「阿蘇惟武」

「阿蘇惟武」

南北朝時代の武将-阿蘇惟武

南北朝時代の武将-阿蘇惟武

-「阿蘇惟武」-

-南北朝時代の武将-阿蘇惟武-

阿蘇惟武(あそこれたけ)は、南北朝時代の武将。阿蘇氏の祖、阿蘇惟直の子。肥後国守護。官位は従五位下・左京権大夫。

阿蘇惟武は、元亨3年(1323年)に阿蘇惟直の子として誕生しました。建武2年(1335年)には、阿蘇氏の家督を相続し、肥後国守護に任じられました。翌年の建武3年(1336年)には、足利尊氏に味方して、九州探題の渋川貞俊を討伐しました。

その後、阿蘇惟武は、南朝に降伏し、懐良親王を奉じて、九州各地を転戦しました。しかし、正平14年(1359年)に、菊池武光らとともに、足利尊氏に敗れ、降伏しました。降伏後は、阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡に留まり、隠居しました。

阿蘇惟武は、建武2年(1335年)から正平14年(1359年)まで、阿蘇氏を率いて、南北朝の内乱を戦いました。また、阿蘇惟武は、阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡の開発に努め、阿蘇氏の勢力を拡大しました。阿蘇惟武は、南北朝時代の九州を代表する武将の1人であり、阿蘇氏の繁栄の基礎を築いた人物です。

阿蘇惟武は、正平23年/延文元年(1358年)に66歳で亡くなりました。

兄惟村(これむら)との対立

兄惟村(これむら)との対立

-兄惟村(これむら)との対立-

阿蘇惟武は、鎌倉時代の武将である。阿蘇氏15代当主。肥後国阿蘇郡阿蘇郷を拠点とした。

惟武は、阿蘇惟直の子として生まれる。兄に惟村、弟に惟兼がいる。惟武は、父惟直の死後に阿蘇氏を継いだ。

惟武は、兄惟村と対立した。惟村は、惟武の父惟直の死後に阿蘇氏を継ぐべきであったが、惟武が継いだことで、惟村は不満を抱いた。惟村は、惟武に対して反乱を起こし、阿蘇郡の半分を支配した。

惟武は、惟村の反乱を鎮圧するために、鎌倉幕府に援軍を要請した。鎌倉幕府は、惟武の要請に応えて、御家人を派遣した。御家人は、惟村を討伐し、惟村は降伏した。

惟村の降伏により、阿蘇郡は惟武の支配下に統一された。惟武は、阿蘇氏を中興し、阿蘇氏を肥後国を代表する豪族に育て上げた。

惟武は、1314年に死去した。享年51。惟武の死後は、惟兼が阿蘇氏を継いだ。

今川仲秋との戦い

今川仲秋との戦い

– 阿蘇惟武

-# 今川仲秋との戦い

阿蘇惟武は、戦国時代に肥後国(現在の熊本県)の阿蘇郡を支配した武将です。父は阿蘇惟豊、母は菊池武朝の娘です。永禄2年(1559年)に父が亡くなると、家督を継いで阿蘇郡の領主となりました。

惟武は、肥後国の国人領主の中でも有数の勢力を誇っており、隣国である筑後国(現在の福岡県)の龍造寺隆信とも同盟を結んでいました。しかし、天正6年(1578年)に、九州に侵攻してきた大友宗麟と戦い、敗北しました。惟武は、阿蘇郡を追われて、筑後国に逃亡しました。

天正14年(1586年)、惟武は、筑後国で挙兵し、大友宗麟に反旗を翻しました。しかし、大友宗麟の軍勢に敗北し、再び阿蘇郡を追われました。惟武は、今度は、薩摩国(現在の鹿児島県)に逃亡しました。

薩摩国で惟武は、島津義久に臣従し、島津氏の家臣となりました。惟武は、天正15年(1587年)に、豊臣秀吉の九州平定軍と戦い、戦死しました。

惟武は、勇猛果敢な武将として知られており、その武勇は、九州中に轟いていました。惟武は、また、歌人としても知られており、その歌は、今もなお、人々に愛唱されています。

タイトルとURLをコピーしました