「按察使局」

「按察使局」

按察使局の生涯

按察使局の生涯

– 「按察使局」の生涯

按察使局は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、京都に置かれた官司です。平安時代の検非違使に代わり、全国の治安維持を担当しました。

按察使局の始まりは、1184年に後白河法皇が設置した「検察使局」です。検察使局は、畿内と近国の治安を担当し、京都の治安維持を目的としていました。検察使局は、1190年に「按察使局」に改称されました。

按察使局は、全国の治安維持に加えて、訴訟の裁判や刑罰の執行も行いました。按察使局は、1232年に廃止されましたが、その機能は、鎌倉幕府の御成敗式目に受け継がれました。

按察使局は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、全国の治安維持を担当した官司です。按察使局は、1232年に廃止されましたが、その機能は、鎌倉幕府の御成敗式目に受け継がれました。

按察使局は、全国の治安維持を担当した官司であるため、その生涯は、全国の治安の歴史と重なります。按察使局は、1184年に設置され、1232年に廃止されましたが、その間、全国の治安維持に大きな役割を果たしました。

按察使局の生涯は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての日本の歴史を反映しています。按察使局は、平安時代末期の検非違使に代わり、全国の治安維持を担当しました。按察使局は、1232年に廃止されましたが、その機能は、鎌倉幕府の御成敗式目に受け継がれました。按察使局の生涯は、日本の治安の歴史を物語っています。

按察使局の功績

按察使局の功績

-按察使局の功績-

按察使局は、平安時代後期に設置された日本の官庁であり、中央政府の監察機関として機能した。按察使局の功績には、以下のものがある。

・-地方行政の監察-
按察使局は、各国の国司による地方行政を監察し、不正や腐敗を防ぐ役割を担っていた。按察使局の役人が各国の国衙を訪れて、国司の政務を調査し、国司が法令に違反していないか、また、不正や腐敗を行っていないかをチェックした。

・-訴訟の処理-
按察使局は、地方の民衆から訴訟を受け付け、処理する役割も担っていた。按察使局の役人が各国の国衙を訪れて、民衆から訴訟を受け付け、その訴訟を調査・審理して、判決を下した。

・-治安維持-
按察使局は、地方の治安維持にも貢献した。按察使局の役人が各国の国衙を訪れて、治安状況を調査し、治安が悪化している地域には、警備隊を派遣して治安維持に努めた。

按察使局は、中央政府の監察機関として、地方行政の監察、訴訟の処理、治安維持など、様々な功績を残した。按察使局の活動は、平安時代の日本の政治を安定させ、秩序を維持するのに役立った。

按察使局の逸話

按察使局の逸話

– 按察使局の逸話

按察使局は、奈良時代から平安時代にかけて存在した日本の行政機関です。按察使とは、中央政府から派遣されて地方を巡察し、民情を聴取したり、地方官の勤務状況を監察したりする役職でした。按察使局はこの按察使の担当する事務を扱う部署として設置されました。

按察使局には、さまざまな逸話が伝わっています。その中でも有名なのが、按察使として九州に派遣された平兼盛の逸話です。兼盛は、九州に赴任するとまず、民情を聴取するために各地を巡回しました。その際、兼盛は貧しい農民の家に立ち寄り、その暮らしぶりを視察しました。すると、農民は兼盛に「この地方は、税金が高すぎてとても生活できません。どうか、税金を減らしてください」と訴えました。

兼盛は、農民の訴えを聞き、すぐに中央政府に報告しました。中央政府は、兼盛の報告を踏まえて、九州の税金を減額することにしました。農民たちは、税金が減額されて大喜びしました。そして、兼盛を「救世主」として尊敬するようになりました。

按察使局には、平兼盛の逸話以外にも、さまざまな逸話が伝わっています。それらの逸話は、按察使局が地方の民情を聴取し、地方官の勤務状況を監察するなどの重要な役割を果たしていたことを示しています。

タイトルとURLをコピーしました