凡河内香賜-日本書紀にみえる祭官

凡河内香賜-日本書紀にみえる祭官

胸方神の祭祀

胸方神の祭祀

-胸方神の祭祀-

胸方神は、日本書紀にのみみえ、河内国(現在の大阪府)に鎮座した神として記されている。祭祀は、凡河内香賜によって行われていたとされる。

胸方神は、天照大神の子孫といわれ、天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に随従して地上に降りた。その後、河内国に鎮座し、その地の守護神として崇められた。

凡河内香賜は、胸方神の祭祀を司る氏族の出身であった。彼は、胸方神の祭祀を篤く守り、その威徳を広めたとされる。また、彼は、胸方神の神徳を讃えた歌を詠み、世に広めた。

胸方神の祭祀は、その後、長く受け継がれてきた。しかし、平安時代末期に、河内国の国司となった源頼政が、胸方神を祀る社を破壊したため、祭祀は衰退した。

現在、胸方神を祀る社は、大阪府八尾市に鎮座する「胸方神社」である。この神社は、かつて、河内国にあった胸方社の跡地に建てられたものである。胸方神社は、現在でも、地元の人々から崇敬されている。

胸方神の祭祀は、日本古代の歴史を伝える貴重な史料である。また、それは、日本人の信仰のあり方を示すものでもある。

采女との密会と天皇の怒り

采女との密会と天皇の怒り

-采女との密会と天皇の怒り-

凡河内香賜は、日本書紀にみえる祭官です。彼は、景行天皇の時代に、采女である八坂入姫と密会したことで、天皇の怒りを買いました。

景行天皇は、八坂入姫を寵愛しており、彼女を皇后にしようと考えていました。しかし、香賜は八坂入姫に求婚し、密かに結婚してしまいました。

天皇は、香賜と八坂入姫の密会を知ると激怒し、香賜を殺してしまいました。八坂入姫も、天皇に殺されてしまいました。

この事件は、景行天皇の残虐性を物語るエピソードの一つとして知られています。香賜と八坂入姫の悲恋は、多くの文学作品にも取り上げられています。

-香賜の死後-

香賜の死後、彼の氏族である凡河内氏は衰退しました。しかし、香賜の息子である凡河内直継は、後に蘇我氏と婚姻関係を結ぶなどして、再び勢力を盛り返しました。

凡河内氏は、その後も朝廷で活躍し、飛鳥時代には、凡河内麻呂が右大臣を務めるなど、重要な地位を占めました。しかし、奈良時代になると、凡河内氏は再び衰退し、平安時代には、ほとんど姿を消してしまいました。

-香賜の墓-

香賜の墓は、奈良県御所市室にあると伝えられています。香賜の墓は、丘陵地帯にある小さな塚で、周囲は竹林に囲まれています。

香賜の墓は、地元の人々によって大切にされており、毎年、命日には供養が行われています。

難波日鷹と弓削豊穂による追討

難波日鷹と弓削豊穂による追討

-難波日鷹と弓削豊穂による追討-

685年、壬申の乱で天武天皇が勝利した後、皇権を握るようになりました。しかし、そのために多くの豪族が反乱を起こしました。その中のひとりが、凡河内香賜でした。

香賜は、687年に軍を率いて近江まで進出しました。しかし、天武天皇の軍勢に敗れて、難波に逃走しました。そこで香賜は、難波日鷹と弓削豊穂に追討されました。

日鷹と豊穂は、香賜の軍を追撃して、難波の港まで追い詰めました。香賜は、ここで日鷹と豊穂の軍勢に包囲され、戦死しました。この戦いで香賜の軍勢は、ほとんどが討ち取られました。

香賜の死によって、反乱軍は瓦解しました。天武天皇は、ようやく皇権を確立することができました。日鷹と豊穂は、この功績によって、天武天皇から褒美を授けられました。

香賜の乱は、壬申の乱の余波で起こった反乱でした。この乱は、天武天皇が皇権を確立する上で、大きな障害となりました。しかし、日鷹と豊穂の尽力によって、乱は鎮圧され、天武天皇は皇権を確立することができました。

タイトルとURLをコピーしました