北畠具行(1290-1332)

北畠具行(1290-1332)

北畠具行の生涯

北畠具行の生涯

– 北畠具行の生涯 –

北畠具行(1290-1332)は鎌倉時代後期から建武の新政期の武将、公卿。父は北畠師親、母は久我通基の娘。北畠氏(村上源氏)五代当主。正三位権中納言。諱は具行。幼名は八郎。字は子永。通称は左衛門。

具行は鎌倉時代に奥州探題として東北地方を治めていた北畠顕家の次男として生まれました。

1324年、父が亡くなると家督を継ぎ、奥州探題に就任しました。

1331年、後醍醐天皇が鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始すると、具行は天皇の側近として活躍しました。

しかし、翌1332年、足利尊氏が京都で反乱を起こし、建武の新政は崩壊しました。

具行は尊氏に敗れて鎌倉に逃亡しましたが、尊氏の追撃を受けて自害しました。

具行は、建武の新政の失敗に責任を負って自害した悲劇の武将として知られています。

具行の死後、北畠氏は足利尊氏の配下となり、奥州探題に復帰しました。

しかし、1336年に北畠顕家が尊氏に反乱を起こして敗死すると、北畠氏は没落しました。

具行の死は、北畠氏にとって大きな損失となり、北畠氏の衰退を招くことになりました。

北畠具行の功績

北畠具行の功績

-# 北畠具行の功績

北畠具行は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。北畠親房の嫡男で、後醍醐天皇の北朝に対する最大の敵対者であった。具行は、父である親房と共に、後醍醐天皇の正統性を主張し、南朝に仕えた。

具行の最も有名な功績は、1333年の鎌倉攻めである。具行は、南朝の総大将として、鎌倉幕府を滅ぼし、鎌倉を占領した。この勝利により、南朝は一時的に優勢となり、後醍醐天皇は京都に帰還することができた。

しかし、その後、北朝勢力の巻き返しにあい、具行は鎌倉を追われることとなった。その後、具行は各地を転戦し、南朝のために戦ったが、1332年に戦死した。

具行は、若くして戦死したが、南朝のために数々の功績をあげた武将である。その功績は、現在でも高く評価されている。

以下に、具行の主な功績をまとめる。

* 1333年の鎌倉攻めで、鎌倉幕府を滅ぼした。
* 1336年の湊川の戦いで、足利尊氏を破った。
* 1337年の多々良浜の戦いで、足利直義を破った。
* 1338年の石津の戦いで、足利尊氏を破った。

具行は、これらの功績により、南朝の最大の功臣の一人とされている。

北畠具行の人となり

北畠具行の人となり

北畠具行の人となり

北畠具行は、南朝方の武将で、鎌倉幕府を倒した建武の新政において、足利尊氏の幕府と対立した人物です。具行は、1290年に北畠俊経の子として生まれ、幼名は千丸と名付けられました。1321年に父の俊経が隠居すると、家督を継いで北畠家の当主となりました。

具行は、文武両道に優れた人物で、和歌や連歌にも通じていました。また、弓術や乗馬にも優れ、武芸の達人としても知られていました。具行は、性格も非常に温厚で、家臣や領民からも慕われていました。

1331年、足利尊氏が鎌倉幕府を倒して建武の新政を開始しました。具行は、新政に参加しましたが、尊氏が専横を強めることに反対し、尊氏と対立するようになりました。1332年、尊氏は京都を攻め落とし、具行は南朝方に寝返りました。

具行は、南朝方の総大将として、尊氏の軍勢と戦いましたが、1332年に戦死しました。具行の死後、南朝は衰退し、最終的には滅亡してしまいました。

具行は、南朝方の武将として、尊氏の軍勢と戦い、戦死した悲劇の英雄です。具行は、文武両道に優れた人物で、性格も非常に温厚でした。家臣や領民からも慕われており、南朝方の武将として、尊氏の軍勢と戦い、戦死した悲劇の英雄です。

タイトルとURLをコピーしました