「大島徹水」(1871-1945)

「大島徹水」(1871-1945)

浄土宗の僧侶・教育者

浄土宗の僧侶・教育者

-浄土宗の僧侶・教育者-

大島徹水は、浄土宗の僧侶であり、教育者、社会活動家として活躍しました。1871年に奈良県に生まれ、1893年に東京帝国大学哲学科を卒業しました。卒業後は浄土宗の僧侶として得度し、各地の寺院で住職を務めました。また、東京帝国大学、早稲田大学、東洋大学などで仏教学や哲学を教え、多くの学生を育てました。

大島徹水は、浄土宗の改革にも尽力しました。彼は、浄土宗の伝統的な教義や儀礼を尊重しながらも、現代の社会に合った新しい仏教のあり方を模索しました。また、浄土宗の僧侶の教育にも力を入れ、僧侶の質の向上に努めました。

大島徹水は、社会活動家としても活躍しました。彼は、貧困や差別などの社会問題に取り組み、社会正義の実現に尽力しました。また、海外の仏教徒との交流にも積極的で、世界平和の実現を目指して活動しました。

大島徹水は、1945年に74歳で亡くなりました。彼の死は、浄土宗のみならず、日本の仏教界全体に大きな損失となりました。しかし、彼の残した教えは、今日でも多くの人々に受け継がれています。

-大島徹水の主な著書-

* 『浄土真宗の教理』(1910年)
* 『仏教と現代社会』(1925年)
* 『仏教と人生』(1930年)
* 『仏教と世界平和』(1940年)

京都家政女学校の校長を務める

京都家政女学校の校長を務める

京都家政女学校の校長を務める

大島徹水は、京都家政女学校の校長を2回務めました。1回目は1919年から1922年まで、2回目は1931年から1941年までです。

1回目の在任中は、学校の発展に尽力しました。校舎の増築や設備の充実、カリキュラムの拡充などを行い、学校を大きく発展させました。また、女子教育の重要性を訴え、多くの女性を教育しました。

2回目の在任中は、日本が第二次世界大戦に突入したため、学校経営は困難を極めました。しかし、大島徹水は学校を存続させ、生徒たちを教育し続けました。戦後、大島徹水は京都家政女学校の校長を退任し、名誉校長となりました。

大島徹水は、京都家政女学校の校長として、日本の女子教育に大きく貢献しました。大島徹水の尽力により、京都家政女学校は、現在でも多くの人材を輩出する名門校として知られています。

東京芝増上寺の法主となる

東京芝増上寺の法主となる

東京芝増上寺の法主となる

1916年(大正5年)に大島徹水は、東京芝増上寺の法主となりました。増上寺は、浄土宗の関東十八檀林の一つであり、徳川家の菩提寺として知られています。徹水は、ここで法主として、浄土宗の教義を広めることに努めました。

徹水は、増上寺で多くの改革を行いました。まず、境内を整備し、伽藍を改築しました。また、仏教学校を設立し、僧侶の教育に力を入れました。さらに、仏教書を出版し、一般の人々にも仏教を普及させました。

徹水の改革により、増上寺は浄土宗の中心寺院として、ますます栄えました。また、徹水は、仏教界のリーダーとして、社会問題にも積極的に発言しました。1945年(昭和20年)に、徹水は永眠しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました