徳大寺公城 

徳大寺公城 

徳大寺公城の生涯

徳大寺公城の生涯

徳大寺公城の生涯

徳大寺公城は、1883年(明治16年)に東京に生まれた。父は徳大寺実則、母は鷹司房子。公城は、学習院初等科、中等科、高等科を経て、東京帝国大学法学部に入学した。1908年(明治41年)に東京帝国大学を卒業し、外務省に入省した。

公城は、外務省に入省後、イギリス、フランス、ドイツ、アメリカ合衆国に赴任した。第一次世界大戦中は、駐アメリカ合衆国大使館一等書記官を務めた。1919年(大正8年)に帰国し、外務省欧米局長に就任した。

1920年(大正9年)に、公城は外務省を退職し、政界入りした。立憲政友会に入党し、1924年(大正13年)に衆議院議員に当選した。公城は、衆議院議員として、外務、内務、大蔵などの各省の政務次官を歴任した。

1931年(昭和6年)に、公城は犬養毅内閣の外務大臣に就任した。公城は、外務大臣として、満州事変の処理に当たった。公城は、満州事変を日本の正当防衛であると主張し、国際連盟からの脱退を決定した。

1932年(昭和7年)に、公城は犬養毅内閣が総辞職したため、外務大臣を辞任した。その後、公城は、貴族院議員に勅任された。

公城は、1936年(昭和11年)に死去した。享年53。

徳大寺公城の功績

徳大寺公城の功績

徳大寺公城の功績

徳大寺公城は、日本の政治家、華族。伯爵、貴族院議員、農商務大臣、文部大臣、内務大臣を歴任した。

徳大寺公城の功績は多岐にわたるが、特に次のようなことが挙げられる。

・農商務省の創設
徳大寺公城は、1881年に初代農商務大臣に就任し、農商務省を創設した。農商務省は、農林水産業と商工業を所管する官庁であり、日本の近代化に大きな役割を果たした。

・東京帝国大学の設立
徳大寺公城は、1886年に初代文部大臣に就任し、東京帝国大学を設立した。東京帝国大学は、日本の最高学府であり、多くの優秀な人材を輩出した。

・地方制度の改革
徳大寺公城は、1890年に初代内務大臣に就任し、地方制度を改革した。地方制度の改革により、地方自治体が確立され、日本の民主化が促進された。

・日清戦争の勝利
徳大寺公城は、1894年に日清戦争が勃発すると、内務大臣として戦争を指導した。日清戦争は、日本の勝利に終わり、日本は列強の一員となった。

・台湾の統治
徳大寺公城は、1895年に台湾総督に就任し、台湾を統治した。徳大寺公城は、台湾の近代化を推進し、台湾の発展に貢献した。

以上のように、徳大寺公城は、日本の近代化に大きな功績を残した政治家である。

徳大寺公城の逸話

徳大寺公城の逸話

徳大寺公城の逸話

徳大寺公城は、江戸時代後期の公卿であり、歌人でもありました。
僧侶である国恩寺の住職を継承し、のち、京都の東本願寺別院の住職に転任、後に東京の吉祥寺住職に任命された。そして、1895年(明治28年)には大僧正の位を授与されました。

徳大寺公城は、多くの逸話を残しています。そのいくつかを紹介します。

・歌人としての徳大寺公城

徳大寺公城は、歌人としても知られており、多くの和歌を残しています。
その和歌は、情熱的で、かつ優美な作風が特徴です。
和歌は、徳大寺公城の生涯を通しての大きな慰めであったと言われています。

・俳人としての徳大寺公城

徳大寺公城は、俳人としても活躍しました。
その俳句は、ユーモラスで、かつ風流な作風が特徴です。
俳句は、徳大寺公城の日常の生活を彩るものであったと言われています。

・政治家としての徳大寺公城

徳大寺公城は、政治家としても活躍しました。
その政治活動は、主に維新政府において行われました。
維新政府において、徳大寺公城は、さまざまな要職を務め、日本の近代化に貢献しました。

・教育者としての徳大寺公城

徳大寺公城は、教育者としても活躍しました。
その教育活動は、主に京都の同志社大学において行われました。
同志社大学において、徳大寺公城は、多くの学生を教え、日本の近代化に貢献しました。

徳大寺公城は、その生涯において、多くの功績を残した偉人です。
その逸話は、徳大寺公城の人柄と生き方を垣間見せてくれます。

タイトルとURLをコピーしました