「阿蘇惟直」(?-1336 南北朝時代の武将。)

「阿蘇惟直」(?-1336 南北朝時代の武将。)

南北朝時代の武将「阿蘇惟直」

南北朝時代の武将「阿蘇惟直」

-南北朝時代の武将「阿蘇惟直」-

阿蘇惟直は、南北朝時代の武将です。肥後国阿蘇氏の第10代当主であり、阿蘇家最後の当主でもあります。

惟直は、阿蘇家当主・阿蘇惟時の嫡男として生まれました。建武の新政の際には、後醍醐天皇に仕え、足利尊氏と戦いました。しかし、尊氏が九州に侵攻してくると、惟直は尊氏に降伏しました。

尊氏が九州を平定した後、惟直は阿蘇氏の当主として認められ、肥後国守護に任命されました。しかし、九州で足利氏と南朝方の勢力が争うようになると、惟直は南朝方に属しました。

惟直は、南朝方の武将として、足利氏と戦いました。しかし、足利氏の勢力が強くなるにつれて、惟直は劣勢となりました。そして、1336年、惟直は阿蘇氏の居城である阿蘇城を攻撃され、自害しました。

阿蘇惟直は、南朝方の忠臣として知られています。惟直の死後、阿蘇氏は滅亡しました。

阿蘇大宮司としての活躍

阿蘇大宮司としての活躍

阿蘇大宮司としての活躍

阿蘇惟直は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。阿蘇氏の第17代当主であり、阿蘇大宮司を務めました。阿蘇大宮司は、阿蘇神社の最高神職であり、阿蘇氏の一族が代々務めていました。

惟直は、阿蘇大宮司として、阿蘇神社の復興と発展に尽力しました。1316年(正和5年)、阿蘇神社は火災によって焼失してしまいました。惟直は、すぐに再建に着手し、1328年(嘉暦3年)に新しい阿蘇神社が完成しました。この新しい阿蘇神社は、現在の阿蘇神社の原型となっています。

また、惟直は、阿蘇神社の領地を拡大し、阿蘇氏の勢力を強めました。1333年(元弘3年)、鎌倉幕府が倒れ、建武政権が成立しました。惟直は、建武政権に協力し、菊池武敏らとともに、九州の反幕府勢力を鎮圧しました。

しかし、建武政権はすぐに瓦解し、南北朝時代が始まりました。惟直は、南朝に属し、北朝方の菊池武敏と戦いました。1335年(延元元年)、惟直は、菊池武敏に敗れ、阿蘇大宮司の職を追われました。

惟直は、1336年(延元2年)に、菊池武敏によって殺害されました。惟直の死後、阿蘇氏は衰退し、阿蘇大宮司の職は、菊池氏によって乗っ取られました。

菊池武時らと鎮西探題赤橋英時を攻撃

菊池武時らと鎮西探題赤橋英時を攻撃

-菊池武時らと鎮西探題赤橋英時を攻撃-

阿蘇惟直は、菊池武時らと協力して、鎮西探題の赤橋英時を攻撃した。1333年、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒した際、阿蘇惟直は菊池武時らとともに九州に下向した。そして、菊池武時らとともに、鎮西探題の赤橋英時を攻撃した。

赤橋英時は、菊池武時らの攻撃に抵抗したが、阿蘇惟直らと菊池武時の軍勢は強く、赤橋英時は敗北した。赤橋英時は、菊池武時らと阿蘇惟直の軍勢に追われて、九州から逃亡した。

阿蘇惟直らは、赤橋英時を九州から追放したことで、九州の支配権を確立した。阿蘇惟直らは、九州を拠点として、鎌倉幕府の残党や朝廷の軍勢と戦った。阿蘇惟直らは、九州で活躍し、南北朝時代の九州の動乱を収束させた。

タイトルとURLをコピーしました