自由民権運動家 大島正義

自由民権運動家 大島正義

相模の豪農から県会議員へ

相模の豪農から県会議員へ

-相模の豪農から県会議員へ-

大島正義は、1837年に相模国(現在の神奈川県)津久井郷根小屋村(現在の相模原市緑区根小屋)の豪農の家に生まれた。家は代々名主を務めていたが、正義の代で家督を継いだ後に学問の道に進み、江戸で塾を開いていた。しかし、1867年に明治維新が起こると、正義は帰郷して政治活動を開始した。1870年、正義は神奈川県会議員に選出され、自由民権運動の中心人物として活躍した。正義は、1874年に起きた相模国と武蔵国の県境問題では、神奈川県側の立場を擁護して国に陳情し、県境の変更を阻止した。また、1875年に起きた秩父事件では、政府の弾圧に抗議して県会議員を辞職した。

1876年、正義は自由党を結成し、初代総理に就任した。自由党は、民権を拡張し、立憲君主制を確立することを目指していた。正義は、1877年に起きた西南戦争では、政府軍の弾圧に抗議して再び県会議員を辞職し、自由党を解散した。その後、正義は、1880年に東京府会議員に選出され、1881年に第1回衆議院議員総選挙で東京府第7区から立候補し、当選した。正義は、衆議院議員として、民権運動を推進した。1885年に、正義は東京府会議長の職を辞して、朝鮮に渡った。朝鮮では、独立運動を支援し、1889年に帰国した。

正義は、1890年に東京府会議員に再選され、1892年に衆議院議員に再選された。しかし、1895年に、正義は病気のために衆議院議員を辞職した。正義は、1896年に死去した。

小笠原東陽に師事し、武相懇親会に参加

小笠原東陽に師事し、武相懇親会に参加

-小笠原東陽に師事し、武相懇親会に参加-

大島正義は、1848年(嘉永元年)に甲斐国山梨郡日下部村(現在の山梨県富士吉田市)に生まれた。幼名は徳三郎。家は代々庄屋を務める名家であった。1863年(文久3年)に父を亡くし、16歳で家督を相続した。

大島は、1868年(明治元年)に甲斐国庁の少属として出仕し、維新政府に仕えた。しかし、まもなく職を辞して帰郷し、自由民権運動に参加した。1873年(明治6年)に、小笠原東陽が主宰する自由民権結社「武相懇親会」に参加した。

小笠原東陽は、下野国(現在の栃木県)出身の自由民権運動家で、1870年(明治3年)に自由民権結社「武蔵懇親会」を結成した。1873年(明治6年)に、武蔵懇親会と相模国(現在の神奈川県)の自由民権結社「相模懇親会」が合併して「武相懇親会」が結成された。武相懇親会は、自由民権運動の中心的な結社の一つで、大島は武相懇親会に参加することで、自由民権運動に本格的に参画することとなった。

武相懇親会は、1874年(明治7年)に開催された「大阪会議」に参加し、自由民権運動の全国組織である「愛国社」の結成に関与した。大島も愛国社の結成に参加し、愛国社の役員に選出された。

愛国社は、自由民権運動の中心的な組織として、国会開設請願運動などを展開した。大島も国会開設請願運動に参加し、1875年(明治8年)に開催された「大阪会議」に参加した。大阪会議では、国会開設請願運動を強化するため、自由党の結成が決定された。大島は自由党の結成に参加し、自由党の党員となった。

自由党は、1876年(明治9年)に結成され、大島は自由党の党員として、国会開設請願運動を展開した。しかし、1877年(明治10年)に西南戦争が勃発すると、自由党は政府軍と対立し、大島も西南戦争に参加した。西南戦争は、政府軍の勝利に終わり、自由党は壊滅的な打撃を受けた。大島も西南戦争に敗れ、1878年(明治11年)に逮捕された。

大島は、1879年(明治12年)に釈放されたが、その後も自由民権運動に参加し、国会開設請願運動を展開した。1881年(明治14年)に国会が開設されると、大島は衆議院議員に当選し、国会議員として活躍した。大島は、1892年(明治25年)に死去するまで、自由民権運動と国会開設運動に尽力した。

蚕の温暖飼育法の普及と蚕種の改良

蚕の温暖飼育法の普及と蚕種の改良

蚕の温暖飼育法の普及と蚕種の改良

大島正義は、自由民権運動家として活躍する傍ら、蚕の飼育法や蚕種の改良にも尽力しました。

1873年、大島は、フランスで蚕の温暖飼育法を学び、帰国後、これを普及させるために奔走しました。温暖飼育法とは、蚕を一定の温度と湿度に保った飼育室で飼育する方法で、従来の飼育法に比べて蚕の病気を防ぐことができ、繭の品質も向上させることができました。

また、大島は、蚕種の改良にも取り組んでいます。蚕種とは、蚕の卵のことですが、大島は、良質な蚕種を生産するために、蚕の交配や選抜を繰り返しました。その結果、大島は、病気に強く、繭の品質が良い蚕種を開発し、これを農家に配布しました。

大島の蚕の飼育法や蚕種の改良の取り組みは、日本の蚕糸業の発展に大きく貢献しました。また、大島の活動は、農民の生活向上にもつながり、自由民権運動の支持を広げることにもなりました。

大島は、自由民権運動家としてだけでなく、蚕の飼育法や蚕種の改良にも尽力した、日本の近代化に貢献した人物でした。

タイトルとURLをコピーしました