安宅康重:戦国-織豊期の名将

安宅康重:戦国-織豊期の名将

安宅康重とは

安宅康重とは

-安宅康重とは-

安宅康重(あんたく やすしげ)は、戦国時代後期から織豊時代にかけての武将。安宅氏12代当主。豊臣秀吉の家臣。
安宅氏は、近江蒲生郡安宅(現在の滋賀県東近江市安土町)を拠点とした武家で、代々佐々木六角氏の家臣であった。康重は、安宅氏11代当主・安宅冬重の子として生まれる。
康重は、若い頃から勇猛果敢で知られ、六角氏に仕えて戦功を挙げた。特に、1570年の観音寺城の戦いで、織田軍の猛攻を食い止めた功績は顕著であった。
しかし、1573年に六角氏が織田信長に降伏すると、康重も織田氏に仕えるようになった。康重は、織田氏の家臣として、伊勢長島一向一揆の平定、越前一向一揆の平定、毛利氏との戦いなどに参加し、功績を挙げた。
1582年の本能寺の変の後、康重は豊臣秀吉に仕えた。秀吉は、康重の武勇を高く評価し、近江国蒲生郡内で1万石を与えた。康重は、秀吉の九州征伐、小田原征伐に参加し、功績を挙げた。
1592年、康重は文禄の役に出陣し、朝鮮に渡った。康重は、碧蹄館の戦い、晋州城攻防戦に参加し、功績を挙げた。しかし、1593年に晋州城で戦死した。
康重は、戦国-織豊期の名将として知られている。康重は、勇猛果敢で、戦功を多く挙げた武将である。また、康重は、主君に忠実で、家臣思いの良い領主でもあった。

安宅康重の生涯

安宅康重の生涯

– 安宅康重の生涯

安宅康重は、戦国-織豊期の名将として知られる人物です。越後国(現在の新潟県)の出身で、上杉謙信の配下として活躍しました。その後、織田信長に仕え、本能寺の変後は豊臣秀吉の家臣となりました。安宅康重の生涯を、以下にまとめます。

-# 生い立ち

安宅康重は、永禄4年(1561年)、越後国に生まれました。父親は安宅信康、母親は上杉謙信の妹という説があります。安宅康重は、幼少期から武芸を学び、15歳のときには上杉謙信の軍に従って戦いました。

-# 上杉謙信の配下として

安宅康重は、上杉謙信の配下として、幾多の戦いに参加しました。川中島の戦いでは、武田信玄の軍勢を相手に奮戦し、上杉謙信の勝利に貢献しました。また、越中一向一揆の鎮圧にも参加しました。

-# 織田信長の配下として

天正6年(1578年)、安宅康重は上杉謙信の死後、織田信長に仕えました。安宅康重は、織田信長の軍に従って、甲斐国(現在の山梨県)の武田勝頼を破り、越後国を平定しました。

-# 本能寺の変後

本能寺の変後、安宅康重は豊臣秀吉に仕えました。安宅康重は、豊臣秀吉の軍に従って、九州平定、小田原征伐に参加しました。また、文禄・慶長の役にも参加し、朝鮮半島で戦いました。

-# 死去

安宅康重は、慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで戦死しました。享年40歳でした。安宅康重は、その勇猛果敢な戦いぶりから、戦国-織豊期の名将として名を残しました。

安宅康重の功績と死

安宅康重の功績と死

– 安宅康重の功績と死

安宅康重は、戦国時代から織豊時代の武将であり、羽柴秀吉の天下統一に大きく貢献した。

康重は、近江国安宅庄(現在の滋賀県高島市安曇川町)に生まれた。15歳で筒井順慶に仕え、順慶の死後は羽柴秀吉に仕えた。秀吉の中国攻めや九州攻めに従軍し、功績を上げた。

1592年(文禄元年)、秀吉の朝鮮出兵に従軍し、朝鮮半島南部で活躍。1593年(文禄2年)に、朝鮮半島の蔚山に築城された蔚山倭城の総大将に任命された。

蔚山倭城は、朝鮮軍や中国軍の攻撃に遭い、苦戦を強いられた。しかし、康重は持ち前の勇猛果敢さで、敵軍を撃退し、蔚山倭城を守り抜いた。

1598年(慶長3年)、秀吉の死後、康重は五大老の1人となった。しかし、康重は豊臣秀頼に仕えることを拒否し、徳川家康に帰参した。

1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いで、康重は東軍として参戦し、西軍を破った。戦後、康重は越後国高田藩10万石の大名となった。

1613年(慶長18年)、康重は63歳で死去した。康重は、戦国-織豊期の名将として知られ、その功績は後世に伝えられている。

タイトルとURLをコピーしました