– 斉子内親王(2)について

– 斉子内親王(2)について

斉子内親王の生涯

斉子内親王の生涯

斉子内親王の生涯

斉子内親王は、仁明天皇の第一皇女として、承和15年(848年)に誕生しました。母は、左兵衛督源常の娘・源潔姫です。斉子内親王は、仁明天皇の寵愛を受け、幼少期から聡明で美しいことで知られていました。

承和16年(849年)、斉子内親王は、3歳で斎院に卜定されました。斎院とは、伊勢神宮に奉仕する未婚の皇族女子のことで、斉子内親王は、仁明天皇の勅命により、8歳のときに伊勢に下向しました。斉子内親王は、斎院として、伊勢神宮に奉仕し、仁明天皇の冥福を祈りました。

貞観11年(869年)、斉子内親王は、22歳で斎院を退下しました。退下後は、京に戻り、仁寿殿に住みました。斉子内親王は、仁寿殿で、読書と和歌を好み、多くの歌を残しました。また、斉子内親王は、仏教にも帰依し、仏教の教えを学びました。

貞観18年(876年)、斉子内親王は、29歳で薨去しました。薨去後、斉子内親王は、仁明天皇の陵墓である桃園陵に葬られました。

斉子内親王は、平安時代初期に活躍した皇族女子です。斉子内親王は、聡明で美しい女性であり、斎院として伊勢神宮に奉仕し、仁明天皇の冥福を祈りました。また、斉子内親王は、仏教にも帰依し、仏教の教えを学びました。斉子内親王は、平安時代初期の皇族女子として、重要な役割を果たしました。

斉子内親王の家族と経歴

斉子内親王の家族と経歴

-斉子内親王の家族と経歴-

斉子内親王は、平安時代の皇族であり、天長4年(827年)に仁明天皇の第二皇女として誕生しました。母親は藤原順子で、藤原冬嗣の娘でした。斉子内親王には、姉に正子内親王、弟に道康親王、惟喬親王、時康親王、惟仁親王、在原行平、在原業平、在原棟梁、在原清行、在原安行、在原有行、在原業行がいました。

斉子内親王は、幼少期から容姿端麗で聡明なことで知られていました。仁明天皇は、斉子内親王をとても可愛がっており、斉子内親王が16歳の時に左大臣藤原良房と結婚させました。藤原良房は、藤原冬嗣の次男で、仁明天皇の皇后藤原順子の異母弟でした。斉子内親王と藤原良房の間には、8人の子供が生まれました。

藤原良房は、858年に太政大臣に就任し、斉子内親王は皇后となりました。藤原良房は、権勢を振るい、斉子内親王も夫の権勢を背景に、宮廷で大きな影響力を持っていました。斉子内親王は、876年に49歳で亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました