「北畠具親」

「北畠具親」

北畠具親の生涯

北畠具親の生涯

– 北畠具親

-# 北畠具親の生涯

北畠具親(きたばたけともちか)は、南北朝時代の公卿・武将。北畠氏第3代当主。鎌倉幕府、建武政権、南北朝時代の有力者であった北畠顕家の長男。母は藤原公兼の娘・藤原公基。

1321年、顕家の長男として誕生。1330年、父・顕家が延元5年(暦応3年)に中先代の乱で足利氏に敗れて戦死した後、10歳で北畠氏の家督を継いだ。

1335年、後醍醐天皇が崩御すると、足利尊氏と新田義貞の間で後継者争いが勃発した。具親は尊氏に従い、新田義貞と戦った。

1336年、尊氏が後醍醐天皇の皇子・後村上天皇を擁立して建武政権を樹立すると、具親は政権の重臣の一人となった。しかし、翌1337年に尊氏が後村上天皇を廃して光厳天皇を擁立すると、具親は尊氏と決裂し、南朝に帰順した。

1339年、尊氏が京都を占領すると、具親は南朝軍を率いて京都奪還を目指したが、尊氏の軍勢に敗れた。その後、具親は吉野の南朝に身を寄せ、南朝政権の復興に尽力した。

1348年、具親は南朝軍を率いて京都を攻撃し、これを占領した。しかし、翌1349年に尊氏の軍勢に奪還され、具親は吉野に退却した。

1352年、具親は南朝軍を率いて再び京都を攻撃し、これを占領した。しかし、今回も翌1353年に尊氏の軍勢に奪還され、具親は吉野に退却した。

1354年、尊氏が死去すると、その子・足利義詮が室町幕府の将軍となった。義詮は南朝との和睦を模索し、具親もこれに応じた。

1357年、具親と義詮の間で和睦が成立し、南朝と北朝の間に貞治の和約が結ばれた。この和約により、南朝と北朝は互いの存在を認め合い、南北朝の分裂は一応の終結を迎えた。

1365年、具親は南朝軍を率いて九州に遠征し、九州の南朝勢力を統一した。しかし、翌1366年に九州で死去した。享年46歳。

具親は、南朝における有力な武将の一人であり、南朝政権の復興に尽力した。

北畠具親の事績

北畠具親の事績

-北畠具親の事績-

北畠具親は、南北朝時代に活躍した公卿、武人、歌人です。北畠顕家の長男として生まれ、後醍醐天皇の皇子である後村上天皇を奉じて南朝に仕えました。具親は、優れた軍略家として知られ、南朝方の有力な武将として活躍しました。

具親の事績の中で最も有名なのは、正平11年(1356年)に起こった「湊川の戦い」です。この戦いでは、具親は南朝軍を率いて、足利尊氏率いる北朝軍と激突しました。激戦の末、南朝軍は敗北を喫し、具親は戦死しました。

具親の死後、南朝は衰退の一途を辿り、やがて北朝に滅ぼされました。しかし、具親の遺志は後世に受け継がれ、明治維新の際には、南朝を正統とする尊皇攘夷派が大きな勢力となりました。

具親は、優れた武将であるだけでなく、和歌にも秀でていました。具親は、勅撰和歌集である「新後拾遺和歌集」に13首の歌を収められています。具親の歌は、戦乱の世を嘆き、平和を願うものが多く、後世の人々から高く評価されています。

具親は、南北朝時代の動乱期にあって、南朝を支え続けた忠臣であり、和歌にも秀でた文化人でもありました。具親は、後世の人々から敬愛されるにふさわしい人物です。

北畠具親の最期

北畠具親の最期

-北畠具親の最期-

北畠具親は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての公卿。後醍醐天皇の皇子で、征夷大将軍の職にあった。1333年に鎌倉幕府を滅ぼして建武の新政を樹立したが、1336年に足利尊氏に敗れて吉野に逃れた。その後、尊氏と和睦して京都に戻ったが、1348年に再び尊氏に敗れて吉野に逃れた。吉野に逃れた後も、具親は尊氏と戦い続けたが、1350年に尊氏の軍勢に攻められて戦死した。

具親の最期は、悲劇的なものだった。彼は、尊氏に敗れて逃亡する途中、吉野の山中で倒れ、そこで息絶えた。彼の遺体は、吉野の山中に葬られた。具親の死後、彼の息子である北畠顕家は、父の遺志を継いで尊氏と戦った。しかし、顕家もまた尊氏に敗れて戦死した。こうして、北畠家は滅亡した。

具親の死は、建武の新政の崩壊を象徴するものであった。建武の新政は、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して樹立した新しい政権であった。しかし、この政権は、足利尊氏の反乱によって崩壊した。具親の死は、この崩壊を象徴するものであった。

具親の死は、また、南北朝時代の始まりを告げるものでもあった。南北朝時代とは、建武の新政の崩壊後、南朝と北朝が対立した時代である。南朝は、後醍醐天皇の皇子である懐良親王を天皇として立てていた。北朝は、足利尊氏を征夷大将軍として立てていた。両朝は、長い間対立を続けたが、最終的には北朝が勝利した。

具親の死は、悲劇的なものであったが、彼の死は、建武の新政の崩壊と南北朝時代の始まりを象徴するものでもあった。

タイトルとURLをコピーしました