安達盛長 「鎌倉時代の武将」

安達盛長 「鎌倉時代の武将」

乳母比企尼の娘婿

乳母比企尼の娘婿

乳母比企尼の娘婿

安達盛長は、鎌倉時代の武将です。北条義時の子、北条政子の乳母である比企尼の娘婿であり、北条泰時の偏諱を受けて盛長と名乗りました。

盛長は、承久の乱で功績を上げ、北条氏の一門として重きをなしました。また、安達氏の名を世に知らしめた人物としても知られています。

盛長は、比企尼の娘婿であることから、北条氏と比企氏との関係を強化する役割を果たしました。また、承久の乱で功績を上げたことで、北条氏の信頼を得て、幕府内で重要な地位を占めるようになりました。

盛長は、安達氏の名を世に知らしめた人物としても知られています。盛長は、安芸国守護や伊賀国守護を務め、安達氏を鎌倉幕府内で有力な御家人とすることに成功しました。また、盛長は、北条泰時の信任を受けた人物であり、北条氏の執権政治を支える役割を果たしました。

盛長は、1247年に死去しました。盛長の死後、安達氏は一時衰退しましたが、盛長の孫である安達泰盛によって再興されました。安達泰盛は、北条時頼の信任を受けた人物であり、北条氏の執権政治を支える役割を果たしました。

盛長は、北条氏と比企氏との関係を強化し、安達氏の名を世に知らしめた人物として知られています。盛長の功績は、鎌倉幕府の安定に大きく貢献しました。

源頼朝への奉仕

源頼朝への奉仕

-源頼朝への奉仕-

安達盛長は、源頼朝の挙兵に際していち早く馳せ参じ、頼朝の鎌倉入りに従った。頼朝が鎌倉幕府を開いた後も、盛長は頼朝の側近として仕え、頼朝の信任を厚くした。

頼朝は、盛長に奥州の藤原泰衡を討伐するよう命じた。盛長は、1189年に奥州に侵攻し、泰衡を滅ぼした。この功績により、盛長は奥州総奉行に任じられ、奥州の支配を任された。

盛長は、奥州総奉行として、奥州の治安維持に努めた。また、奥州の開発にも力を入れ、奥州の経済発展に貢献した。盛長は、頼朝の信頼を裏切ることなく、忠実に仕え続けた。

1199年、頼朝が亡くなると、盛長は頼朝の遺児である頼家と実朝を補佐した。盛長は、頼家と実朝の鎌倉幕府の安定に尽力した。

1213年、盛長は73歳で亡くなった。盛長は、鎌倉幕府の草創期を支えた功臣として、後世に語り継がれている。

重臣のひとりとなる

重臣のひとりとなる

重臣のひとりとなる

 安達盛長は、文治2年(1186年)に安達景盛の子として誕生しました。安達氏は、源頼朝の鎌倉幕府の重臣として仕えた一族で、盛長も若くして幕府に出仕しました。

 当初、盛長は御家人として活躍し、建保6年(1218年)の和田合戦では、和田義盛を討ち取る功績を上げました。この功績によって、盛長は幕府の重臣のひとりとなり、侍所所司や評定衆を務めました。

 盛長は、幕府の政務にも積極的に参加し、北条氏との権力争いに巻き込まれるようになりました。北条氏との争いは激化し、ついに元仁元年(1224年)に、盛長は北条義時に討たれてしまいました。

 盛長は、武勇に優れた武将であり、幕府の重臣として活躍しましたが、北条氏との権力争いに巻き込まれて、非業の死を遂げました。しかし、盛長は、鎌倉幕府の草創期を支えた重要な人物であり、その功績は高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました