拙巌(1791-1860)

拙巌(1791-1860)

拙巖の生涯

拙巖の生涯

-拙巖の生涯-

拙巖(せつがん)は、1791年3月21日に、肥後国(現在の熊本県)の八代郡一町田宿(現在の八代市)に、八代郡代官・宮川辰雄の長男として生まれた。幼名は辰之助。

拙巖は、幼い頃から漢籍と兵学を学び、17歳で江戸に出て、儒者・書家・画家として活躍した。また、砲術や剣術にも優れ、1818年には、江戸幕府の砲術指南役を務めた。

1825年、拙巖は肥後国に戻り、八代郡代官に任命された。八代郡代官として、拙巖は領内の治水事業や新田開発に尽力し、また、藩校・時習館の創設にも貢献した。

1843年、拙巖は肥後藩の参政に任命され、藩政改革に着手した。拙巖は、藩の財政を立て直し、また、藩士の教育制度を改革した。

1853年、ペリーが浦賀に来航すると、拙巖は、熊本藩の代表として江戸に派遣された。江戸では、老中・阿部正弘と会談し、ペリー来航の対処について協議した。

1854年、拙巖は、熊本藩主・細川斉護に従って、江戸城に参勤した。参勤の途中、拙巖は、江戸で幕府の老中・間部詮勝と会談し、熊本藩の今後の対応について協議した。

1858年、拙巖は、熊本藩の参政を辞任し、隠居した。隠居後は、八代郡一町田宿に住み、文筆活動や詩作に没頭した。

1860年9月8日、拙巖は、八代郡一町田宿にて、69歳で死去した。

拙巖の功績

拙巖の功績

拙巖の功績

拙巖は、江戸時代後期に活躍した僧侶、儒学者、漢詩人です。名は惟嶽、号は拙巖。肥前国(現・佐賀県)の出身で、1791年に生まれました。1860年に亡くなりました。

拙巖は、16歳の時に出家し、曹洞宗の僧侶となります。その後、京都に遊学し、儒学や漢詩を学びました。1817年に帰郷し、佐賀藩の藩校である弘道館で教鞭をとります。1831年には、藩主の鍋島直正の侍講を務めました。

拙巖は、藩校での教育を通じて、多くの門下生を育て上げました。その中には、幕末、明治に活躍した政治家や文化人が多く含まれており、日本の近代化に貢献しました。

拙巖は、儒学や漢詩の学者としても活躍しました。特に、儒学の経典である「四書五経」の注釈書を多く著しました。また、漢詩の詩集も出版しています。

拙巖は、僧侶、儒学者、漢詩人として、江戸時代後期に大きな影響を与えた人物です。その功績は、日本の近代化に貢献した門下生を育て上げたことや、儒学や漢詩の研究に貢献したことなどにあります。

拙巖の著作

拙巖の著作

拙巖の著作
拙巖は、儒学者であり、また勤王思想家でもあります。彼の著作は、儒学に関するものから、勤王思想に関するものまで、幅広くあります。

儒学に関する著作としては、「大学衍義補註」があります。これは、儒教の経典である「大学」を注釈したもので、儒学の入門書として広く読まれました。

また、勤王思想に関する著作としては、「尊攘通議」があります。これは、勤王思想を説いたもので、攘夷運動を推進する思想的支柱となりました。

さらに、拙巖は、詩や書もよくしました。彼の詩は、清新で気骨に富んでおり、また、書は、力強く流麗で、多くの書家から賞賛されました。

拙巖の著作は、儒学や勤王思想の研究者にとって、貴重な資料となっています。また、彼の詩や書は、芸術家や美術愛好家からも愛されています。

タイトルとURLをコピーしました