平本良充 – 江戸時代中期の武士

平本良充 – 江戸時代中期の武士

坂井郡金津奉行として離散する農民を救済

坂井郡金津奉行として離散する農民を救済

-# 坂井郡金津奉行として離散する農民を救済

坂井郡金津奉行を命じられた平本良充は、現地で離散する農民を救済するための取り組みを行った。良充は、農民たちが離散する原因を調査し、その結果、農民たちが借金や年貢の支払いに苦しんでいることが判明した。そこで、良充は、農民たちへの貸し付けを拡大し、年貢の支払いを猶予するなどの救済策を実施した。また、良充は、農民たちが新しい土地を開墾できるように支援し、農民たちの生活を安定させるための努力を行った。

良充の取り組みの結果、離散する農民の数は減少した。また、農民たちの生活も安定し、坂井郡金津奉行の支配下にある地域は、ますます繁栄していった。良充は、坂井郡金津奉行として、離散する農民を救済し、地域の発展に貢献した。

良充の取り組みは、江戸時代中期の武士の役割を示す一つの例である。良充は、農民たちの生活を改善するために、積極的に行動した。また、良充は、地域の発展のために、力を尽くした。良充は、江戸時代中期の武士の模範的な存在である。

側用人として藩政を支える

側用人として藩政を支える

-側用人として藩政を支える-

平本良充は、延享2年(1745年)、近江国大津藩士・平本良郷の子として生まれました。父の良郷は、大津藩の側用人として仕えていました。良充もまた、父の跡を継いで側用人となり、藩政を支えました。

良充は、藩主・松平綱昌に仕え、若年寄や奉行を歴任しました。そして、明和9年(1772年)、側用人に任命されました。側用人は、藩主の側近として藩政を総覧する役職で、良充は藩政の中枢を担うことになりました。

良充は、側用人として、藩財政の再建や、軍備の強化、殖産興業など、藩政の様々な分野で辣腕を振るいました。また、良充は、藩主・綱昌の信任が厚く、藩政を左右するほどの権勢を握っていました。

しかし、安永9年(1780年)、良充は突然失脚しました。詳しい理由はわかっていませんが、藩主・綱昌との対立が原因だったと考えられています。良充は、失脚後、藩を離れ、江戸で隠居しました。そして、天明7年(1787年)、江戸で死去しました。享年43歳でした。

良充は、わずか10年間の側用人時代でしたが、その間に藩政に大きな足跡を残しました。良充の功績は、大津藩の発展に大きく貢献したと言えるでしょう。

本姓・字・号などについて

本姓・字・号などについて

-平本良充 – 江戸時代中期の武士-

-本姓・字・号などについて-

平本良充は、本姓を源氏といい、字を子充、号を養春子という。江戸時代中期に活躍した武士で、紀伊藩の藩士であった。

良充は、寛保2年(1742年)に紀伊国和歌山城下に生まれた。父は平本良明、母は井伊氏である。良充は幼少の頃から武芸に優れ、剣術、槍術、弓術などあらゆる武芸に秀でていたという。

16歳の時に紀伊藩主徳川宗直に仕官し、その後、宗直の側近として仕えた。良充は、宗直の信頼が厚く、数々の戦いで活躍した。特に、宝暦13年(1763年)に勃発した備中松山藩との争いでは、良充が大将として紀伊藩軍を率いて戦った。この戦いで、良充は敵の大将である備中松山藩主水谷勝美を討ち取り、紀伊藩の勝利に貢献した。

明和2年(1765年)に宗直が死去すると、良充は宗直の跡を継いだ徳川重倫に仕えた。重倫も良充の武勇を高く評価し、良充を重用した。良充は、重倫の側近として数々の戦いで活躍し、紀伊藩の発展に貢献した。

良充は、安永6年(1777年)に死去した。享年36歳。良充の死は、紀伊藩にとって大きな損失であり、藩内では良充を偲んで様々な行事が行われたという。

良充は、武勇に優れた名将であっただけでなく、和歌や書画にも通じた文人でもあった。良充が残した和歌や書画は、現在でも紀伊藩の宝物として保管されている。

タイトルとURLをコピーしました