「平田三五郎」- 戦国時代の九州の武士

「平田三五郎」- 戦国時代の九州の武士

織豊時代の武士、平田三五郎とは?

織豊時代の武士、平田三五郎とは?

織豊時代の武士、平田三五郎とは?

平田三五郎は、戦国時代末期から江戸時代にかけて活躍した武将です。島津氏、豊臣氏、徳川氏に仕えた九州の武士で、賤ヶ岳の戦い、九州平定、朝鮮出兵などの戦いに参加しました。

平田三五郎は、永禄3年(1560年)に薩摩国祁答院(現在の鹿児島県霧島市)で生まれました。父は平田氏の一族である平田忠勝、母は島津氏の支流である伊集院氏の娘でした。三五郎は幼い頃から弓術や馬術に優れ、島津義久の軍に仕えて戦功をあげました。

天正13年(1585年)、三五郎は島津氏の家臣として九州平定戦に参加しました。豊臣秀吉の軍勢を相手に奮戦し、島津氏の勝利に貢献しました。戦後、三五郎は島津義久から祁答院の地をを与えられ、島津氏の重臣となりました。

天正15年(1587年)、三五郎は豊臣秀吉の軍勢に加わり、九州平定戦に再び参加しました。秀吉の軍勢は島津氏を破り、三五郎は秀吉に降伏しました。秀吉は三五郎の武勇を気に入り、加賀国に所領を与えました。

慶長2年(1592年)、三五郎は秀吉の朝鮮出兵に参加しました。三五郎は先鋒として朝鮮半島に渡り、明軍と戦いました。三五郎は明軍を破り、漢城(現在のソウル)まで進撃しました。しかし、秀吉の死後、三五郎は日本に帰国し、加賀の国で隠居しました。

慶長19年(1614年)、三五郎は加賀の国で死去しました。享年55歳でした。三五郎は、戦国時代末期から江戸時代にかけて活躍した勇猛な武将でした。

平田三五郎と賤のおだまき

平田三五郎と賤のおだまき

-平田三五郎と賤のおだまき-

平田三五郎は、戦国時代の九州の武士です。彼は、島津氏に仕えていて、島津家の重臣として活躍しました。三五郎は、弓の名手として知られていて、敵の武将を弓で射殺したこともあるそうです。

三五郎には、賤のおだまきという妻がいました。おだまきは、とても美しい女性で、三五郎は彼女をとても愛していました。しかし、三五郎は、戦のために家を空けることが多く、おだまきと過ごす時間はほとんどありませんでした。

ある日、三五郎は、島津氏の命を受けて、肥後国に攻め込みました。三五郎は、肥後軍を破り、肥後国を平定しました。しかし、三五郎は、肥後国で戦っているときに、敵の武将に弓で射殺されてしまいました。

三五郎の死後、おだまきは、とても悲しみました。彼女は、三五郎の死を悼んで、自害しました。三五郎とおだまきの悲恋は、九州地方に伝わる有名な物語です。

三五郎とおだまきの悲恋を描いた作品は、多くあります。例えば、歌舞伎の「平田三五郎」や、映画の「賤のおだまき」があります。これらの作品は、三五郎とおだまきの悲恋を感動的に描いています。

三五郎とおだまきの悲恋は、戦国時代の九州の武士たちの生きざまを象徴しています。彼らは、常に命がけで戦っていて、いつ死ぬかわかりませんでした。しかし、彼らは、死ぬことを恐れませんでした。彼らは、武士として、死ぬことは名誉だと思っていたのです。

三五郎とおだまきの悲恋は、戦国時代の九州の武士たちの生きざまを伝える貴重な物語です。

平田三五郎の最期

平田三五郎の最期

平田三五郎の最期

平田三五郎は、戦国時代の九州の武士であり、島津氏に仕えていた。彼は、その勇猛果敢な働きで知られ、島津氏の九州統一に貢献した。しかし、彼はまた、その反抗的な性格でも知られており、島津氏に反抗したこともあった。

島津氏と平田三五郎の対立は、1578年に表面化した。この年、島津氏は、大友氏との戦いで敗北を喫し、三五郎は、この敗北の責任を島津氏に問うた。しかし、島津氏は、三五郎の責任を認めず、三五郎は、島津氏に反抗した。

三五郎の反抗は、島津氏にとって大きな脅威となった。三五郎は、島津氏の家臣団の間で大きな支持を集めており、島津氏の九州統一を妨げる可能性があった。そのため、島津氏は、三五郎を倒すために、軍勢を送った。

島津氏の軍勢は、三五郎の居城である平田城を攻撃した。三五郎は、平田城に立て籠もって、島津氏の軍勢を迎え撃った。しかし、島津氏の軍勢は、三五郎の軍勢を圧倒し、平田城は陥落した。

三五郎は、平田城から逃亡し、薩摩国へと逃れた。しかし、島津氏の軍勢は、三五郎を追撃し、薩摩国で三五郎を捕らえた。三五郎は、島津氏によって処刑された。

三五郎の死は、島津氏にとって大きな勝利となった。三五郎の死によって、島津氏の九州統一への障害は取り除かれ、島津氏は、九州統一を達成することができた。

しかし、三五郎の死は、島津氏にとっても大きな損失となった。三五郎は、島津氏にとって最も忠実な家臣の一人であり、彼の死は、島津氏にとって大きな痛手となった。三五郎の死は、島津氏の九州統一に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました