北信愛 武勇と功績

北信愛 武勇と功績

南部家家督争いにおける活躍

南部家家督争いにおける活躍

-南部家家督争いにおける活躍-

北信愛は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。南部家の家督争いで活躍し、南部家の統一に貢献しました。

南部家は、戦国時代には南部氏と九戸氏の2つの勢力が争っていました。北信愛は、九戸氏の家臣でしたが、南部氏の当主である南部信直に仕えることになりました。

信直は、北信愛の武勇と智謀を高く評価し、重臣として重用しました。北信愛は、信直の命を受けて、九戸氏との戦いで活躍し、九戸氏を滅亡させました。

九戸氏の滅亡により、南部家は統一されました。信直は、北信愛の功績を賞し、北信愛を南部家の家老に任命しました。

北信愛は、南部家の家老として、南部家の発展に尽力しました。北信愛は、南部家の領土を拡大し、南部家の財政を安定させました。また、北信愛は、南部家の家臣たちを統率し、南部家の結束を強めました。

北信愛は、1613年に死去しました。北信愛の死後、南部家は衰退しましたが、北信愛の功績は今でも南部家に語り継がれています。

豊臣秀吉の軍勢をかりて九戸政実を攻める

豊臣秀吉の軍勢をかりて九戸政実を攻める

-豊臣秀吉の軍勢をかりて九戸政実を攻める-

天正18年(1590年)、豊臣秀吉は「小田原合戦」で北条氏を降伏させ、天下を統一しました。その翌年、秀吉は「九戸政実の乱」を平定するため、北信愛に出陣を命じました。

九戸政実は、現在の岩手県北部を支配していた大名で、秀吉の天下統一に反発していました。秀吉は、政実を討伐するために、加藤清正、福島正則、黒田長政ら、総勢10万の軍勢を派遣しました。

北信愛は、秀吉の軍勢に加わり、政実の居城である九戸城を攻めました。九戸城は、難攻不落の城として知られていましたが、北信愛は、秀吉の軍勢を巧みに指揮し、九戸城を陥落させました。

政実は、九戸城を脱出して、盛岡城に逃亡しました。北信愛は、政実を追撃し、盛岡城を攻めました。盛岡城は、九戸城よりも堅固な城でしたが、北信愛は、秀吉の軍勢を巧みに指揮し、盛岡城も陥落させました。

政実は、盛岡城を脱出して、北津軽方面に逃亡しました。北信愛は、政実を追撃し、北津軽方面に攻め込みました。政実は、北津軽方面でも、北信愛の軍勢に敗北し、降伏しました。

北信愛は、政実を降伏させたことで、秀吉から「陸奥守」の官位と、豊臣姓を賜りました。また、北信愛は、政実の旧領を与えられ、大名に封じられました。

北信愛は、政実の乱を平定したことで、豊臣秀吉から高く評価され、大名に封じられました。北信愛は、その後も、秀吉の天下統一事業に貢献し、豊臣政権の有力武将として活躍しました。

盛岡藩主として九戸政実を討つ

盛岡藩主として九戸政実を討つ

盛岡藩主として九戸政実を討つ

南部氏19代直政の跡を継いで、20代愛信は南部氏の嫡流としての盛岡藩主となった。直政の死の直後、岩手、久慈、九戸は南部氏に反旗を翻した。中でも九戸政実の反乱は熾烈を極め、九戸政実は20万人の軍を動員して、盛岡城を攻めたこともある。

愛信は、まずは、直政の遺言通り、九戸氏の姻戚である遠野の阿曽沼氏に政実の説得を依頼した。阿曽沼氏からの説得により、政実は一時的には南部氏に降伏したものの、すぐに再び反旗を翻した。そのため、愛信は、政実を討つために、自らの軍勢を率いて、九戸氏の本拠地である九戸城を攻撃した。

愛信の軍勢は、九戸城を包囲し、激戦の末に、ついに政実を討ち取った。政実の死によって、九戸氏の反乱は終結し、南部氏の勢力は、岩手、久慈、九戸にまで及び、南部氏は、東北地方の有力大名として、その地位を確立した。

愛信は、九戸氏を討った功績により、豊臣秀吉から、盛岡藩を正式に与えられた。また、愛信は、小田原征伐や関ヶ原の戦いにも参陣し、豊臣氏や徳川氏からも、その武勇を称えられた。

愛信は、慶長20年(1615年)、57歳で死去した。愛信の死後、南部氏は、盛岡藩主として、代々、東北地方を治め続けた。

タイトルとURLをコピーしました