に尽力した。

貴田惟邦は、1828年(文政11年)に、江戸の旗本貴田家の分家筋に生まれた。幼名は虎太郎。1841年(天保12年)に、砲術家の飯島流砲術を学び始めた。1844年(弘化元年)に、旗本に列し、1854年(安政元年)に、砲術指南として幕府に出仕した。

1859年(安政6年)、貴田惟邦は、江戸湾の海防を強化するため、砲術訓練所を設立した。1860年(万延元年)には、外国船の来航に備えて、横浜に砲台を築城した。1862年(文久2年)には、砲術書「砲術新説」を著した。

1868年(慶応4年)、明治維新が起こり、新政府が成立した。貴田惟邦は、新政府に出仕し、兵部省に出仕した。1869年(明治2年)、軍務局長に任命され、軍制の改革に尽力した。1871年(明治4年)、軍務局が廃止されると、陸軍省に出仕し、参謀次長に任命された。

1873年(明治6年)、貴田惟邦は、陸軍中将に昇進した。1877年(明治10年)、西南戦争が起こると、政府軍の主力として参戦した。1878年(明治11年)、陸軍大将に昇進した。1890年(明治23年)、死去した。

貴田惟邦の功績

貴田惟邦の功績

-貴田惟邦の功績-

貴田惟邦は、江戸時代後期の武士で、長州藩の重臣として活躍しました。彼の功績は、主に次のようなものです。

* -尊王攘夷運動の中心人物として活躍-

貴田惟邦は、尊王攘夷運動の中心人物として活躍しました。1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、彼は藩主の毛利敬親に攘夷を建言し、自らも攘夷派の中心人物として活動しました。1863年(文久3年)には、薩摩藩と協力して、京都で尊王攘夷派の政権を樹立し、公武合体を推進しました。

* -長州藩の近代化に貢献-

貴田惟邦は、長州藩の近代化にも貢献しました。彼は、西洋の技術を積極的に導入し、藩内の産業を振興しました。また、藩校である明倫館を改革し、近代的な教育制度を導入しました。さらに、彼は藩内の道路網を整備し、藩の経済力を強化しました。

* -長州藩の倒幕運動を指導-

貴田惟邦は、長州藩の倒幕運動を指導しました。1866年(慶応2年)、彼は藩主の毛利敬親を説得し、長州藩を倒幕派に加盟させました。翌1867年(慶応3年)には、薩摩藩と協力して、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍を破り、倒幕を成功させました。

貴田惟邦は、尊王攘夷運動、長州藩の近代化、長州藩の倒幕運動など、数多くの功績を残した江戸時代後期の武士でした。彼は、日本の近代化に大きな貢献をした人物として知られています。

貴田惟邦が残した著作

貴田惟邦が残した著作

-貴田惟邦が残した著作-

貴田惟邦は、江戸時代後期の武士で、蘭学を学び、多くの著作を残しました。彼の著作は、日本の近代化に大きく貢献し、後世の知識人に大きな影響を与えました。

貴田惟邦の著作で最も有名なのは、『蘭学階梯』です。これは、蘭学の入門書として書かれたもので、蘭学の基本的な知識を体系的にまとめたものです。この書は、蘭学を学ぶ人にとって必携の書となり、日本の蘭学の発展に大きく貢献しました。

貴田惟邦は、他にも『用捨箱録』、『下學談』、『金瓶梅寓意伝』などの著作を残しています。『用捨箱録』は、貴田惟邦の日記であり、彼の思想や生活の様子を知ることができる貴重な資料です。『下學談』は、学問の大切さについて説いた書であり、『金瓶梅寓意伝』は、中国の小説『金瓶梅』を解説した書です。

貴田惟邦の著作は、日本の近代化に大きく貢献し、後世の知識人に大きな影響を与えました。彼の残した学問は、今日の日本にも受け継がれており、その功績は高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました