凡貞刀自 – 平安時代前期の女官

凡貞刀自 – 平安時代前期の女官

伊予親王事件に連座して安芸へ流罪

伊予親王事件に連座して安芸へ流罪

-伊予親王事件に連座して安芸へ流罪-

凡貞刀自は、平安時代前期の女官です。高位の高階峯緒(たかかのみねのお)の娘に生まれます。伊予親王の妻であった彼女は、夫の謀反に連座して安芸に流罪となります。

伊予親王は、平安時代前期の皇族です。光孝天皇の第十三皇子であり、仁明天皇の異母弟にあたります。承和年間(834年-848年)、伊予親王は皇太子の基良親王(文徳天皇)に弓を引くという事件を起こします。この事件は、伊予親王の謀反が発覚したとされ、彼は流罪に処せられます。

凡貞刀自は、夫の伊予親王とともに安芸に流罪となります。流罪先で彼女は、2人の子供を産んでいます。しかし、安芸での生活は厳しく、彼女は40歳前に亡くなってしまいます。

凡貞刀自は、伊予親王事件に連座して安芸に流罪となった女官です。流罪先で彼女は、2人の子供を産み、40歳前に亡くなってしまいます。彼女の生涯は、平安時代前期の皇族の権力争いの影響を受けた悲劇的なものでした。

タイトルとURLをコピーしました