盈仁入道親王 – 江戸時代中期から後期に生きた公卿

盈仁入道親王 – 江戸時代中期から後期に生きた公卿

盈仁入道親王の生涯

盈仁入道親王の生涯

盈仁入道親王の生涯

盈仁入道親王(1750年 – 1823年)は、江戸時代中期から後期にかけて生きた公卿。有栖川宮織仁親王の第四王子。母は参議清閑寺秀標の女。官位は正二位内大臣。号は年老院。清閑寺家第14代当主。

盈仁入道親王は、1750年に江戸城西の丸で誕生しました。幼名は千代丸。1762年に元服し、名を盈仁と改めました。1763年に有栖川宮から清閑寺家に養子に入り、同年正四位下に叙せられました。

1764年に従三位に昇叙され、1767年に侍従に任じられました。1769年に権中納言に任じられ、1771年に正三位に昇叙されました。1772年に権大納言に任じられ、1775年に正二位に昇叙されました。1777年に内大臣に任じられました。

盈仁入道親王は、1823年に江戸城西の丸で薨去しました。享年74。法名は年老院。墓所は東京都港区の青山霊園にあります。

盈仁入道親王は、書画や和歌に優れた才能を発揮し、多くの作品を残しました。また、音楽にも造詣が深く、笙や箏を演奏しました。公卿として、朝政に参画して活躍しました。

盈仁入道親王の皇位継承

盈仁入道親王の皇位継承

盈仁入道親王の皇位継承

盈仁入道親王は、江戸時代中期から後期に生きた公卿である。後桃園天皇の第7皇子であり、桃園天皇の退位に伴い、一時的に皇位を継承した。しかし、わずか7ヶ月で皇位を光格天皇に譲位し、入道して聖護院第25代門跡となった。

盈仁入道親王は、1747年に京都御所において誕生した。幼名は盈親王(みつひとしんのう)であり、1762年に元服して東宮となり、翌年に皇太弟となった。

1770年に後桃園天皇が退位すると、盈仁親王が践祚し、桃園天皇の第1皇子が12歳で光格天皇として践祚した。しかし、盈仁親王は皇位を継承してわずか7ヶ月で光格天皇に譲位した。その理由は、盈仁親王が病弱であったためであると言われている。

盈仁親王は、光格天皇に皇位を譲位した後、聖護院第25代門跡となり、入道して盈仁入道親王となった。盈仁入道親王は、1797年に49歳で薨去した。

盈仁入道親王の皇位継承は、江戸時代中期に起きた政治的な事件のひとつである。盈仁入道親王の病弱を理由に、側近らが皇位を光格天皇に譲位するよう勧めたと言われている。この事件は、皇室の権威を低下させ、幕府の権威を高める結果となった。

盈仁入道親王の業績

盈仁入道親王の業績

盈仁入道親王の業績

盈仁入道親王は、江戸時代中期から後期に生きた公卿です。1701年に生まれ、1776年に亡くなりました。父は霊元天皇、母は新待賢門院久子です。霊元天皇の第九皇子であり、兄に東山天皇、伏見宮邦永親王、有栖川宮職仁親王、閑院宮直仁親王、賀茂斎院清子女王、姉に新上東門院熙子女王、理敬院道仁女王、妹に昭恭門院熙子などがいます。

盈仁入道親王は、1721年に権大納言に任じられ、1725年には内大臣に昇進しました。1747年には右大臣に任じられ、1750年には左大臣に転任しました。1756年には、内大臣に再任され、1763年には准大臣に任じられました。

盈仁入道親王は、在職中に多くの功績を残しました。その一つは、幕府との関係の改善です。盈仁入道親王は、幕府に対して協調的な姿勢を示し、幕府の政策を支持しました。また、幕府の要人と親交を深め、幕府からの信頼を得ました。

盈仁入道親王は、また、学問の振興にも貢献しました。盈仁入道親王は、自ら学問を好み、多くの書物を収集しました。また、学問の振興のために、私塾を開設し、多くの弟子を育てました。盈仁入道親王の私塾は、当時の公卿や武家の子弟の間で評判となり、多くの弟子が輩出されました。

盈仁入道親王は、在職中に多くの功績を残し、朝廷と幕府の安定に貢献しました。盈仁入道親王は、江戸時代中期から後期を代表する公卿の一人です。

タイトルとURLをコピーしました