城多虎雄 – 明治時代の新聞人

城多虎雄 – 明治時代の新聞人

城多虎雄の生涯

城多虎雄の生涯

城多虎雄の生涯

城多虎雄は、1842年(天保13年)に、肥後国八代郡(現・熊本県八代市)に生まれました。父は城多虎吉、母は梅です。幼い頃は、郷里の寺子屋で学び、その後、熊本藩の藩校である時習館に入学しました。時習館では、儒学や兵学を学び、また、英語やオランダ語も勉強しました。

1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、城多虎雄は、熊本藩の軍に加わり、戊辰戦争では功績を上げています。戊辰戦争後は、熊本藩の会計官を務めましたが、1871年(明治4年)に、廃藩置県により熊本藩が解体されると、熊本県に出仕しました。

熊本県に出仕後は、県庁の様々な役職を歴任し、1874年(明治7年)には、熊本県参事となりました。熊本県参事として、城多虎雄は、県の近代化に尽力し、特に教育と産業の発展に力を入れました。

1878年(明治11年)には、熊本県参事を辞任し、翌1879年(明治12年)に、東京に移り住みました。東京では、新聞記者として活動し、1881年(明治14年)には、新聞「東京日日新聞」を創刊しました。

東京日日新聞は、自由民権運動を支持する新聞として知られ、城多虎雄は、自由民権運動の指導者の一人として活躍しました。また、城多虎雄は、新聞記者として、政府の腐敗や不公正を批判し、社会改革を訴えました。

城多虎雄は、1898年(明治31年)に、東京で亡くなりました。享年56歳でした。城多虎雄は、明治時代の新聞人として、言論の自由と社会改革を訴え続け、日本の近代化に貢献した人物です。

城多虎雄の新聞人としての実績

城多虎雄の新聞人としての実績

-城多虎雄の新聞人としての功績-

城多虎雄は、明治時代の新聞人で、横浜毎日新聞の創業者であり、日本のジャーナリズムの父と呼ばれています。

城多虎雄は、1853年に長崎に生まれました。幼少期から学問に秀で、18歳で長崎新聞の記者となりました。その後、東京に出て、朝日新聞の前身である東京日日新聞の記者を務めました。

1871年、城多虎雄は横浜毎日新聞を創刊しました。横浜毎日新聞は、日本の最初の民間新聞であり、城多虎雄は日本の新聞界の先駆者となりました。

横浜毎日新聞は、政府の弾圧を受けながらも、言論の自由を貫き、明治維新の立役者である大久保利通や木戸孝允らの支援を受け、日本の近代化に貢献しました。

城多虎雄は、1897年に亡くなりましたが、彼の功績は日本の新聞界に大きな影響を与え、日本のジャーナリズムの発展に貢献しました。

-横浜毎日新聞の創刊-

城多虎雄が横浜毎日新聞を創刊したのは、1871年11月25日でした。横浜毎日新聞は、日本の最初の民間新聞であり、城多虎雄は日本の新聞界の先駆者となりました。

横浜毎日新聞は、当初は横浜の外国人向けに発行されていましたが、次第に日本人の読者も増え、日本の新聞界をリードする存在となりました。

横浜毎日新聞は、政府の弾圧を受けながらも、言論の自由を貫き、明治維新の立役者である大久保利通や木戸孝允らの支援を受け、日本の近代化に貢献しました。

-言論の自由の確立-

城多虎雄は、言論の自由を貫くために、政府の弾圧に抵抗しました。横浜毎日新聞は、政府の政策を批判する記事を掲載したことで、たびたび政府から弾圧を受けましたが、城多虎雄は屈することなく、言論の自由を主張し続けました。

城多虎雄の努力によって、日本では言論の自由が確立され、新聞は国民の知る権利を守る重要な役割を果たすようになりました。

-ジャーナリズムの父-

城多虎雄は、日本の新聞界の先駆者であり、日本のジャーナリズムの父と呼ばれています。城多虎雄は、横浜毎日新聞を創刊し、言論の自由を貫くことで、日本の新聞界の発展に貢献しました。

城多虎雄の功績は、日本の新聞界に大きな影響を与え、日本のジャーナリズムの発展に貢献しました。

マルクスの『共産党宣言』を紹介した城多虎雄

マルクスの『共産党宣言』を紹介した城多虎雄

-マルクスの『共産党宣言』を紹介した城多虎雄-

城多虎雄は、明治時代初期の日本の新聞人、政治家です。彼は1840年(天保11年)に、現在の東京都台東区上野に生まれました。1860年(万延元年)に、横浜の英字新聞「ジャパン・ヘラルド」の記者となり、1868年(明治元年)に、日本語の新聞「郵便報知新聞」を創刊しました。

城多虎雄は、自由民権運動の指導者の一人として活躍し、1881年(明治14年)には、第1回帝国議会の衆議院議員に当選しました。彼は、在職中は、政府の政策を批判し、民権拡大を求めて活動しました。

城多虎雄は、ジャーナリストとして、マルクスの『共産党宣言』を日本に紹介した人物としても知られています。彼は、1872年(明治5年)に、イギリスの新聞「タイムズ」に掲載された『共産党宣言』の抄訳を、「郵便報知新聞」に掲載しました。これは、マルクスの『共産党宣言』が日本に紹介された初めての例でした。

城多虎雄は、1884年(明治17年)に、44歳で亡くなりました。

-城多虎雄の思想-

城多虎雄の思想は、自由主義と社会主義の二つが混在していました。彼は、自由民権運動の指導者の一人として、人民の自由と権利の拡大を求めて活動しました。しかし、同時に、彼は、資本主義の弊害を認識しており、社会主義の思想にも共感していました。

城多虎雄は、マルクスの『共産党宣言』を紹介した人物としても知られていますが、彼は、マルクスの思想をすべて支持していたわけではありません。彼は、マルクスの唯物史観を批判し、人間には自由意志があると主張していました。

城多虎雄の思想は、自由主義と社会主義の二つが混在した、独特の思想でした。彼は、自由と平等を理想とする人物であり、日本の近代化に貢献した人物の一人として評価されています。

タイトルとURLをコピーしました