安達親長-鎌倉時代の武将

安達親長-鎌倉時代の武将

建久8年、但馬守護就任。のち、出雲の守護も兼任

建久8年、但馬守護就任。のち、出雲の守護も兼任

建久8年、但馬守護就任。のち、出雲の守護も兼任

安達親長は、鎌倉時代の武将であり、但馬守護と出雲守護を歴任した。建久8年(1199年)に但馬守護に任命され、その後、出雲の守護も兼任した。親長は、源頼朝に仕え、頼朝の死後は北条政子に仕えた。建仁元年(1201年)、源実朝の側近となって、頼家の遺児である公暁の変を鎮圧した。その後、建永元年(1206年)には、出雲守護に任命され、承久の乱では、北条義時とともに、後鳥羽上皇方の軍勢を破った。嘉禄元年(1225年)、親長は、75歳で死去した。

親長は、鎌倉幕府の有力な御家人であり、鎌倉幕府の政治運営に大きな影響を与えた。また、親長は、歌人としても知られており、多くの和歌を残している。親長の長男である安達景盛は、鎌倉幕府の第13代執権を務め、安達氏を鎌倉幕府の中心的な御家人とした。

元久2年、京都守護平賀朝雅を追討

元久2年、京都守護平賀朝雅を追討

– 安達親長-鎌倉時代の武将

安達親長は、鎌倉時代初期の武将です。安達義景の子として生まれ、安達氏は鎌倉幕府の有力御家人でした。親長は、承元4年(1210年)に鎌倉幕府の執権北条泰時に仕え、建保元年(1213年)に京都守護に任じられます。

-# 元久2年、京都守護平賀朝雅を追討

元久2年(1205年)、京都守護平賀朝雅が反旗を翻します。朝雅は、北条泰時の弟である北条時房と結託して、鎌倉幕府に反抗しました。親長は、朝雅を追討するために京都に派遣されます。親長は、朝雅の軍勢を破り、朝雅を捕らえました。朝雅は、鎌倉に送られ、処刑されました。

親長の活躍により、鎌倉幕府は京都の支配権を確立しました。親長は、鎌倉幕府の中枢部で活躍するようになり、建保6年(1218年)には執権北条泰時の後任として執権に就任しました。親長は、執権として鎌倉幕府の政治を主導しましたが、建保7年(1219年)に北条時房によって暗殺されました。

親長の死後、鎌倉幕府の政治は混乱し、承久の乱が起こりました。承久の乱は、北条時房と後鳥羽上皇との間で起こった戦いです。親長の死は、鎌倉幕府の権威を弱め、承久の乱の遠因となりました。

承久の乱で後鳥羽上皇側に加わり、守護解任

承久の乱で後鳥羽上皇側に加わり、守護解任

承久の乱で後鳥羽上皇側に加わり、守護解任

承久の乱とは、1221年に後鳥羽上皇が鎌倉幕府に反旗を翻した事件である。安達親長は、この乱で後鳥羽上皇側に加わり、鎌倉幕府の軍勢と戦った。しかし、幕府軍の勢いは強く、後鳥羽上皇側は敗北。安達親長は、鎌倉幕府によって守護職を解任された。

安達親長は、1191年に生まれた。父は安達盛長、母は藤原公経の娘である。安達氏は、藤原秀郷の流れを汲む名門であり、親長もまた、幼い頃から武芸に励み、優れた武将として知られた。

1213年、安達親長は、鎌倉幕府の御家人となった。そして、承久の乱が勃発すると、後鳥羽上皇側に加わり、幕府軍と戦った。しかし、幕府軍の勢いは強く、後鳥羽上皇側は敗北。安達親長は、鎌倉幕府によって守護職を解任された。

守護解任後、安達親長は、鎌倉に幽閉された。そして、1224年に、鎌倉で死去した。享年34。

安達親長は、鎌倉時代の武将として、その名を残した。しかし、承久の乱で後鳥羽上皇側に加わったため、守護職を解任され、幽閉生活を送ることとなった。安達親長の悲劇は、鎌倉幕府と朝廷の対立が深まっていたことを象徴している。

タイトルとURLをコピーしました