「按察三位局」(?-? 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の女官。四条隆衡(たかひら)の娘。建長5年(1253)最助(さいじょ)法親王を生んだ。名は藤子。)

「按察三位局」(?-? 鎌倉時代,後嵯峨(ごさが)天皇の女官。四条隆衡(たかひら)の娘。建長5年(1253)最助(さいじょ)法親王を生んだ。名は藤子。)

按察三位局の生涯

按察三位局の生涯

按察三位局の生涯

按察三位局は、鎌倉時代の後嵯峨(ごさが)天皇の女官であり、四条隆衡(たかひら)の娘です。建長5年(1253)に最助(さいじょ)法親王を生みました。名は藤子。

按察三位局の出生については、確かな記録が残されていません。しかし、四条隆衡の娘であったことは、『増鏡』などの史料から知られています。隆衡は、鎌倉幕府の重臣であり、正嘉元年(1257)に執権となりました。按察三位局は、隆衡の娘として、鎌倉幕府と深い関わりを持っていたと考えられています。

按察三位局は、後嵯峨天皇の女官として仕えました。女官としての詳しい経歴は、不明な点が多いですが、建長5年(1253)に最助(さいじょ)法親王を生んだことは、史料から知られています。最助法親王は、後嵯峨天皇の皇子であり、按察三位局との間に生まれた唯一の子です。

按察三位局の死没年は、不明です。しかし、弘安7年(1284)に最助法親王が亡くなったことを考えると、按察三位局も弘安7年(1284)以前に亡くなったと考えられます。

按察三位局は、鎌倉幕府と深く関わりを持った後嵯峨天皇の女官であり、最助法親王の母として知られています。しかし、その生涯については、まだ多くの謎が残されています。

按察三位局と後嵯峨天皇

按察三位局と後嵯峨天皇

按察三位局と後嵯峨天皇

按察三位局は、鎌倉時代の後嵯峨天皇の女官であり、四条隆衡の娘です。建長5年(1253年)に最助法親王を生んでいます。名は藤子です。

按察三位局と後嵯峨天皇の関係は、後嵯峨天皇が按察三位局を寵愛していたことが伺えます。按察三位局は、後嵯峨天皇との間に2人の皇子を儲けており、そのうちの一人は皇太子となっていました。また、按察三位局は、後嵯峨天皇の寵愛を受けていたことから、宮廷内で大きな影響力を持っていたと考えられています。

しかし、按察三位局は、建長6年(1254年)に薨去しています。その死後、後嵯峨天皇は、按察三位局の死を悼んで、その菩提を弔うために、建長寺に供養塔を建立しました。この供養塔は、現在も建長寺に残されており、按察三位局と後嵯峨天皇の関係を垣間見ることができます。

按察三位局の子供たち

按察三位局の子供たち

-按察三位局の子供たち-

按察三位局は、鎌倉時代、後嵯峨(ごさが)天皇の女官でした。四条隆衡(たかひら)の娘で、建長5年(1253)に最助(さいじょ)法親王を生みました。

彼女の子供たちは、いずれも高貴な身分であり、それぞれが大きな影響力を持っていました。

最助法親王は、後嵯峨天皇の第一皇子であり、皇位継承候補の筆頭でした。しかし、父である後嵯峨天皇に先立って10歳で亡くなりました。

按察三位局の第二子は、永嘉門院(えいかもんいん)です。彼女は亀山天皇の生母として知られており、自らも院政を執りました。

第三子は、大納言清房(せいぼう)です。彼は、鎌倉幕府の有力御家人であり、正嘉2年(1258)に左近衛大将となりました。

第四子は、大納言雅房(まさふさ)です。彼は、右大臣まで昇進し、政治の中枢で活躍しました。

按察三位局の子供たちは、それぞれが重要な役割を果たし、鎌倉時代の歴史に大きな影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました