– 喜多定能(⇒喜多十大夫定能)

– 喜多定能(⇒喜多十大夫定能)

喜多定能について

喜多定能について

喜多定能について

喜多定能(⇒喜多十大夫定能)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、豊臣秀吉の家臣でした。1542年に美濃国で生まれ、1598年に京都で亡くなりました。

喜多定能は、最初は織田信長に仕えていましたが、後に豊臣秀吉に仕えるようになりました。秀吉の命令で、九州征伐や朝鮮出兵に参加しました。また、1590年の小田原征伐では、小田原城攻めに参加しました。

喜多定能は、武勇に優れており、秀吉から「賤ヶ岳七本槍」の1人に選ばれました。賤ヶ岳七本槍は、秀吉の天下統一に貢献した7人の武将のことです。

喜多定能は、秀吉の死後は、徳川家康に仕えました。1600年の関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に属して戦いました。関ヶ原の戦い後、喜多定能は、1500石の領地を与えられました。

喜多定能は、1598年に京都で亡くなりました。享年57でした。喜多定能は、武勇に優れ、秀吉の天下統一に貢献した武将でした。

喜多定能の生涯

喜多定能の生涯

-喜多定能の生涯-

喜多定能(生年不明~1560年頃)は、戦国時代の武将。喜多十大夫定能とも称す。

美濃国恵那郡加茂郡(現・岐阜県恵那市、加茂郡)出身。

喜多氏は、美濃国の国人で、代々美濃守護・土岐氏に仕えていた。

定能は、土岐頼芸に仕え、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いでは、織田信長の軍勢と戦い、討死した。

定能は、勇猛果敢な武将として知られており、その死は、美濃国における土岐氏の勢力の衰退に大きな影響を与えた。

喜多定能の功績

喜多定能の功績

喜多定能の功績

喜多定能は、江戸時代前期の能楽師であり、観世流を再興した人物として知られています。

喜多定能は、1572年(元亀3年)に京都で生まれました。父は大蔵大夫喜多甚左衛門、母は太田道灌の娘でした。

喜多定能は、12歳のときに観世流の能楽師である観世勘左衛門に入門しました。観世流は、江戸時代初期に衰退していましたが、喜多定能は、観世勘左衛門から本格的な能楽を学び、観世流を再興するきっかけを作りました。

1603年(慶長8年)、徳川家康が入京したときに、喜多定能は、その前で能を披露しました。徳川家康は、喜多定能の能を大いに気に入り、喜多定能に、江戸城内で毎月の能舞台を許可しました。

江戸城内で毎月の能舞台が開催されるようになると、江戸に能楽が定着することになりました。また、徳川家康は、喜多定能に、江戸城内の謡曲稽古所を設立するように命じました。

江戸城内の謡曲稽古所は、江戸における能楽の重要な拠点となり、多くの能楽師がここで謡曲の稽古を行いました。また、観世流は、徳川家の庇護の下で、江戸時代を通じて繁栄することになりました。

喜多定能は、1640年(寛永17年)、69歳で亡くなりました。喜多定能は、観世流を再興し、江戸に能楽を定着させた人物として、その功績は大きく評価されています。

タイトルとURLをコピーしました