大角岑生ー明治海軍の重鎮

大角岑生ー明治海軍の重鎮

戦場の参謀から海軍大臣へ

戦場の参謀から海軍大臣へ

-戦場の参謀から海軍大臣へ-

大角岑生は、明治時代前期に活躍した海軍軍人である。薩摩藩出身で、海軍兵学校を卒業後、西南戦争に参加。その後、海軍省に入り、日清戦争では参謀として活躍した。日露戦争では、第二艦隊の参謀長として連合艦隊の作戦を立案し、旅順攻撃や日本海海戦に勝利に貢献した。戦後は、海軍大臣に任命され、海軍の近代化を進めた。

大角は、参謀として優れた才能を発揮した。日清戦争では、連合艦隊の作戦を立案し、黄海海戦と威海衛攻撃に勝利した。日露戦争では、第二艦隊の参謀長として、旅順攻撃や日本海海戦に勝利に貢献した。大角の参謀としての才能は、連合艦隊司令長官の東郷平八郎にも認められ、東郷は「大角は参謀の鑑である」と評している。

大角は、海軍大臣として、海軍の近代化を進めた。海軍の予算を増額し、軍艦の建造を推進した。また、海軍兵学校の教育制度を改革し、海軍士官の質の向上を図った。大角の海軍大臣としての功績は大きく、海軍の近代化に貢献した。

大角は、明治時代前期に活躍した海軍軍人であり、戦場の参謀として、海軍大臣として、海軍の近代化に貢献した。大角の功績は、今日でも高く評価されている。

東郷元帥の副官として

東郷元帥の副官として

-東郷元帥の副官として-

大角岑生は、明治海軍の重鎮として知られる人物です。東郷平八郎元帥の副官として活躍し、日清戦争、日露戦争で大きな功績を上げました。

大角は1853年、鹿児島県に生まれました。1870年に海軍兵学校に入学し、1874年に卒業しました。卒業後は、海軍で様々な職務を歴任し、1894年に日清戦争が勃発すると、連合艦隊旗艦「松島」の副長として出征しました。

日清戦争では、大角は東郷元帥の指揮の下、黄海海戦、威海衛攻略戦などに参加し、大きな功績を上げました。また、1904年に日露戦争が勃発すると、大角は連合艦隊参謀として出征し、旅順攻略戦、日本海海戦などに参加し、大きな功績を上げました。

日露戦争後、大角は海軍省軍務局長、海軍大学校校長などを歴任し、1915年には海軍大将に昇進しました。1920年には、海軍軍令部長に就任し、海軍の最高責任者となりました。

大角は、1923年に死去しました。享年70。大角は、海軍の重鎮として活躍し、日清戦争、日露戦争で大きな功績を上げました。大角の功績は、現在でも高く評価されています。

日中戦争の影

日中戦争の影

-大角岑生ー明治海軍の重鎮-

-日中戦争の影-

日中戦争における大角岑生の役割は、中国沿岸の封鎖と日本艦隊の支援であった。彼はまた、中国軍の攻撃に対する日本軍の防衛にも重要な役割を果たした。

大角は1880年に海軍に入隊し、すぐに頭角を現した。日清戦争では、連合艦隊の参謀として活躍し、黄海海戦では日本艦隊の勝利に貢献した。日露戦争では、旅順口攻撃に参加し、その功績で中将に昇進した。

日中戦争が勃発すると、大角は第一艦隊司令長官に任命され、中国沿岸の封鎖を担当した。また、中国軍の攻撃に対する日本軍の防衛にも重要な役割を果たし、青島の攻略にも参加した。

大角は1933年に海軍を退役し、1938年に死去した。彼は明治海軍の重鎮として知られ、その功績は高く評価されている。

しかし、大角は日中戦争における役割についても批判されている。中国沿岸の封鎖は、中国経済に大きな打撃を与え、多くの民間人が犠牲になった。また、青島の攻略は、日本軍の残虐行為が横行したことで知られている。

大角は、日中戦争における日本軍の行為に責任を負うべき人物であると主張する人もいる。しかし、大角はあくまでも軍人であり、政治的判断を下す立場にはなかったと主張する人もいる。

大角岑生の役割は、歴史家によって今もなお議論されている。

タイトルとURLをコピーしました