叡子内親王 – 平安時代後期に活躍した女御

叡子内親王 – 平安時代後期に活躍した女御

叡子内親王の生涯

叡子内親王の生涯

叡子内親王の生涯

叡子内親王は、平安時代後期に活躍した女御である。父は後白河天皇、母は平清盛の娘である平徳子。1155年に生まれ、幼名は八条宮と呼ばれた。7歳の時に父の後白河天皇の寵愛を受け、女御となった。

叡子内親王は、父の後白河天皇と母方の祖父である平清盛の間に生まれた。父方の祖父は崇徳天皇、母方の祖母は平時子の妹である平滋子である。八条宮と呼ばれた幼少時は、祖父である後白河天皇の庇護の下で育てられた。

1164年に父の後白河天皇が崩御し、異母弟の二条天皇が即位した。二条天皇は、叡子内親王を女御とし、1168年に皇子である言仁親王を産んだ。しかし、言仁親王はわずか2歳で夭折し、叡子内親王は深い悲しみに暮れた。

1172年に、二条天皇が崩御し、異母弟の一条天皇が即位した。一条天皇は、叡子内親王に准母后の称号を贈り、政務を補佐させた。叡子内親王は、一条天皇の信頼を厚くし、政治に大きな影響力を発揮した。

1180年に、一条天皇が崩御し、異母弟の後高倉天皇が即位した。後高倉天皇は、叡子内親王に太皇太后の称号を贈り、引き続き政務を補佐させた。叡子内親王は、後高倉天皇の信頼を厚くし、政治に大きな影響力を発揮し続けた。

1185年に、後高倉天皇が崩御し、異母弟の安徳天皇が即位した。安徳天皇は、わずか2歳であったため、叡子内親王が摂政として政務を代行した。しかし、平家一門が源氏に滅ぼされ、安徳天皇も壇ノ浦の戦いで入水自尽した。

叡子内親王は、平家一門の滅亡後も、京に留まり、政治に影響力を持ち続けた。1213年に崩御し、京都の東山に葬られた。

叡子内親王は、平安時代後期に活躍した女御である。父の後白河天皇と母方の祖父である平清盛の間に生まれ、7歳の時に女御となった。二条天皇、一条天皇、後高倉天皇、安徳天皇の四代にわたって後宮の最高位にあり、政治に大きな影響力を発揮した。叡子内親王は、平安時代後期を代表する女御の一人である。

出家と死

出家と死

出家と死

叡子内親王は、承保4年(1144年)に突然、出家して清心(きよごころ)と名乗りました。出家した理由は定かではありませんが、後白河天皇との不仲などが原因だったのではないかと言われています。出家後は、法華三昧寺(京都市東山区)に住み、仏教の教えに専念しました。

保元元年(1156年)には、源義朝と平清盛の間で保元の乱が起こりました。この乱に際して、叡子内親王は、後白河天皇と共に二条天皇方の陣に避難しました。しかし、平清盛軍が勝利したため、後白河天皇は幽閉され、叡子内親王は法華三昧寺に軟禁されました。

平治2年(1160年)には、源義平と平清盛の間で平治の乱が起こりました。この乱に際して、叡子内親王は、後白河天皇と共に六条天皇方の陣に避難しました。しかし、平清盛軍が勝利したため、後白河天皇は再度幽閉され、叡子内親王は法華三昧寺に軟禁されました。

嘉応元年(1169年)、叡子内親王は、法華三昧寺で崩御しました。46歳でした。死因は定かではありませんが、病死だったのではないかと言われています。叡子内親王は、二条天皇の異母姉であり、後白河天皇の同母姉でありました。また、安徳天皇の叔母であり、平清盛の妻でありました。叡子内親王は、平安時代後期に活躍した女御であり、波乱に満ちた生涯を送りました。

叡子内親王の父母

叡子内親王の父母

叡子内親王の父母

叡子内親王の父母は、父が後白河天皇、母が平滋子(建春門院)である。

後白河天皇は、1127年に鳥羽天皇の皇子として生まれ、1155年に即位した。在位中は、平治の乱や源平合戦などの動乱を経験し、1180年に譲位した。その後は、院政を敷き、朝廷の実権を握った。

平滋子は、平清盛の娘として生まれ、1160年に後白河天皇に入内した。1161年に叡子内親王を出産し、1164年には高倉天皇を産んだ。滋子は、後白河天皇の寵愛を受け、建春門院の称号を贈られた。

叡子内親王は、1161年に生まれると、すぐに後白河天皇の皇女として迎えられた。1162年には、兄の高倉天皇の践祚に伴い、皇太子に立てられた。しかし、1171年に病にかかり、わずか11歳で薨去した。

叡子内親王の死後、後白河天皇は悲しみに暮れ、彼女の菩提を弔うために、金峰山に「叡子内親王御願寺」を建立した。また、叡子内親王の遺品を納めた「叡子内親王御陵」も建立した。

タイトルとURLをコピーしました