「安宅頼藤」

「安宅頼藤」

生没年不詳

生没年不詳

# -安宅頼藤(あんたくよりふじ)-

– 生没年不詳

安宅頼藤の生没年は不詳である。平安時代末期から鎌倉時代初期の武将であり、源頼朝の御家人として活躍した。

甲斐源氏の祖である源頼基の三男として誕生する。弟に安田義定などがいる。

治承4年(1180年)に頼朝が挙兵すると、頼藤はこれに従い、富士川の戦い、石橋山の戦い、一の谷の戦いなどの合戦で活躍した。

頼朝の死後は、頼家の家臣として仕え、建久4年(1193年)には、源頼家の代理として、鎌倉に滞在して政務を総覧した。

その後、頼家の失脚後は、北条氏に仕え、建保6年(1218年)には、和田合戦で北条氏を助けて、和田義盛を討った。

頼藤は、承久の乱にも参加し、北条泰時の指揮下で、承久2年(1222年)に六波羅探題軍を破って、京都に入城した。

頼藤の死没年は不詳であるが、承久3年(1223年)の時点で、すでに亡くなっていたとみられる。

頼藤は、頼朝、頼家、北条氏に仕えた名将であり、鎌倉幕府の成立と発展に貢献した。

阿波細川氏と交戦

阿波細川氏と交戦

-阿波細川氏と交戦-

安宅頼藤は、阿波国(現在の徳島県)の豪族である阿波細川氏と交戦した。阿波細川氏は、阿波国守護を務める有力な一族であり、頼藤は阿波国を支配下に置くために阿波細川氏と争うことになった。

頼藤と阿波細川氏の争いは、1292年に始まった。この年、頼藤は阿波国守護に任命され、阿波国に下向した。しかし、阿波細川氏は頼藤の任命を認めず、頼藤と阿波細川氏は交戦状態に入った。

頼藤と阿波細川氏の争いは、数年間にわたって続いた。頼藤は阿波細川氏を破るために、阿波国に軍勢を派遣したが、阿波細川氏は頼藤の軍勢を撃退し、頼藤は阿波国を制圧することができなかった。

1301年、頼藤は阿波国守護を辞任した。これにより、頼藤と阿波細川氏の争いは終結した。頼藤は阿波国を支配することができなかったが、阿波細川氏も頼藤を屈服させることはできなかった。

頼藤と阿波細川氏の争いは、阿波国を巡る権力争いであった。頼藤は阿波国守護に任命されたことで、阿波国を支配下に置こうとした。しかし、阿波細川氏は頼藤の任命を認めず、両者は交戦状態に入った。争いは数年間にわたって続いたが、最終的に両者は和解し、争いは終結した。

淡路由良城に居住

淡路由良城に居住

「安宅頼藤」
淡路由良城に居住

承久の乱後、頼藤は淡路国由良城に居住した。由良城は、淡路島の北端に位置する山城で、頼藤はここで軍勢を整え、再起を図った。

頼藤は、淡路島を拠点として、周辺の諸国を攻撃し、勢力を拡大した。頼藤の軍勢は、紀伊国、和泉国、河内国などを攻撃し、これらの国の豪族を臣下に加えた。

頼藤の勢力は、次第に拡大し、朝廷も頼藤を討伐することができなくなった。頼藤は、淡路島を拠点として、朝廷と対立し、鎌倉幕府の打倒を目指した。

しかし、頼藤の勢力は、長続きしなかった。頼藤は、元弘3年(1333年)、鎌倉幕府の軍勢に攻められ、敗北した。頼藤は、淡路島から逃亡し、九州に逃れた。

頼藤は、九州で再起を図ったが、失敗した。頼藤は、延元4年(1339年)、九州で捕らえられ、鎌倉に送られた。頼藤は、鎌倉で処刑された。

頼藤の死後、淡路島は、鎌倉幕府の支配下に入った。頼藤の勢力は、完全に滅亡した。

タイトルとURLをコピーしました