阿蘇惟豊 – 戦国時代の肥後を代表した武将

阿蘇惟豊 – 戦国時代の肥後を代表した武将

肥後菊池氏の台頭と阿蘇氏の栄枯盛衰

肥後菊池氏の台頭と阿蘇氏の栄枯盛衰

-肥後菊池氏の台頭と阿蘇氏の栄枯盛衰-

阿蘇惟豊は、戦国時代の肥後を代表した武将です。阿蘇家は、肥後を治めていた菊池氏の一族で、鎌倉時代以来、肥後の有力な豪族として知られていた。

菊池氏は、14世紀後半から勢力を伸ばし、15世紀初めには肥後の守護に任じられた。阿蘇家は、菊池氏に従属する立場にあったが、菊池氏の衰退とともに勢力を拡大し、16世紀初めには肥後の有力な戦国大名となった。

阿蘇惟豊は、阿蘇氏の第17代当主であり、天文23年(1554年)に家督を継いだ。彼は、勇猛果敢で知られ、肥後国内を統一し、近隣の諸国にも勢力を伸ばした。

阿蘇氏は、16世紀半ばに肥後の覇者となったが、その後、島津氏や大友氏などの勢力が肥後に侵攻し、阿蘇氏は衰退した。阿蘇惟豊は、天正15年(1587年)に島津氏に降伏し、阿蘇氏は滅亡した。

阿蘇氏は、肥後の有力な戦国大名として、肥後の歴史に大きな影響を与えた。阿蘇惟豊は、阿蘇氏の最盛期を築いた名将であり、肥後菊池氏の台頭と阿蘇氏の栄枯盛衰を象徴する人物である。

日向への亡命と甲斐親宣の援助

日向への亡命と甲斐親宣の援助

日向への亡命と甲斐親宣の援助

阿蘇惟豊は、九州の肥後国(現・熊本県)を治めていた戦国大名です。1541年に、隣の薩摩国(現・鹿児島県)の島津貴久の侵攻を受け、肥後を追われました。惟豊は、日向国(現・宮崎県)に亡命し、甲斐親宣の援助を受けました。

甲斐親宣は、日向を治める戦国大名であり、島津氏と対立していました。惟豊は、親宣と同盟を結び、島津氏に対抗しました。1546年に、親宣の支援を受けた惟豊は、肥後国の水俣城を奪還することに成功しました。しかし、1548年に島津氏に再び攻められ、水俣城を追われました。惟豊は、親宣の支援を受けて、島津氏と戦い続けましたが、1551年に病死しました。

惟豊の死後、親宣は、惟豊の遺児である阿蘇惟将を援助して、島津氏と戦い続けました。1554年に、親宣は、島津氏に降伏しましたが、惟将は、島津氏に抵抗を続けました。1556年に、惟将は、島津氏に敗れて、日向を逃亡しました。惟将は、薩摩国に亡命し、島津貴久に臣従しました。

惟豊と親宣の連合は、島津氏の九州統一を阻止することに成功しました。しかし、惟豊と親宣の死後、島津氏は、九州を統一しました。

大宮司職への復帰と晩年

大宮司職への復帰と晩年

大宮司職への復帰と晩年

永正12年(1515年)に父である菊池武経が病死すると、惟豊は家督を相続し、菊池氏第32代当主となった。そして、永正13年(1516年)には、肥後国守護代である阿蘇惟長を破って、大宮司職に復帰した。

大宮司職に復帰した惟豊は、肥後国を安定させるために、積極的に領内巡視を行ったり、寺社を保護したりするなど、様々な政策を実施した。また、隣国である日向国や筑後国と友好関係を築こうと努め、肥後国の勢力を拡大していった。

しかし、惟豊の晩年は、波乱万丈であった。永正17年(1520年)には、阿蘇氏と対立していた菊池氏との間で、大規模な合戦が発生した。この合戦は、惟豊の勝利に終わったが、菊池氏はその後も阿蘇氏に反発を続け、肥後国は長く戦乱状態が続いた。

さらに、惟豊は、家臣団との関係も悪化させた。惟豊は、家臣団の意見を聞かずに、独断で政策を決定することが多く、家臣団の反発を招いた。そして、永正18年(1521年)には、家臣団の一部が謀反を起こし、惟豊は居城である隈本城を追放された。

隈本城を追放された惟豊は、阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡に逃亡した。そして、阿蘇氏の支援を受けて、菊池氏や反乱を起こした家臣団と戦い続けた。しかし、惟豊は、永正18年(1521年)に病死し、菊池氏と阿蘇氏の戦いは、惟豊の死後も続いた。

タイトルとURLをコピーしました