北白川宮成久王 – 明治・大正時代を彩った皇族と軍人の軌跡

北白川宮成久王 – 明治・大正時代を彩った皇族と軍人の軌跡

皇族としての歩み

皇族としての歩み

皇族としての歩み

北白川宮成久王は、1867年1月17日、東京で生まれた。父は北白川宮能久親王、母は妾の広幡豊子。成久王には兄の菊麿王がいたが、菊麿王は1866年に夭折したため、成久王が北白川宮家の後継者となった。

成久王は、幼少期から英才教育を受け、1872年に学習院に入学した。1877年に西南戦争が勃発すると、成久王は兄の北白川宮能久親王に随従して鹿児島県に赴き、戦場に身を投じた。西南戦争では、成久王は勇敢に戦い、功績を挙げた。

1880年、成久王は学習院を卒業し、親王宣下を受けて北白川宮成久王となった。成久王は、その後も陸軍士官学校に入学し、軍人としての教育を受けた。成久王は、1891年に陸軍少尉に任官され、1894年に日清戦争が勃発すると、出征して戦場に赴いた。

日清戦争では、成久王は再び勇敢に戦い、功績を挙げた。成久王は、1895年に陸軍中尉に昇進し、1898年に陸軍大尉に昇進した。1904年に日露戦争が勃発すると、成久王は再び出征して戦場に赴いた。

日露戦争では、成久王は旅順攻略戦に参加し、負傷した。成久王は、1905年に陸軍少佐に昇進し、1907年に陸軍中佐に昇進した。1911年に成久王は陸軍大佐に昇進し、1916年に陸軍少将に昇進した。

1922年に成久王は陸軍中将に昇進し、1925年に陸軍大将に昇進した。成久王は、1926年に陸軍大臣に就任し、1927年に皇族軍人としての最後となった陸軍参謀総長に就任した。成久王は、1933年に薨去した。享年66。

軍人としてのご活躍

軍人としてのご活躍

-軍人としてのご活躍-

成久王は、幼少期から軍事に強い関心を持ち、1871年(明治4年)に陸軍士官学校に入学。卒業後、近衛歩兵第1聯隊に配属される。1877年(明治10年)の西南戦争では、少尉として従軍し、勇敢に戦って功績を挙げた。

1882年(明治15年)に陸軍大学校に入学し、1885年(明治18年)に卒業。その後、参謀本部員や近衛師団の参謀などを歴任。1894年(明治27年)の日清戦争では、第2軍参謀として従軍し、旅順要塞攻略戦で活躍した。

1904年(明治37年)の日露戦争では、第4軍参謀長として従軍。遼陽会戦や奉天会戦などで活躍し、功績を挙げた。戦争後、陸軍少将に昇進し、近衛師団長に任命される。

1910年(明治43年)、陸軍中将に昇進。第1師団長や関東都督府司令長官などを歴任。1915年(大正4年)に陸軍大将に昇進し、参謀総長に任命される。

1918年(大正7年)に参謀総長を退任し、予備役に編入される。しかし、1923年(大正12年)に関東大震災が発生すると、戒厳司令官に任命され、災害救助にあたった。

1925年(大正14年)、薨去。享年63。

悲劇の最期

悲劇の最期

北白川宮成久王の「悲劇の最期」

北白川宮成久王は、陸軍軍人として、明治・大正時代に活躍した。しかし、その生涯は悲劇的な終わりを迎えた。

成久王は、1867年(慶応3年)に、閑院宮載仁親王の第二王子として生まれ、幼名は「孝宮」といった。1883年(明治16年)に、北白川宮の初代当主である北白川宮能久親王の養子となり、同宮家を継承した。

成久王は、陸軍士官学校を卒業後、1889年(明治22年)に、陸軍少尉に任官した。その後、陸軍大尉まで昇進し、1894年(明治27年)に勃発した日清戦争に出征した。成久王は、この戦争で、清国軍と戦って功績を挙げた。

日清戦争後、成久王は、陸軍少佐に昇進し、陸軍参謀本部員に任命された。また、1900年(明治33年)に、欧州に派遣されて、ドイツ軍の軍事訓練を視察した。

1904年(明治37年)に、日露戦争が勃発すると、成久王は、陸軍歩兵第1旅団長として、出征した。成久王は、遼東半島での戦闘で、ロシア軍と激しく交戦した。そして、1905年(明治38年)3月8日、遼東半島の大孤山で、ロシア軍の銃弾を受けて戦死した。

成久王の死は、日本国民に大きな衝撃を与えた。成久王は、まだ38歳の若さであり、皇族として、また陸軍軍人として、将来を嘱望されていたからである。成久王の死後、彼の遺体は、東京の青山霊園に埋葬され、その死を悼む人々が、霊園に参拝した。

成久王の死は、北白川宮家にとって、大きな悲劇であった。成久王には、男子が一人もいなかったため、北白川宮家は、成久王の死をもって断絶したのである。成久王の死は、また、日本陸軍にとっても、大きな損失であった。成久王は、有能な軍人で、日露戦争の勝利に貢献した。成久王の死は、陸軍の士気を低下させ、日露戦争の早期終結を困難にした。

成久王の死は、明治・大正時代の日本に、大きな影響を与えた。成久王の死は、皇族と軍人の軌跡を象徴するものであり、また、日露戦争の悲劇を象徴するものでもある。

タイトルとURLをコピーしました