戦国時代の武将「北畠材親」の人物像と事績

戦国時代の武将「北畠材親」の人物像と事績

北畠材親の生涯と生い立ち

北畠材親の生涯と生い立ち

-北畠材親の人物像と事績-

-北畠材親の生涯と生い立ち-

-北畠材親の早すぎる死-

北畠材親は、戦国時代の武将で、北畠氏第14代当主。伊賀国司・北畠政郷の子として生まれる。幼名は助九郎。

永禄12年(1569年)、父・政郷の死により家督を継ぐ。この時、材親はわずか18歳であった。材親は、父の遺志を継いで、織田信長と敵対した。

材親は、信長の侵攻に備えて、伊賀国の防衛を固めた。また、信長の家臣である筒井順慶と通じて、信長の背後を突く計画を立てた。

しかし、信長の侵攻は、材親の予想よりも早く、天正4年(1576年)に伊賀国に侵攻した。材親は、信長の軍勢に抵抗したが、圧倒的な兵力の差の前に敗北した。

材親は、伊賀国を捨てて、大和国に逃亡した。しかし、信長の軍勢は、材親を追撃し、材親は、天正4年(1576年)11月19日に、大和国で討ち死にした。享年25。

材親の死によって、北畠氏は滅亡した。材親は、若くして戦死したが、その勇猛果敢な姿は、後世の人々に語り継がれている。

-材親の北畠氏再興-

北畠材親は、天正4年(1576年)に戦死したが、その子である北畠守親が北畠氏を再興した。守親は、材親の遺志を継いで、信長と敵対し、天正10年(1582年)の本能寺の変で信長が討たれた後は、豊臣秀吉に臣従した。

秀吉は、守親に伊賀国を与え、北畠氏は伊賀国を統治した。守親は、伊賀国の復興に努め、北畠氏を中興した。

守親の死後、北畠氏は、関ヶ原の戦いで東軍に属したが、戦後に改易された。しかし、北畠氏は、後に徳川家康によって許され、伊賀国に封じられた。

北畠氏は、江戸時代を通じて、伊賀国を統治し、明治維新まで続いた。

戦国時代の伊勢国における北畠材親の活躍

戦国時代の伊勢国における北畠材親の活躍

戦国時代の伊勢国における北畠材親の活躍

北畠材親は、戦国時代に伊勢国を治めた武将です。彼は、北畠氏第11代当主北畠晴具の子として生まれ、幼名は亀王丸でした。1523年に父が没すると、家督を継いで北畠氏第12代当主となりました。

材親は、伊勢国南部を支配する九鬼嘉隆と争い、1527年に九鬼氏を滅ぼしました。また、1533年に織田信秀と和睦し、織田氏と同盟を結びました。その後、材親は伊勢国を統一し、北畠氏の勢力を拡大しました。

1546年、材親は織田信長の家臣である柴田勝家と戦いで敗れ、伊勢国を追放されました。材親は、近江国に逃亡し、そこで1557年に死去しました。

材親は、戦国時代の伊勢国における有力な武将であり、北畠氏の勢力を拡大した人物です。彼は、九鬼氏を滅ぼし、織田氏と同盟を結び、伊勢国を統一しました。しかし、柴田勝家との戦いで敗れ、伊勢国を追放されてしまいました。

室町幕府との関係と伊勢神宮領をめぐる争い

室町幕府との関係と伊勢神宮領をめぐる争い

-室町幕府との関係と伊勢神宮領をめぐる争い-

北畠材親と室町幕府の関係は複雑で、時には友好的であり、時には敵対的であった。初期において、北畠氏は室町幕府と協力して、後醍醐天皇の皇子である北畠顕家の南朝を支援した。しかし、南朝が滅亡した後、北畠氏は室町幕府に臣従し、伊勢国守護に任命された。

しかし、伊勢神宮領をめぐって、北畠氏と室町幕府は争うことになった。伊勢神宮領とは、伊勢神宮の荘園であり、伊勢神宮の運営資金や神職の生活を支えていた。応永年間(1394~1428年)、北畠氏は伊勢神宮領を横領したとして、室町幕府から討伐を受けた。北畠氏は一時的に伊勢国から追放されたが、後に赦免されて伊勢国守護に復帰した。

その後も、北畠氏と室町幕府の間には伊勢神宮領をめぐる争いが続いた。享徳年間(1452~1455年)、北畠氏は室町幕府の軍勢に敗れて伊勢国から追放され、伊勢神宮領も室町幕府の支配下に置かれた。北畠氏はその後も伊勢国奪還を目指して戦ったが、室町幕府を倒すことはできなかった。

戦国時代になると、室町幕府の権威が衰え、北畠氏も衰退していった。北畠氏は伊勢国の守護代である九鬼嘉隆に攻め滅ぼされ、北畠氏の勢力は伊勢国から駆逐された。

タイトルとURLをコピーしました