大島久直 – 明治・大正時代の軍人

大島久直 – 明治・大正時代の軍人

軍歴と功績

軍歴と功績

-# 軍歴と功績

大島久直は、1860年に現在の千葉県八日市場市で生まれました。1878年に陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉として陸軍に配属されました。その後、日清戦争と日露戦争に従軍し、功績を上げました。

日清戦争では、歩兵第1連隊の大隊長として遼東半島に上陸し、清国軍と戦いました。金州の戦いでは、敵の猛攻を撃退し、勝利に貢献しました。また、旅順攻囲戦では、第2次総攻撃に参加し、旅順を陥落させました。

日露戦争では、歩兵第2旅団の旅団長として遼東半島に上陸し、ロシア軍と戦いました。遼陽会戦では、ロシア軍の攻撃を撃退し、勝利に貢献しました。また、奉天会戦では、第3軍の総参謀長として、ロシア軍を撃破し、勝利に貢献しました。

大島久直は、日清戦争と日露戦争での功績により、陸軍大将に昇進し、男爵を叙爵されました。また、1914年から1915年まで、陸軍大臣を務めました。

大島久直は、1924年に死去しました。彼の功績は、今日でも多くの日本人から称賛されています。

台湾総督府参謀長の経歴

台湾総督府参謀長の経歴

– 台湾総督府参謀長の経歴

大島久直は、1896年(明治29年)に台湾総督府参謀長に任命されました。彼は、この職に就く前に、陸軍士官学校を卒業し、歩兵第4連隊の連隊長を務めていました。また、日清戦争にも出征し、功績をあげています。

台湾総督府参謀長としての彼の任務は、台湾の治安維持と国防でした。彼は、台湾に駐屯する軍隊を指揮し、台湾人の反抗運動を鎮圧しました。また、清国や日本との外交交渉にも携わりました。

大島久直は、1901年(明治34年)に台湾総督府参謀長を辞任し、陸軍省参謀本部第1局長に任命されました。その後、陸軍次官を務め、1912年(大正元年)には陸軍大臣に就任しました。

大島久直は、日本の近代化に貢献した軍人であり、台湾の統治にも大きな役割を果たしました。彼は、1916年(大正5年)に死去しました。

日露戦争で旅順攻撃に参加

日露戦争で旅順攻撃に参加

日露戦争で旅順攻撃に参加

大島久直は、日露戦争において旅順攻撃に参加した。旅順は、遼東半島の先端にある要塞都市であり、ロシアが租借地として支配していた。日本は、旅順を攻略することで、ロシアの太平洋艦隊を分断し、日本海での優位を確保することを目指していた。

1904年8月、日本軍は旅順を攻撃を開始した。大島久直は、第1師団の歩兵第2旅団長として、旅順の東正面を担当した。第1師団は、旅順の東にある高地を占領し、ロシア軍の砲台を破壊することに成功した。

しかし、ロシア軍は、旅順に強力な要塞を築いており、日本の攻撃を激しく阻止した。日本軍は、多くの死傷者を出したが、旅順の攻略を諦めなかった。1905年1月、日本軍は、ついに旅順を攻略することに成功した。

旅順攻略戦は、日露戦争の重要な転機となった。日本軍は、旅順を攻略することで、ロシアの太平洋艦隊を分断し、日本海での優位を確保することに成功した。また、旅順攻略戦は、日本軍の士気を高め、ロシア軍の士気を低下させることになった。

旅順攻略戦における大島久直の功績は高く評価されている。大島久直は、旅順攻略戦で示した勇気と指揮能力により、陸軍大将に昇進した。大島久直は、その後、陸軍大臣や参謀総長を歴任し、日本の軍制改革に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました