英俊 – 戦国-織豊時代の僧

英俊 – 戦国-織豊時代の僧

英俊の生涯

英俊の生涯

-英俊の生涯-

英俊は、戦国時代から織豊時代の僧侶である。俗名は山田九郎右衛門。法名は英俊、号は太虚堂。近江国蒲生郡(現在の滋賀県蒲生郡)に生まれる。

英俊は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。15歳で出家し、京都の妙心寺で修行する。そこで、禅の教えを学び、悟りを開く。その後、諸国を遊歴し、各地の禅寺で修行を積む。

永禄11年(1568年)、織田信長の軍勢が近江国に侵攻し、英俊の故郷である蒲生郡が戦場となる。英俊は、戦乱を逃れて、美濃国(現在の岐阜県)に逃れる。そこで、岐阜城の城主である斎藤龍興に仕える。斎藤龍興は、英俊の学問と人柄を気に入り、厚遇する。

元亀元年(1570年)、斎藤龍興が織田信長に敗れ、岐阜城が陥落する。英俊は、斎藤龍興とともに越前国(現在の福井県)に逃れる。そこで、越前国の戦国大名である朝倉義景に仕える。朝倉義景は、英俊の知恵を頼り、たびたび軍議に召し出す。

天正元年(1573年)、朝倉義景が織田信長に敗れ、越前国が滅亡する。英俊は、朝倉義景とともに自害しようとするが、家臣に止められる。英俊は、越前国を脱出し、再び諸国を遊歴する。

天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が横死する。信長の死後、天下は豊臣秀吉の手に渡る。豊臣秀吉は、英俊の学問と人柄を聞きつけ、英俊を召し出す。英俊は、豊臣秀吉に仕え、豊臣秀吉の側近として、政治や軍事に参与する。

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで豊臣秀吉の軍勢が徳川家康の軍勢に敗れる。英俊は、豊臣秀吉の死後、大坂城に籠城するが、徳川家康の軍勢に敗れて降伏する。英俊は、徳川家康に許され、京都の妙心寺に隠棲する。

慶長19年(1614年)、英俊は、妙心寺で死去する。享年74。英俊は、戦国時代から織豊時代の動乱を生き抜いた僧侶として、その生涯は多くの逸話に彩られている。

多聞院日記について

多聞院日記について

多聞院日記について

多聞院日記とは、戦国時代から安土桃山時代にかけて、京都の浄土宗の寺院である多聞院の住職を務めた英俊が、自らの見聞や感想を記した日記である。英俊は、1533年に近江国で生まれ、1553年に多聞院の住職となった。英俊は、非常に聡明な人物で、多くの知識と教養を身に付けていた。また、英俊は、非常に勤勉な人物で、多聞院の住職として多くの功績を残した。英俊は、1602年に亡くなったが、その死後も多聞院日記は、多くの研究者によって研究され、戦国時代や安土桃山時代の歴史を理解する上で重要な史料となっている。

多聞院日記は、英俊が1553年から1602年までの間、毎日欠かさず日記を記したものである。多聞院日記には、英俊の日常の出来事や、英俊が見た出来事、英俊が聞いた話などが詳細に記されている。多聞院日記は、英俊の鋭い観察力と、豊かな表現力によって、戦国時代や安土桃山時代の社会や文化を生き生きと描き出している。多聞院日記は、戦国時代や安土桃山時代の歴史を理解する上で非常に貴重な史料である。

多聞院日記は、英俊の死後、多聞院に保管され、その後、京都国立博物館に所蔵された。多聞院日記は、1950年に国の重要文化財に指定され、現在は、一般公開されている。多聞院日記は、戦国時代や安土桃山時代の歴史に興味のある人にとっては、ぜひ一度読んでみたい史料である。

英俊の功績

英俊の功績

-英俊の功績-

英俊は、戦国-織豊時代の僧で、浄土宗西山派の第15世法主を務めました。また、浄土宗の重要人物の一人であり、浄土教の普及に尽くしました。

英俊は、1512年に近江国で生まれ、18歳で出家して浄土宗の僧侶となりました。その後、京都の西本願寺で修行し、頭角を現しました。1554年に西山派の法主に就任すると、浄土教の普及に努め、各地に寺を建立しました。また、浄土教の教えを広めるために、多くの書物を著しました。

英俊は、浄土教の重要な教えの一つである「南無阿弥陀仏」の唱名を奨励し、浄土宗の普及に貢献しました。また、浄土教の教えを庶民にもわかりやすく説き、浄土教の信仰を広めました。

英俊は、1584年に亡くなりましたが、浄土宗の教えは、英俊の努力によって、全国に広まり、現在に至るまで、多くの人々に信仰されています。

英俊の功績は、浄土教の普及に貢献したこと、浄土教の教えを庶民にもわかりやすく説いたこと、浄土教の信仰を広めたことなどです。英俊は、浄土宗の歴史上、重要な人物であり、浄土教の普及に尽くした功績は、今もなお、称賛されています。

英俊は、浄土教の重要人物として、現在でも多くの浄土宗の信徒から尊敬されています。英俊の功績は、浄土教の普及に貢献したことであり、その功績は、今もなお、称賛されています。

タイトルとURLをコピーしました