叡尊 – 鎌倉時代の僧侶

叡尊 – 鎌倉時代の僧侶

律宗の復興をめざした僧侶

律宗の復興をめざした僧侶

-律宗の復興をめざした僧侶-

叡尊は、鎌倉時代初期の日本の僧侶で、律宗の復興に尽力したことで知られる。

叡尊は、1194年に京都で生まれた。父は、藤原氏の流れを汲む武士で、母は、平氏の流れを汲む女性であった。叡尊は、幼い頃から仏教に親しみ、12歳の時には、東大寺で出家した。

出家後は、東大寺で仏教を学び、18歳の時には、奈良の円成寺で律宗の戒を受けた。律宗は、戒律を重んじる宗派であり、叡尊は、その戒律を厳格に守り、仏教の教えを忠実に実践した。

叡尊は、20歳の時には、鎌倉に下り、鶴岡八幡宮の別当となった。鶴岡八幡宮は、鎌倉幕府の守護神として崇敬されていた神社であり、叡尊は、その別当として、幕府の重臣たちと親交を結んだ。

叡尊は、幕府の重臣たちと親交を結ぶことで、律宗の復興に尽力した。叡尊は、1224年に、鎌倉に律宗の寺院である、建長寺を建立した。建長寺は、律宗の総本山として、多くの僧侶が修行に訪れるようになった。

叡尊は、建長寺の建立以外にも、律宗の復興に尽力した。叡尊は、律宗の戒律をまとめた『大乗戒律』を著し、律宗の僧侶たちに、戒律を厳格に守るように教えた。また、叡尊は、律宗の僧侶たちに、仏教の教えを説き、仏教を広く普及させた。

叡尊の努力によって、律宗は、鎌倉時代初期に復興し、多くの僧侶が律宗の戒律を厳格に守り、仏教の教えを忠実に実践した。叡尊は、律宗の復興に尽力した偉大な僧侶として、今日でも尊敬されている。

各地で授戒し、貧民を救済した功績

各地で授戒し、貧民を救済した功績

叡尊- 鎌倉時代の僧侶

各地で授戒し、貧民を救済した功績

叡尊(1201~1290)は、鎌倉時代中期の僧侶、真言宗の僧である。俗名は藤原伊房。法号は大覚妙道円明国師。諡号は法灯国師。

若くして仏門に入り、13歳で出家、25歳で得度した。その後、各地を遊行して仏教の教えを広め、授戒や貧救済などの慈善活動を展開した。

授戒とは、仏教の戒律を授かることであり、仏教徒として生きるための基本的な約束事である。叡尊は、各地で授戒を行い、多くの人々に仏教の教えを伝え、仏教徒として生きることの大切さを説いた。また、授戒を行った際には、貧しい人々や困っている人々を救済するために、財物を施したり、食料を配ったりした。

叡尊の貧救済活動は、特に著名である。叡尊は、各地を遊行する中で、貧しい人々や困っている人々を数多く目にした。そこで、それらの人々を救済するために、様々な施しを行った。

例えば、叡尊は、京都の六条河原に施薬院を建立し、貧しい人々や病人に薬を施した。また、奈良の東大寺に勧学院を設立し、貧しい学生に食料や生活費を支給した。さらに、叡尊は、各地で炊き出しを行い、貧しい人々に食事を施した。

叡尊の貧救済活動は、多くの人々の命を救い、社会に大きな影響を与えた。叡尊の活動は、現代でも高く評価されており、慈善活動の模範とされている。

著作で後世に伝える教え

著作で後世に伝える教え

叡尊は、鎌倉時代の僧侶であり、律宗の復興に尽力した人物です。

彼は、多くの著作を残しており、その中で特に有名なのが「教行信証」です。

「教行信証」は、浄土宗の祖師である法然の教えを体系化したもので、浄土宗の根本経典のひとつとされています。

この著作の中で、叡尊は、法然の教えである「専修念仏」を、釈迦の説いた「四諦」と「十二因縁」に基づいて説明しています。

そして、念仏を称えることで、衆生は阿弥陀仏の救済を受け、極楽浄土に往生することができると説いています。

「教行信証」は、浄土宗の教えを広く伝えるのに大きな役割を果たし、今日でも浄土宗の僧侶によって広く読まれています。

また、叡尊は、「選択集」や「法然上人行状」などの著作も残しています。

「選択集」は、法然の弟子たちの言行をまとめたもので、法然の教えを理解する上で重要な資料となっています。

「法然上人行状」は、法然の生涯を記したもので、法然の人柄や思想を知る上で貴重な資料となっています。

叡尊は、後世に伝える著作を残したことで、浄土宗の発展に貢献した人物と言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました