阿蘇惟将

阿蘇惟将

阿蘇惟将の生涯

阿蘇惟将の生涯

阿蘇惟将の生涯

阿蘇惟将は、戦国時代に阿蘇氏第19代当主として活躍した人物である。阿蘇氏の居城であった阿蘇城は、肥後国(現・熊本県)の中央に位置する阿蘇山の麓にあり、九州屈指の名城として知られていた。

阿蘇惟将は、天文2年(1533年)に阿蘇惟豊の長男として生まれた。幼名は童丸丸といい、のちに惟将と名乗った。天文19年(1550年)に父が没すると、家督を継いで阿蘇氏の第19代当主となった。

阿蘇惟将は、勇猛な武将として知られ、数多くの合戦で勝利を収めた。永禄2年(1559年)には、島津氏の侵攻を迎え撃ってこれを撃退し、肥後の領土を守った。永禄5年(1562年)には、大友氏との合戦で勝利し、豊後国(現・大分県)の一部を領有した。

しかし、阿蘇惟将の勢力拡大は、隣国の肥後国主・相良長毎の警戒を招いた。相良長毎は、阿蘇惟将を討つために、島津氏と手を組み、永禄7年(1564年)に阿蘇氏の本拠地である阿蘇城を攻撃した。阿蘇惟将は、奮戦したが、多勢に無勢で、ついに城を明け渡して退却した。

阿蘇惟将は、阿蘇城を奪還するために、島津氏と相良氏と何度も戦ったが、敗北を続けた。天正6年(1578年)、阿蘇惟将は、薩摩国(現・鹿児島県)の島津義久に降伏した。阿蘇惟将は、島津氏の家臣となり、阿蘇氏の領地は島津氏の支配下に入った。

天正15年(1587年)、九州平定を終えた豊臣秀吉が、肥後国に侵攻した。島津氏は、豊臣秀吉の軍勢に敗北し、肥後国から撤退した。阿蘇惟将は、豊臣秀吉に降伏し、阿蘇氏の領地を安堵された。

阿蘇惟将は、慶長5年(1600年)に死去した。享年68歳であった。阿蘇惟将の死後、阿蘇氏は代々肥後の大名として存続したが、明治維新後に華族制度が廃止されると、阿蘇氏は平民となった。

阿蘇氏と肥後国の情勢

阿蘇氏と肥後国の情勢

– 阿蘇惟将

-# 阿蘇氏と肥後国の情勢

阿蘇惟将(あそ これゆき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将、守護大名。肥後国の守護を務めた。

阿蘇氏は、肥後国菊池郡阿蘇郷を本貫とする国人領主である。鎌倉時代には、菊池氏に従属して肥後国の国人衆として活動していた。

惟将は、阿蘇氏の当主・阿蘇惟直の長男として誕生した。建武3年(1336年)、後醍醐天皇の倒幕運動に参加し、菊池氏とともに北条氏を討伐した。建武政権が成立すると、惟将は肥後国の守護に任命された。

建武4年(1337年)、足利尊氏が後醍醐天皇に叛旗を翻し、南北朝の内乱が勃発した。惟将は、南朝方に属して尊氏と戦ったが、建武5年(1338年)に敗北して肥後国を追われた。

惟将は、菊池氏を頼って肥後国に潜伏し、尊氏政権に抵抗を続けた。正平2年(1347年)、惟将は肥後国に帰参し、守護に復帰した。

その後、惟将は南朝方の有力武将として活躍し、尊氏政権と戦った。正平11年(1356年)、惟将は九州探題・今川了俊に敗れて戦死した。

惟将の死後、阿蘇氏は肥後国の守護に留まり、南北朝の内乱の終結まで南朝方に属した。室町時代には、阿蘇氏と菊池氏は肥後国を二分する勢力となり、互いに争った。戦国時代には、阿蘇氏は没落し、肥後国は菊池氏と島津氏が争うことになった。

阿蘇惟将の死と阿蘇氏のその後

阿蘇惟将の死と阿蘇氏のその後

阿蘇惟将の死と阿蘇氏のその後

阿蘇惟将は、鎌倉時代初期に活躍した武将です。阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡(現在の熊本県阿蘇市)を治めていました。惟将は、鎌倉幕府の初代将軍である源頼朝に仕え、文治の乱では九州の平氏勢力の討伐に貢献しました。また、建久3年(1192年)には、頼朝の命を受けて肥後国(現在の熊本県)に下向し、菊池氏を滅ぼしました。惟将は、この功績により、阿蘇氏の勢力を九州に拡大することに成功しました。

しかし、惟将は建久9年(1198年)に、肥後国の豪族である菊池武光に暗殺されてしまいました。惟将の死後、阿蘇氏は衰退の一途をたどり、最終的に滅亡してしまいました。

阿蘇氏の滅亡後、阿蘇郡は菊池氏の支配下に置かれました。菊池氏は、惟将の死後、阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡を占領し、阿蘇氏を滅亡に追い込んだのです。菊池氏は、阿蘇郡を支配した後、阿蘇氏の旧臣を配下に加え、阿蘇郡の統治を固めました。

菊池氏は、阿蘇郡を支配したことで、九州の勢力を拡大することに成功しました。菊池氏は、阿蘇郡を拠点として、肥後国や日向国(現在の宮崎県)にまで勢力を拡大しました。菊池氏は、九州の有力な豪族として、鎌倉幕府に仕えました。

しかし、菊池氏は、鎌倉幕府の滅亡後、室町幕府と対立しました。菊池氏は、室町幕府に反抗し、九州で反乱を起こしました。しかし、菊池氏は、室町幕府の軍勢に敗れ、滅亡してしまいました。

菊池氏の滅亡後、阿蘇郡は島津氏の支配下に置かれました。島津氏は、菊池氏の滅亡後、阿蘇郡を占領し、阿蘇郡を支配しました。島津氏は、阿蘇郡を支配した後、阿蘇氏の旧臣を配下に加え、阿蘇郡の統治を固めました。

島津氏は、阿蘇郡を支配したことで、九州の勢力を拡大することに成功しました。島津氏は、阿蘇郡を拠点として、肥後国や日向国にまで勢力を拡大しました。島津氏は、九州の有力な豪族として、室町幕府に仕えました。

タイトルとURLをコピーしました