大島直道-警視庁官房主事。内務省参事官になる。佐賀県,広島県の警察部長。神奈川県内務部長を歴任。

大島直道-警視庁官房主事。内務省参事官になる。佐賀県,広島県の警察部長。神奈川県内務部長を歴任。

大島直道の生い立ちと経歴

大島直道の生い立ちと経歴

大島直道の生い立ちと経歴

大島直道は、1873年(明治6年)3月22日に佐賀県佐賀市に生まれました。1895年(明治28年)に帝国大学法科大学を卒業し、警視庁に入り、警部補、警部、警視、警視正、警視監を歴任しました。1909年(明治42年)に内務省参事官に任命され、1912年(大正元年)に佐賀県警察部長、1914年(大正3年)に広島県警察部長、1917年(大正6年)に神奈川県内務部長を歴任しました。また、1917年(大正6年)には貴族院議員に勅選されました。

大島直道は、警察官としての功績のほか、社会事業にも力を入れ、1919年(大正8年)には社会政策学会を創設し、初代会長を務めました。また、1920年(大正9年)には日本社会事業協会を創設し、初代会長を務めました。

大島直道は、1926年(大正15年)に死去しました。

大島直道の官僚としての功績

大島直道の官僚としての功績

大島直道の官僚としての功績

大島直道は、警視庁官房主事、内務省参事官、佐賀県、広島県の警察部長、神奈川県内務部長を歴任した官僚である。彼は、警察行政、地方行政において優れた手腕を発揮し、日本近代化に貢献した。

大島直道の功績の第一は、警察行政における改革である。彼は、警察官の身分保障や給与の引き上げなどを行い、警察官の待遇を改善した。また、警察官の教育訓練を充実させ、警察力の強化を図った。さらに、警察と国民との関係を改善するため、警察官の服務規律を厳格にし、国民の信頼を回復する努力をした。

大島直道の功績の第二は、地方行政における改革である。彼は、地方自治体の財政を健全化し、地方の公共事業を推進した。また、地方教育の充実を図り、地方の振興に努めた。さらに、地方自治体の発展を促進するため、地方自治体の権限を拡大する努力をした。

大島直道は、明治維新後、日本が近代化を遂げる過程において、重要な役割を果たした官僚である。彼は、警察行政、地方行政において優れた手腕を発揮し、日本近代化に貢献した。

大島直道の死とその後

大島直道の死とその後

-大島直道の死とその後-

大島直道は、1945年(昭和20年)8月15日の終戦の日に、神奈川県内務部長官舎で自決した。享年55歳であった。

大島直道は、内務省の官僚であり、警察畑を歩んできた。佐賀県、広島県、神奈川県の警察部長を歴任し、神奈川県内務部長まで務めた。しかし、戦後、GHQにより公職追放となり、失意のうちに自決した。

大島直道の死後、彼の功績を偲び、神奈川県警は「大島直道顕彰碑」を建立した。また、神奈川県警察本部には、大島直道の遺品を展示する「大島直道記念室」がある。

現在、大島直道の名は、神奈川県警察のシンボルとして親しまれている。県庁所在地である横浜市には、大島直道の名を冠した「大島記念館」がある。また、県内の多くの警察署には、大島直道の肖像画が飾られている。

大島直道は、戦乱の時代にあって、治安維持に尽力した警察官であった。彼の功績は、現在も神奈川県警察によって受け継がれている。

タイトルとURLをコピーしました