北畠雅行

北畠雅行

鎌倉時代の公卿の生い立ち

鎌倉時代の公卿の生い立ち

鎌倉時代の公卿の生い立ち

北畠雅行(きたばたけ まさゆき。1242年-1321年8月5日)は、鎌倉時代の公卿、歌人。藤原北家閑院流、公卿・北畠親房の子。官位は正三位・左近衛権中将。

鎌倉時代の公卿は、公家政権の頂点に立つ天皇を補佐する政務官僚であった。彼らは、主に藤原氏や源氏などの有力な氏族出身者が任命され、天皇の命令を奉じて政務を執行した。鎌倉時代の公卿の生い立ちは、大きく分けて3つのパターンがあった。

1つは、公家の家に生まれた公卿である。彼らは、幼い頃から公家としての教育を受け、朝廷に出仕して出世していった。例えば、北畠雅行は、公卿・北畠親房の子として生まれ、幼い頃から公家としての教育を受け、朝廷に出仕して出世していった。

2つ目は、将軍や守護などの武家の家に生まれた公卿である。彼らは、武家としての教育を受け、朝廷に出仕して公卿となった。例えば、足利義満は、将軍・足利尊氏の孫として生まれ、武家としての教育を受けた後、朝廷に出仕して公卿となった。

3つ目は、僧侶や神官などの宗教者の家に生まれた公卿である。彼らは、僧侶や神官としての教育を受け、朝廷に出仕して公卿となった。例えば、西園寺公朝は、僧侶・西園寺公衡の子として生まれ、僧侶としての教育を受けた後、朝廷に出仕して公卿となった。

鎌倉時代の公卿の生い立ちは、多様であった。しかし、公卿の多くは、公家、武家、宗教者のいずれかの家に生まれ、幼い頃から公家としての教育を受けていた。

蔵人頭としての活躍

蔵人頭としての活躍

– 北畠雅行

北畠雅行は、南北朝時代から室町時代初期の武将・公卿です。参議・北畠顕家の子として生まれ、従三位・権中納言まで昇りました。雅行は、南朝方として活躍し、蔵人頭として朝廷の運営に尽力しました。

-# 蔵人頭としての活躍

雅行が蔵人頭として活躍したのは、1354年から1362年にかけてのことです。南朝の後村上天皇が京都から吉野に遷都すると、雅行も吉野に随行しました。雅行は、蔵人頭として天皇の側近として仕え、朝廷の運営に尽力しました。

雅行は、政務に長けており、天皇の信任も厚かったようです。雅行は、天皇の命を受けて、諸国への使者として派遣されたり、朝廷の儀式を取り仕切ったりしました。また、雅行は、天皇の側近として、天皇の相談役を務めたり、天皇の教育係を務めたりしました。

雅行の蔵人頭としての活躍は、南朝が吉野に遷都した後の朝廷の安定に大きく貢献しました。雅行は、天皇の側近として天皇を支え、朝廷の運営を円滑に進めました。雅行の蔵人頭としての活躍は、南朝の歴史において重要な役割を果たしています。

雅行は、1362年に亡くなりました。雅行の死は、南朝にとって大きな損失となりました。雅行の死後、南朝は衰退の一途をたどり、1392年に滅亡しました。

従二位までの昇進

従二位までの昇進

北畠雅行 従二位までの昇進

北畠雅行は、南北朝時代の公卿、歌人。従一位内大臣まで昇進した。

雅行は、1311年に権大納言北畠公信(北畠師重の弟)の四男として生まれる。1331年に参議に任じられ、蔵人頭、右近衛権少将、左近衛権少将を歴任。1336年に権中納言に昇進する。

1339年に後村上天皇が吉野に遷幸すると、雅行は天皇に従って吉野に下向。1348年に内大臣に任じられ、左右近衛大将、右馬寮御監を歴任。1358年に従二位に昇進する。

雅行は、1367年に68歳で薨去。和歌に秀で、勅撰和歌集には8首が入集している。また、歌論書『雅言二首十章』を著した。

北畠雅行の昇進は、南北朝時代の北畠氏の発展を象徴している。北畠氏は、南朝の有力な武将として活躍し、雅行もまた、南朝の重臣として活躍した。雅行の昇進は、北畠氏の実力を示すものであり、南朝の安定に貢献した。

タイトルとURLをコピーしました