「喜多親能」

「喜多親能」

喜多親能とは?

喜多親能とは?

-「喜多親能」とは?-

喜多親能とは、戦国時代に活躍した武将です。美濃国の戦国大名・斎藤道三の重臣として仕え、数々の戦いで功績を上げました。後には斎藤家の家督を継いで斎藤道三となりました。

喜多親能は、永正11年(1514年)に美濃国加茂郡喜多村(現・岐阜県美濃加茂市)に生まれました。若い頃は、斎藤道三の傘下で戦功を上げ、次第に出世していきました。

天文11年(1542年)、斎藤道三が美濃国の守護・土岐頼芸を討ち取って美濃国を統一すると、喜多親能は斎藤家の家老となりました。その後、斎藤道三は、信濃国への侵攻を開始し、小笠原氏や武田氏と戦いました。喜多親能は、これらの戦いで斎藤道三を支え、数々の功績を上げました。

天文21年(1552年)、斎藤道三が信濃国で戦死すると、喜多親能は斎藤家の家督を継ぎ、斎藤道三となりました。斎藤道三は、美濃国を統一し、信濃国や尾張国にも侵攻して勢力を拡大しました。しかし、永禄10年(1567年)、斎藤道三は、織田信長の軍に敗れて稲葉山城(現・岐阜県岐阜市)を奪われ、美濃国を追放されました。

斎藤道三は、美濃国を追放された後、近江国(現・滋賀県)に逃れ、織田信長に臣従しました。しかし、永禄12年(1569年)、斎藤道三は、織田信長の家臣・明智光秀の謀反によって殺害されました。

斎藤道三の死後、斎藤家は衰退し、美濃国は織田信長の領国となりました。喜多親能は、斎藤道三の死後、織田信長に仕えましたが、天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が横死すると、織田家を離れました。その後、喜多親能は、豊臣秀吉に仕え、文禄・慶長の役にも従軍しました。

喜多親能は、慶長5年(1600年)に死去しました。享年87歳でした。

喜多親能の生涯

喜多親能の生涯

– 喜多親能の生涯

喜多親能(きた ちかよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。三好氏の家臣。三好三人は喜多親能を「木戸」と呼び、下知を行っていた。

出生

喜多親能は、永正14年(1517年)、三好長慶の重臣であった喜多弥九郎の子として生まれる。

三好氏への出仕

天文7年(1538年)、父・弥九郎が三好長慶に仕えていたことから、親能も長慶に仕える。

三好三人衆の一人として

天文21年(1552年)、長慶が細川晴元を破り、畿内を制圧すると、親能は三好三人衆の一人として、長慶を補佐する。

[出典]
– Wikipedia「喜多親能」
– 戦国武将列伝「喜多親能」

喜多親能の功績

喜多親能の功績

-喜多親能の功績-

* -河内源氏との同盟-

喜多親能は、河内源氏を率いる源頼朝と同盟を結び、平氏打倒に貢献しました。1180年、頼朝が挙兵した際、親能は鎌倉へ参上して頼朝に臣従しました。その後、親能は頼朝の指示で平氏方の拠点である摂津国(現在の兵庫県)を攻撃し、平氏を撃破しました。

* -平氏打倒-

1185年、頼朝は平氏との最終決戦である壇ノ浦の戦いで勝利し、平氏を滅亡させました。親能は壇ノ浦の戦いに先立って、頼朝に「平氏打倒後は河内を支配することを認めてほしい」と要請しており、頼朝もこれを認めました。

* -河内の支配-

壇ノ浦の戦後、親能は河内を支配することになりました。親能は河内守護に任命され、河内国の裁判を司る権限を与えられました。親能は河内で支郡を建設し、河内の治安を守りました。また、親能は河内で寺社を建立し、河内の文化発展にも貢献しました。

* -源頼朝の死後-

1199年に頼朝が亡くなると、親能は鎌倉幕府の重鎮として活躍しました。親能は3代将軍源実朝の側近として仕え、実朝の政治を支えました。しかし、1203年に実朝が暗殺されると、親能は鎌倉幕府の権力を失いました。

* -最期-

1205年、親能は鎌倉で病死しました。享年55歳でした。親能の死後、河内は親能の嫡男である喜多能氏が継承しました。喜多能氏は河内守護として活躍し、河内の支配を確立しました。

タイトルとURLをコピーしました