永秀女王 – 江戸時代前期から中期にかけての皇女

永秀女王 – 江戸時代前期から中期にかけての皇女

永秀女王の生涯

永秀女王の生涯

-# 永秀女王の生涯

永秀女王は、江戸時代前期から中期にかけての皇女である。後水尾天皇の第五皇女であり、母は高倉永慶の娘である新崇賢門院。

永秀女王は、1635年(寛永12年)に誕生した。1640年(寛永17年)に権宮司となり、1642年(寛永19年)に内親王宣下を受けて永秀女王となった。1659年(万治2年)に東宮職に任じられ、1660年(万治3年)に皇太子・睦仁親王(のちの霊元天皇)の尚侍となった。

1663年(寛文3年)に睦仁親王が践祚して霊元天皇となると、永秀女王は天皇の養母として女院号を賜り、皇太后となった。永秀女王は、天皇の補佐役として活躍し、また、皇族や公家の女子の教育にも尽力した。

永秀女王は、1710年(宝永7年)に薨去した。76歳であった。永秀女王の墓所は、京都府にある泉涌寺にある。

永秀女王は、江戸時代前期から中期にかけての皇族として、天皇の補佐役や皇族・公家の女子の教育などに尽力した。永秀女王は、その功績により、皇太后の称号を賜り、また、薨去後には泉涌寺に葬られた。

永秀女王の家族と出身

永秀女王の家族と出身

-永秀女王の家族と出身-

永秀女王は、1612年(慶長17年)に後陽成天皇の第10皇女として誕生しました。母は典侍の青山忠良の娘・鳥居量子です。永秀女王には、兄に後水尾天皇、弟に徳川家光の正室となった和子、妹に智忠女王、清子女王、高倉永子、興子女王がいます。

永秀女王の父親である後陽成天皇は、1571年(元亀2年)に正親町天皇の第4皇子として誕生しました。母は権大納言・近衛前久の娘の櫛笥隆子です。後陽成天皇には、永秀女王以外にも、10男20女の子供がいました。

永秀女王の母親である鳥居量子は、1581年(天正9年)に近江国坂田郡塩津(現在の滋賀県長浜市)の支配者である鳥居元忠の娘として誕生しました。母は正室の於郡です。鳥居量子には、永秀女王以外にも、鳥居成吉、鳥居忠政、鳥居忠房、鳥居彦右衛門、鳥居元次、鳥居成次、鳥居成久、鳥居元成、鳥居成春、鳥居成矩の10人の子供がいました。

永秀女王は、江戸時代前期から中期にかけての皇女で、後陽成天皇の第10皇女でした。母親は典侍の青山忠良の娘・鳥居量子です。永秀女王には、兄に後水尾天皇、弟に徳川家光の正室となった和子、妹に智忠女王、清子女王、高倉永子、興子女王がいました。

永秀女王の功績と死

永秀女王の功績と死

-永秀女王の功績と死-

永秀女王は、江戸時代前期から中期にかけての皇女です。後光明天皇の第二皇女として、1640年に京都御所で生まれました。幼い頃から聡明で、和歌や書道を得意とし、また、琵琶や琴などの楽器にも精通していました。

永秀女王は、1657年に22歳の時に、後西天皇の猶子として入内し、准后の位を授けられました。また、同年に東福門院号を贈られました。その後、後光明天皇の崩御に伴い、1680年に後西天皇が譲位し、霊元天皇が即位した後は、大皇太后として皇室を支えました。

永秀女王は、皇室の儀式や行事に参列し、また、公家や武家との交流も行いました。また、和歌や書道を嗜み、多くの作品を残しました。また、慈善活動にも熱心に取り組み、貧困に苦しむ人々を救済するための施しを行ったり、災害に見舞われた人々を支援したりしました。

永秀女王は、1712年、73歳の時に京都御所で崩御しました。その死は、皇室や朝野に大きな悲しみをもたらしました。永秀女王は、高貴な身分でありながら、人々に愛され、尊敬された人物でした。その功績は、後世にも語り継がれています。

永秀女王の死は、皇室や朝野に大きな悲しみをもたらしました。彼女は、高貴な身分でありながら、人々に愛され、尊敬された人物でした。その功績は、後世にも語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました