北畠親房:鎌倉・南北朝時代の公卿

北畠親房:鎌倉・南北朝時代の公卿

北畠親房の生涯

北畠親房の生涯

– 北畠親房の生涯

北畠親房は、鎌倉時代から南北朝時代にかけて活躍した公卿・武将・歌人・神道家です。北畠顕家の父であり、後村上天皇の忠臣として知られています。

親房は、延元2年(1337年)、父・北畠顕信と母・藤原時子の間の第一子として生まれました。幼名は長治丸。鎌倉幕府の執権・北条高時は、顕信が後醍醐天皇に忠誠を尽くしていることを危険視し、顕信を謀殺しようとしました。そのため、親房は、幼少の頃から、高時による追跡を逃れるために、各地を転々とする生活を送りました。

元中2年(1385年)、親房は、高時が倒され、後醍醐天皇が建武の新政を開始すると、京都に戻り、後醍醐天皇に仕えました。親房は、建武の新政の主要メンバーの1人として活躍し、建武式目の制定にも参画しました。

しかし、建武3年(1336年)、足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻し、建武の新政は崩壊しました。親房は、後醍醐天皇とともに、吉野に逃れ、南朝を樹立しました。

親房は、南朝において、後村上天皇の忠臣として活躍しました。延元元年(1336年)、親房は、尊氏の追撃を逃れるために、吉野から河内国(現・大阪府)に逃れ、河内国を拠点に、南朝の勢力を拡大しました。

正平9年(1354年)、親房は、尊氏が死去すると、京都に戻り、後村上天皇を奉じて、南朝の復興を目指しました。しかし、尊氏の弟である足利直義が、尊氏の死後に権力を握ると、親房は再び、京都から逃れ、吉野に戻りました。

正平11年(1356年)、親房は、吉野で死去しました。享年50。

親房は、鎌倉・南北朝時代を代表する公卿・武将・歌人・神道家でした。親房は、南朝の忠臣として活躍し、建武式目の制定にも参画しました。また、親房は、歌人としても知られ、『北畠親房家集』という歌集を残しています。親房は、神道家としても知られ、『神皇正統記』という書物を著しました。『神皇正統記』は、日本の歴史を神道的な観点から論じた書物であり、日本の神道思想の発展に大きな影響を与えました。

北畠親房の政治的功績

北畠親房の政治的功績

-北畠親房鎌倉・南北朝時代の公卿-

-北畠親房の政治的功績-

北畠親房は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した公卿です。後醍醐天皇の側近として活躍し、南北朝時代の動乱期においても朝廷を支え続けました。また、彼は優れた思想家でもあり、その著書『神皇正統記』は、日本の国体の正統性を主張する重要な文献として後世に大きな影響を与えました。

親房の政治的功績は、大きく分けて三つあります。第一に、後醍醐天皇の倒幕計画に参画したこと。第二に、南北朝時代の朝廷を支えたこと。第三に、『神皇正統記』を著したこと。これらの功績により、親房は鎌倉・南北朝時代の代表的な政治家の一人とされています。

親房は、1293年に摂津国に生まれました。父は北畠具行、母は一条実房の娘です。18歳で従五位下右衛門尉に任じられ、その後、次第に官位を高めていきました。1331年、後醍醐天皇が倒幕計画を立てると、親房はこれに参画します。倒幕計画は失敗に終わりますが、親房は後醍醐天皇とともに隠岐島に流されました。親房は、隠岐島で『神皇正統記』を著し、日本の国体の正統性を主張しました。

1333年、後醍醐天皇は隠岐島から脱出し、鎌倉幕府を倒しました。親房も後醍醐天皇とともに帰京し、朝廷に重用されました。親房は、朝廷の再建に尽力し、南北朝時代の動乱期においても朝廷を支え続けました。

しかし、1336年に後醍醐天皇が崩御すると、親房は足利尊氏と対立するようになります。尊氏は、親房を討とうとしますが、親房は尊氏の軍を破り、京都から脱出します。その後、親房は九州に逃れ、そこで1354年に没しました。

親房は、鎌倉・南北朝時代の激動の時代に活躍した政治家であり、思想家でした。彼の政治的功績は、後世に大きな影響を与え、日本の歴史の上で重要な人物となっています。

北畠親房の著作『神皇正統記』

北畠親房の著作『神皇正統記』

-北畠親房の著作『神皇正統記』-

北畠親房は、鎌倉・南北朝時代の公卿であり、北畠顕家の弟として知られています。親房は、建武の新政に参画しましたが、足利尊氏の反乱により、隠岐島に流されました。その後、親房は、吉野に逃れ、後醍醐天皇の皇子である後村上天皇を奉じて、南朝を樹立しました。親房は、南朝の重臣として活躍しましたが、1354年に、足利尊氏に捕らえられ、京都で処刑されました。

親房は、学者としても知られており、多くの著作を残しています。その中でも、最も有名なのが、『神皇正統記』です。『神皇正統記』は、日本の建国から後醍醐天皇の時代までの歴史を記したもので、南北朝時代の日本を知る上で、貴重な史料となっています。

『神皇正統記』は、親房が、隠岐島に流された際に、執筆を開始しました。親房は、建武の新政が失敗し、足利尊氏が権力を握ったことを憂い、日本の正統な皇統は、南朝であることを主張するために、『神皇正統記』を執筆しました。

『神皇正統記』は、20巻から構成されており、日本の建国から、後醍醐天皇の時代までの歴史を記しています。『神皇正統記』は、史料に基づいて執筆されており、当時の日本の政治や社会の様子を知ることができます。

『神皇正統記』は、南北朝時代の日本を知る上で、貴重な史料となっています。また、『神皇正統記』は、日本の伝統や文化を伝える、貴重な文献でもあります。

タイトルとURLをコピーしました