戦国・織豊時代の武将 – 北条景広

戦国・織豊時代の武将 – 北条景広

北条景広の生涯

北条景広の生涯

-北条景広の生涯-

1493年、北条早雲(伊勢氏)の孫として誕生。父は北条氏綱、母は早雲の娘である。早雲の死後、家督を継いだ氏綱に従って関東各地を転戦し、武功をあげる。

1545年、氏綱の死後、家督を継ぐ。景広は、領国の拡大と安定に努め、北条氏を関東の覇者へと押し上げた。

1561年、上杉謙信と川中島で激突。激戦の末、双方痛み分けとなり、謙信は信濃へ撤退した。

1567年、武田信玄と三方原で激突。武田軍を破り、信玄は甲斐へ撤退した。

1573年、織田信長の軍勢が関東に侵攻。景広は、信長と和睦し、同盟を結んだ。

1575年、武田勝頼が上野国に侵攻。景広は、勝頼と和睦し、同盟を結んだ。

1582年、本能寺の変により、信長が死去。景広は、信長と親しかったため、織田氏の重臣である柴田勝家と敵対。

1583年、賤ヶ岳の戦いで勝家を破り、北陸地方を平定。

1590年、豊臣秀吉が小田原城を攻囲。景広は、秀吉に降伏し、北条氏は滅亡した。

1591年、秀吉の命により、切腹。享年68。

景広は、北条氏を関東の覇者へと押し上げた名将であり、北条氏の最盛期を築いた。また、秀吉に降伏後は、豊臣政権に協力し、北条氏の再興を目指した。しかし、秀吉の死後、石田三成と敵対し、関ヶ原の戦いで敗北。北条氏は、完全に滅亡した。

御館の乱と北条景広

御館の乱と北条景広

-# 御館の乱と北条景広

御館の乱とは、1587年(天正15年)に上野国厩橋城(群馬県前橋市)を居城とした北条景広が、豊臣秀吉の天下統一に抵抗して起こした反乱である。

北条景広は、北条氏康の四男として生まれた。兄である北条氏政が家督を継ぐと、景広は沼田城(群馬県沼田市)の城主となった。その後、厩橋城の城主となり、上野国の支配を任された。

1582年(天正10年)、織田信長が本能寺の変で倒れると、秀吉が台頭した。景広は、秀吉の天下統一に抵抗する姿勢を強め、1585年(天正13年)には、秀吉の命令に従って沼田城を明け渡すことを拒否した。

1587年(天正15年)、秀吉は、北条氏を討伐するために大軍を派遣した。景広は、秀吉軍の攻撃を約2ヶ月にわたって耐えたが、最終的には敗北し、厩橋城を追われた。景広は、その後、越後国に逃亡し、上杉景勝を頼った。

しかし、上杉景勝も秀吉に降伏したため、景広は再び逃亡した。景広は、各地を転々とし、1595年(文禄4年)に薩摩国で捕らえられた。景広は、秀吉の命により、京都で処刑された。

御館の乱は、北条氏を滅亡させ、豊臣秀吉の天下統一を決定づけた。また、この乱により、上野国は豊臣氏の支配下に入った。

北条景広の死

北条景広の死

-北条景広の死-

北条景広は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。北条氏の家臣として仕え、関東地方の平定に貢献しました。しかし、天正18年(1590年)、豊臣秀吉の軍勢に敗れて自害しました。

北条景広の死は、北条氏滅亡の象徴的な出来事でした。北条氏は、戦国時代を通じて関東地方を支配した有力な戦国大名でしたが、秀吉の圧倒的な兵力に屈して滅亡しました。景広の死は、北条氏の滅亡によって関東地方が豊臣政権の支配下に置かれたことを意味するものでした。

景広の死については、いくつかの逸話が残されています。その一つが、景広が秀吉に降伏する際に、自らの首を差し出すことを申し出たという話です。秀吉はこれを許さず、景広に切腹を命じました。景広は、腹を切る前に、秀吉に「我が首は天下に轟くべし」と告げたと言われています。

また、景広が自害した場所は、現在の千葉県富津市にある景広寺とされています。景広寺は、景広を供養するために建てられたもので、境内には景広の墓があります。景広寺は、景広の死を偲んで毎年法要が行われています。

北条景広の死は、戦国時代の終わりと安土桃山時代の始まりを象徴する出来事でした。景広の死によって、関東地方は豊臣政権の支配下に置かれ、戦国時代は終焉を迎えました。景広の死は、戦国時代の武将の生き様を象徴するものであり、今日もなお多くの人の興味を引き付けています。

タイトルとURLをコピーしました