阿蘇惟政- 南北朝時代の武将

阿蘇惟政- 南北朝時代の武将

阿蘇惟政の生涯

阿蘇惟政の生涯

-阿蘇惟政の生涯-

阿蘇惟政(あそう これまさ)は、南北朝時代の武将、守護大名。肥後国阿蘇氏の第15代当主、守護職。

1321年、阿蘇惟時に生まれる。父・惟時は、菊池武光の謀反に協力し、阿蘇惟時が阿蘇家を継ぐと、菊池氏と阿蘇氏の関係は悪化。

1333年、惟時は建武の新政に恭順し、菊池氏と和睦した。しかし、1336年に惟時は菊池武光と再び争い、惟時は敗れて自害した。

惟政は、父の死後、阿蘇家を継いで阿蘇惟時に従い、菊池氏と戦い、1343年に惟政は菊池氏を降伏させ、肥後国を統一した。

1344年、惟政は、足利尊氏に従って九州の平定に協力し、1346年には、九州探題に任命される。

惟政は、九州探題として、九州の治安維持に努め、阿蘇氏を九州の有力な守護大名に成長させた。

1367年、惟政は死去。享年47。

肥後阿蘇大宮司としての活躍

肥後阿蘇大宮司としての活躍

肥後阿蘇大宮司としての活躍

阿蘇惟政は、肥後阿蘇大宮司として、領内の政治や経済の振興に努めました。阿蘇神社を整備し、仏教を保護したほか、阿蘇氏の拠点である阿蘇城を改修して、その威容を示しました。また、領民の生活を安定させるために、灌漑事業や新田開発にも力を入れました。

阿蘇惟政は、肥後阿蘇大宮司としての立場を利用して、南朝方の武将として活躍しました。建武2年(1335年)、菊池武敏が挙兵すると、阿蘇惟政もこれに参加し、北朝方の武将である渋川義顕と戦いました。しかし、阿蘇惟政は、この戦いで敗北し、阿蘇城に逃亡しました。

建武3年(1336年)、足利尊氏が南朝方に寝返ると、阿蘇惟政も尊氏に帰順しました。尊氏は、阿蘇惟政を肥後阿蘇大宮司に任命し、その忠誠を賞しました。阿蘇惟政は、尊氏の信任を得て、南朝方の武将と戦いました。

正平6年(1351年)、阿蘇惟政は、菊池武敏と和睦し、南朝方に寝返りました。阿蘇惟政は、南朝方の武将として、北朝方の武将と戦いました。しかし、正平10年(1355年)、阿蘇惟政は、北朝方の武将である渋川義顕に敗れて戦死しました。

阿蘇惟政は、肥後阿蘇大宮司として、領内の政治や経済の振興に努め、南朝方の武将として活躍しました。阿蘇惟政の死後、阿蘇氏は衰退し、肥後は島津氏の支配下に入りました。

南北朝合体による武家方へのくだり

南北朝合体による武家方へのくだり

-南北朝合体による武家方へのくだり-

阿蘇惟政が属する南北朝合体は、北朝と南朝の合体のことであり、室町幕府の足利義満によって実現された。南北朝合体の結果、北朝の天皇と南朝の天皇がそれぞれ譲位し、新しい天皇が即位した。この新しい天皇は、北朝と南朝の双方から血を引いていたため、両方の天皇家を統一することができたのである。南北朝合体の成立により、南北朝時代の混乱は終結し、室町幕府は全国統一を達成した。

阿蘇惟政は、南北朝合体に際して、北朝方に属していた。しかし、合体の成立後は、室町幕府に臣従した。室町幕府は、阿蘇惟政に筑後国の守護に任じ、阿蘇氏は筑後国の守護大名として存続することとなった。阿蘇惟政は、筑後国守護として、筑後国の統治に尽力した。また、阿蘇惟政は、九州地方の他の大名との関係を深め、室町幕府の九州支配に貢献した。

阿蘇惟政は、南北朝時代に活躍した武将であり、南北朝合体の実現に貢献した。また、筑後国守護として、筑後国の統治に尽力し、室町幕府の九州支配に貢献した。

-阿蘇惟政の功績-

・南北朝合体の実現に貢献した。
・筑後国守護として、筑後国の統治に尽力した。
・室町幕府の九州支配に貢献した。

阿蘇惟政は、南北朝時代に活躍した武将であり、室町幕府の全国統一に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました