「大須賀さと子」-明治-大正時代の社会運動家・エスペランチスト

「大須賀さと子」-明治-大正時代の社会運動家・エスペランチスト

金曜会講演会への参加

金曜会講演会への参加

「金曜会講演会への参加」

大須賀さと子は、1888年(明治21年)に東京で生まれました。東京女子師範学校を卒業後、1911年(明治44年)に女子英学塾(現津田塾大学)の英語教師となりました。1913年(大正2年)には、女子英学塾の校長に就任しました。

大須賀さと子は、女子教育の向上に取り組み、多くの女性を育て上げました。また、社会運動にも積極的に参加し、1919年(大正8年)には、全国水平社を支持する講演会を開催しました。

1920年(大正9年)、大須賀さと子は、金曜会講演会に参加しました。金曜会講演会は、1918年(大正7年)に発足した、知識人や文化人が集う講演会でした。大須賀さと子は、金曜会講演会で、「女性と社会」というテーマで講演しました。この講演で、大須賀さと子は、女性が社会で活躍するために必要なことを訴えました。

大須賀さと子は、金曜会講演会への参加を通じて、知識人や文化人と交流を深めました。また、金曜会講演会での講演は、大須賀さと子の社会運動の活動に大きな影響を与えました。

1921年(大正10年)、大須賀さと子は、婦選獲得同盟を結成しました。婦選獲得同盟は、女性の参政権獲得を目指した団体でした。大須賀さと子は、婦選獲得同盟の会長に就任し、女性の参政権獲得のために尽力しました。

1946年(昭和21年)、大須賀さと子は、参議院議員に当選しました。大須賀さと子は、参議院議員として、女性の権利向上や社会福祉の充実のために活動しました。1957年(昭和32年)、大須賀さと子は、脳出血のため死去しました。

大須賀さと子は、明治から昭和にかけて活躍した社会運動家・エスペランチストでした。大須賀さと子は、女子教育の向上や女性の権利向上に尽力し、多くの女性を育て上げました。また、金曜会講演会への参加を通じて、知識人や文化人と交流を深め、社会運動の活動に大きな影響を受けました。

山川均との結婚と赤旗事件

山川均との結婚と赤旗事件

– 山川均との結婚と赤旗事件

大須賀さと子は、1903年に山川均と結婚しました。山川均とは、早稲田大学在学中に知り合った社会主義者です。二人は、1904年に赤旗事件で逮捕され、さと子は1年の懲役刑を宣告されました。

赤旗事件とは、1903年に社会主義者たちが「赤旗」という新聞を発行して、社会主義思想を宣伝した事件です。この事件は、政府によって弾圧され、多くの社会主義者が逮捕されました。さと子もその一人でした。

さと子は、赤旗事件で逮捕された後、1年の懲役刑を宣告されました。しかし、妊娠していたため、刑期が短縮され、1905年に釈放されました。さと子は、釈放後、山川均と二人の子供を育てながら、社会運動を続けました。

1917年にロシア革命が起きると、さと子は、革命を支持して、積極的に活動しました。また、1922年に日本共産党が結成されると、さと子もそのメンバーとなりました。さと子は、日本共産党の活動家として、労働運動や農民運動に参加しました。

さと子は、1932年に亡くなりました。享年51歳でした。さと子は、明治-大正時代の社会運動家・エスペランチストとして、日本の社会主義運動に大きな貢献をしました。

エスペランチストとして活躍

エスペランチストとして活躍

-エスペランチストとして活躍-

大須賀さと子は、エスペランチストとしても活躍しました。エスペラントとは、世界共通の補助言語として考案された人工言語です。大須賀さと子は、1907年(明治40年)にエスペラントを学び始め、翌1908年(明治41年)には、日本のエスペラント協会の前身である東京エスペラント会に入会しました。

大須賀さと子は、エスペラントの普及に努め、エスペラント雑誌への寄稿や講演活動を行いました。また、1912年(大正元年)には、エスペラント世界大会に日本代表として参加しました。大須賀さと子は、エスペラントを通じて、世界の人々と交流し、平和と国際協力を訴え続けました。

大須賀さと子は、エスペランチストとして、世界平和の実現に貢献しただけでなく、日本の女性の地位向上にも尽力しました。彼女は、エスペラントを通じて、世界の人々と交流し、日本の女性の現状を伝えました。また、日本の女性が国際社会で活躍できるように、女性教育の充実を訴え続けました。

大須賀さと子は、明治-大正時代の社会運動家・エスペランチストとして、日本の女性の地位向上と世界平和の実現に貢献した偉大な女性です。

タイトルとURLをコピーしました